性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています









カテゴリ

絞り込み条件入力

視点:   性行為者:   関係:
男 年代:   既婚・性経験:   職業・学校:
女 年代:   既婚・性経験:   職業・学校:
場所:   季節:


絞り込み結果

女(人妻)
ページ:1 2 3 4 513103241
身近な人妻(近親相姦、叔母におっぱい触らせてもらい初体験)
TD009442
もう13年も前の話なので会話などは、覚えていないので会話やシチュエーションはフィクションが多いですm(__)m当時、高校2年生だった俺は野球部で毎日が練習。女と付き合うなんて出来ない生活。(坊主だし通学も帰宅時もほとんどむさ苦しい部員と一緒)でも好きな子はいた。科は一緒だがクラスが隣の子。まぁ話す事などほとんどなく、遠くから見てる感じ・・・夏休み前、クラスの奴らは彼女と夏休みデートの予定とかバイトの話とかして盛り上がってたが、俺は部活。その子を遊びに誘いたかったが、そんなところを野球部の奴らに見

整体に来ていた主婦・A子さん
TD010770
今は違う仕事やってるんだけど、昔整体をやってた事がある。リラクゼーション何ちゃらとかはまだあんまり無かった頃。整体師ってのは結構ニッチな部分に嵌まった職業でやるのに特に資格が要らないのね。何故かというと資格が必要な按摩さんとかっていうのは結構門戸が狭いんだよね。資格を取れる学校が少ない訳。何故かって言うと基本按摩さんっていうのは眼が悪い人がなる職業だったからあんまり門戸を開いて誰でも出来るって事にしちゃうと目の悪い人の就職機会を奪っちゃう事になっちゃうから。整体師ってのはその隙間をついた職業でこ

それは何というエロゲームですか?
TD010816
嫁の実家、結婚前からやたらオープンというかフレンドリーだった。付き合って初めて家に遊びに行ったら、初対面の嫁母が親しさ全開の笑顔で「嫁ちゃんのカレシさん?待ってたのよ~。うちでご飯食べてらっしゃい♪」。嫁も「食べてってよ!」と言うし、断るのもアレなんで夕飯をご馳走になった。飯の途中、高校の部活(テニス部)から帰ってきたとおぼしき制服姿の嫁妹が、俺を見るなり「うわ、これが嫁姉ちゃんのカレシ?カッケーww」とはしゃぐ。いや、イケメン自慢とかそういうんじゃなくて、なんでこんなになれなれしいんだ?普通は

地元の旅館でやった職場の送別会で(人妻の先輩社員に生挿入)
TD012157
入社5年目の時ちょうど定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった。部署単位での送別会だったんで参加者は少なくメンバーは退職する部長(男)そして課長(男)と係長(男)と僕女子はA子主任(32)、B子(31)の計5人。A子主任の方は、仕事は真面目でよく働くんで尊敬してる。ちょっとぽっちゃりだけど、可愛らしく松たか子似なんで今後松さん(仮)と呼びます。B子の方は、松さんとは性格が真逆でおっちょこちょい。見た目も可愛い系の松さんとは真逆で細身のきれい系です。矢田さん(仮)にしときます。ちなみにどちらも既

同僚の嫁さんを・・・
TD014294
私(田中)の同僚の川上と、その後輩の美紀さんが去年結婚しました。今年私は29歳、川上は32歳、美紀さんは30歳です。何より残念なことは美紀さんと川上が結婚したことです。美紀さんはとても大人っぽくて綺麗で、密かに狙っていたのです。しかし、結婚相手はそれぞれが決めることであって、私一人が思っていても相手にその気がなければ成立しません。そんなことは十分承知しているので、同僚として二人の結婚を祝福しました。二人が結婚して美紀さんは退職しましたが、結婚して半年くらい経過したときから家に招待されたり、3人で

人妻小説が変わってきた
TD016722
エロ雑誌に始まりエロ小説まで、官能文学の編集を長年務めてきたIさんと先日、お話する機会があった。もう70歳を過ぎているが、今もフリーランスで現役だ。仕事も女も。そのIさんが言うに、人妻もの作品に対する若い読者の反応が、このところ変わってきたんだそうな。ちなみに彼の言う「若者」は、おおむね30歳以下を指すらしい。昔から「一盗、二婢、三娼」と言うように、他人様の奥方に手をつけるのは男にとって無上の悦び。だからこそ、人妻ものは官能文学の主流に近い位置を占めてきた。ところが、バブルが崩壊した十数年前くら

乗用車のセールスレディー新妻詩織に強制中出し【レイプ体験談】
TD000815
6月9日(土)に、現愛車の契約に家にやって来たセールスレディーの新妻詩織に強制中出しを決めてから5ヶ月がたった。俺は人妻を犯る時は必ず危険日で、そいつを妊娠させる事を常としてきた。が、諸々の事情で詩織はそうではなかったのだ。そのときの事をこれから書こう。レイパーの俺にとって、自分の下で快楽に溺れて啼く女は嫌いではないが物足りない。やはり抵抗し、拒絶の言葉を吐き、挙句の果てに意志とは裏腹に無理矢理絶頂を迎えさせられ、羞恥と被虐と絶望に涙を流す様子を鑑賞しながらでないと今一盛り上がらない。まっ、レイ

マンションオーナーの奥さんと (浮気・不倫の体験談)
TD000840
数年前の話。その当時、花屋に勤めていた彼女とつきあいだして2年ほどが経っていた。俺も彼女も26歳。週末になると、しばらく前に彼女が引っ越した東京の下町にあるマンションに泊まりに行くというのがお決まりのパターンだった。マンションと言っても、1階にマンションのオーナー家族、2〜3階に賃貸の6世帯が暮らす小ぶりなもので、彼女はその2階に住んでいた。人当たりも良く、人付き合いの上手な彼女は、30代後半と思われるオーナーの奥さんと既に親しくなっていて、頂き物やおかずを分け合ったりしていた。あらためて紹介さ

妻が犯されるのを見てしまった (寝取られ体験談)
TD001646
妻が犯されるのを見てしまいました。ここに妻のことを書き込むことになるとは思ってもいなかった。しかし興奮して見てしまった自分が居て、かといってまさか知り合いにはき出せる話の訳もなく、ここに書いておくことにしました。思い出しながらなので、思わず多少の誇張はあるかもしれませんが。結婚数年目になる私の妻、里沙(仮名)27歳は、美人と言われもしますが、どちらかというと可愛い系の顔立ちだと思います。私の同僚などに妻を紹介する機会があると、胸が大きめなこともあり、女房はエロい体だな、などとからかわれることもあ

上司の妻はエロ不倫妻(上司の淫乱な奥さんを犯した)
TD002328
もう誰も見てないと思うけど書いてみます。俺35、上司40代前半、奥さん上司より少し年下です。1年くらい前から、上司の夫婦関係がうまくいってなくて(それは上司の浮気発覚が原因)子供が寝たりしたあとや、休日に間が持たないから遊びに来てくれと言われ、ちょくちょく通うようになりました。奥さんはほっそりとした美人で、別にグラマーなタイプではないけど、とても色気のある感じでした。なぜ、浮気するんだ?と思ったくらいです。俺が上司の家に行くと、だいたいは家で焼肉をして酒を飲み3人で話しをして、その日は泊まってい

ピアノ講師をしている私の妻・美紗子の性遍歴-後編 大人の生徒に
TD002383
それは、つい数年前のこと。妻の美紗子は月一回、土曜日の午前中に来る生徒のピアノレッスンをしている。その生徒とは、私と同じくらいの年齢、30歳中頃の男性で妻の友人の夫、石橋氏である。石橋夫妻とは私達夫婦と交互に行き来があり仲良くしております。一緒に外食したり、カラオケに行ったりなどしている仲です。その石橋さんですが、以前から私の妻、美紗子の事をとても気に入ってると言うことに私は気づいていました。妻も石橋氏が面白い人なので会話を楽しみ、彼に対してはまんざらでもない様子でした。以前、カラオケに行ったと

果樹園の若奥さんと (昔の彼女(彼)との体験談)
TD002923
いつも楽しく読んでいます。小生「T」の初中出しの事を書きたくなり初投稿します。小生が生まれ育ち、現在も家族で暮らす場所は所謂『山奥の田舎』です。農業を主体とした人口も減り続ける過疎地帯。今から15年ぐらい前、当時、専門学校に小生は通っていました。田舎なので交通の便が悪いので、車で通学していて、週末に付き合ってる彼女に逢うのが楽しみの普通の学生でした。彼女と何回かSEXした事がありましたが、もちろんいつもゴム付で生中出しなど夢のまた夢・・・でもそれなりに楽しかったと思います。その彼女は現在の妻です

平吾少年の筆下ろし儀式(祖父から聞いた少年時代の農村での出来事)
TD003268
もう四半世紀も前だが、私が中学に入ったばかりの頃、明治生まれの祖父が唐突に聞いてきた。「お前、オ○コ知っとるんか?」セックスの経験があるか?ということらしい。「知ってるわけないやん」と俺。当時でも中学で童貞を卒業する男は、まだまだ少数派だった。「そうか。最近の子はかわいそうやなあ」溜息をついた祖父が、ぽつりぽつりと語ってくれた話だ。祖父=平吾(仮名)=が生まれ育ったのは、関西某県の山間の農村。6人兄弟姉妹の次男坊だった。小規模ながら自分の田畑を耕す自作農で、高等小学校(今の中学くらい)まで出たと

温泉旅行で美緒さんと… (浮気・不倫の体験談)
TD003388
303名前:美緒さん今でも…[sage]投稿日:04/07/1808:56ID:9sWiaJyZ長いかもしれませんがお許しを。どうしても書きたかったので。ラストが萌えじゃないかもしれませんが本当に、本当に実話です。このスレ見つけて読んでるうちに思い出した出来事を書こうと思います。前説が長いですが、どうかお許しください。面白くなかったらすぐにやめます。当時俺はは20歳になったばかりで(見た目はごく普通)、仕事も実家(青森)から離れた福島の白河で現場監督として働いていて、女っけもなにもない生活を過ご

母子交換?≪初体験、童貞、処女≫
TD004484
僕と健は親友以上の間柄だった。家が隣同士で同い年。どちらも一人っ子で、誕生日も近い。物心ついた頃から兄弟のように育った。どっちかと言えば健は外交的で僕は内向的なんだが、それがいい具合だったのかもしれない。喧嘩して「絶交」したこともあるけど、いつの間にか一緒にいる。家族に言えないことも相談し合える存在だ。2人の母親同士も大の仲良し。年が近いし(健のママが1コ上)、だいたい同じ時期に結婚してこの街に来て、同じ時期に子供を産んだ。家族構成とかも似てたから、子育てや近所付き合いのことで互いに相談したり、

チョコレートの伯父ちゃん
TD004724
私の母には歳の離れた信夫と言う兄がいて、その伯父の13回忌の法要が有るという事で、私が出席する事になりました。伯父は着物の行商をしていて、私の家の近くまで来ると必ずチョコレートをおみやげに持って来てくれ、いつしか私は伯父の事を『チョコレートの伯父ちゃん』と呼ぶ様になっていて、それは大人になっても変わらず、法事の話を聞いた時も『チョコレートの伯父ちゃんの法事』と言っていました。私が幼い頃、当時チョコレートは、そうそう口に出来る食べ物では無かったので、私は伯父が来るのを心待ちにしていた覚えが有ります

投稿雑誌の中の妻
TD004759
私自身も知らなかった。妻にそんな気持ちがあったなんて・・というか、妻だけではなく女性には少なからずそう言う気持ちがある様だと思う事にしてします。最初は、なんて事は無い写真で、もちろん被写体はどことなく固さが残っている感じ妻です。写真の中の妻は、よそ行きの服装で多少厚めの化粧をしていて、屋外で数枚のカットだけでした。でも、その大判に引き延ばされた写真は、私と比べて、明らかに撮影者の腕の差を痛感させられるものでした。私が会った事がない、その撮影者で知っているのはカメラを趣味にしている男の人だと言うこ

親の居ない土曜日に…
TD004874
両親が法事で一泊の予定で出掛けた日の夜、当時、三歳下の高校二年の妹と二人だけで宅配ピザを夕食に食べた後リビングのソファーでくつろいでいた時だった。突然、妹が「お兄ちゃん、耳掃除かヘソのゴマ取らさせて!」と、耳かきと綿棒を持って近付いてきた。俺は「はぁ~?何言ってるの?」「だから!」「だから、じゃなくて、何を突然言い出すん?」今までそんなことした事なかった妹が突然変な事を言い出して正直驚いた。「いいから!やらせて♪」と、今まで見た事の無い満面な笑顔を振り撒いて言ってきた。俺もそんなにやりたいならと

家族旅行で他人棒に濡れた人妻
TD005294
34歳の子持ちの主婦です。去年の夏、伊豆七島のある島へ家族で遊びに行った時のことです。はじめて船旅で良くわからずに、とりあえず手頃な価格だった2等の乗船券を買ったのですが、まるっきり雑魚寝でした。人1人が横になるのに丁度くらいの広さに区切りの線のような物が引かれてるだけで、そこに毛布を借りてきて、広い部屋に皆が横になって寝るんです。私も、パパ・娘・私と川の字で横になりました。寝相が悪い私は、パパに寝ぼけて転がるなよ?などと言われながら横になりました。はしゃいでた娘がまずねむりについて、その寝息を

ミカンのおばさまと有名タカリママ
TD005300
833名前:1/2[sage]投稿日:2011/02/20(日)06:00:30.05ID:JLJgSwm0散歩がてら銀行に立ち寄ろうと思ったら、その銀行の前の歩道で自転車を倒してしまった見知らぬおばさまに遭遇しかも自転車の前かごに大量のミカンが入っていたらしく、歩道と道路に盛大に転がっていた交通量の少ない道だからまだ良かったけど、強風で自転車のスタンドを立ててもまだ不安定おばさまひとりじゃ大変だと思い、かけよってミカンを拾ってあげたすると、おばさまが恐縮しながら、「いただきもののミカンなんだけ

ページ:1 2 3 4 513103241