性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています









キーワード:【メンメン】 を含むテクスト 17件

類似キーワード



テクスト一覧


ページ:1

女子大生 果歩 1~10 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007699
1「え?留学?どこに?」「オーストラリアだよ。ダメ?」大学近くのカフェ、果歩は恋人である友哉の切り出した話に少し驚きの表情を見せていた。「ダメじゃないけど・・・。」「語学留学したいって、前から思ってたんだよ。バイトで留学資金、やっと貯まったんだ。」友哉はまじめな性格だ、留学資金は親には頼らず自力で何とかしようと思っていたのだろう。「そういえば友哉、最近デートもしないでず~っとバイトしてたもんね~。」果歩は少し怒ったようにほっぺたを膨らましてみせた。「ごめんごめん、そのくらいバイトしないと貯まらな

女子大生 果歩 41~42 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007749
41冨田「おぉ・・・パンティぐっしょり濡れちゃったなぁ果歩ちゃん。」果歩から脱がせた薄ピンク色の下着、その変色した底部分を手で広げながら富田は言った。果歩「・・・・イヤ・・・。」冨田はさらに、鼻をパンティの底部分に近づける。冨田「ん~・・・果歩ちゃんのイヤらしい濃い匂いがするわぁ。」変態的とも思える富田の行為。しかし自分の濡れたパンティの匂いを嗅がれても、果歩は恥ずかしい思いはあったものの、嫌悪感は感じていなかった。秋絵「果歩ちゃん、この濡れちゃった下着は私が洗っておいてあげるわ。」秋絵のその言

女子大生 果歩 121~126 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD008637
果歩「ぁ・・・あの・・・」椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。大林「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」果歩「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。大林「ヒヒ・・・肌も白くてこんなに綺麗だ・・・あなたの裸を想像してオナニーをした男はいったい何人いるんでしょうねぇ、きっと今までにあなたの事をオカズにして出さ

女子大生 果歩 43~44 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007763
43冨田「果歩ちゃん・・・指の動き、もっと激しくしてほしいか?」冨田はゆっくりとした動きで果歩の秘部を愛撫していた手を止めて果歩に問うた。果歩「・・・・・・。」顔を上気させたまま何も答えない果歩。いや、今の自分の欲求を口にするなんて事は、恥ずかしがり屋の果歩にはできなかった。秋絵「フフ・・・いいのよ果歩ちゃん、もうここまで来ちゃったら何も恥ずかしがらなくっても。激しくしてほしいならそう言えば、冨田さんはやってくれるわ。」冨田「まぁ果歩ちゃんの上の口が答えなくても、下の口は随分正直だぜ?いっぱい涎

女子大生 果歩 153~155 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD021368
〜153裸でも寒くないような室温に保たれている部屋。その部屋の中央、明るく光るライトの下で果歩は裸で四つん這いの格好になる。やはりまだ男の人の前、特にまだ2度しか会っていない大林の前で裸姿を晒すのは恥ずかしい。それなのに、羞恥心が刺激されると自然と身体が熱くなってしまう。大林「・・・もっと私の方へお尻を突き出してください。」←押していただけると喜んで更新します^^果歩「・・・ハイ・・・。」ライトの光に照らされて、白く輝く果歩の素肌。大林「ヒヒ・・・果歩さんは本当に素晴らしいですねぇ・・・。」しか

女子大生 果歩 45~46 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007772
45果歩「ン・・・はぁ・・・ぁ・・・ん・・・ハァ・・・ハァ・・・」3秒ほど身体を仰け反らした後、ガクンッと脱力した果歩。強烈なアクメの余波が、果歩の身体をビクンッビクンッと痙攣させる。果歩「ハァ・・ハァ・・・ハァ・・・」目を瞑り、上気した顔で絶頂の余韻に浸る果歩。秋絵「フフ・・・果歩ちゃん、気持ちよかった?」果歩「ハァ・・・ン・・・・。」秋絵の問いに息を整えようとしながら小さく頷く果歩。気持ちよかった・・・快感で真っ白になっている頭でも、それだけはわかった。こんなにも気持ちいいなんて・・・未知の

女子大生 果歩 96~99 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD021386
その晩、富田が食事に連れて行ってくれたのは焼肉店であった。焼肉店と言ってもそれぞれの席が個室になっていて、店内には大きな揃ったワインセラーまで完備しているという高級焼肉店だ。アルコールは取らなかったが、富田と山井は本当によく肉を食べる。一皿何千円もする高級肉を次々と口に放り込んでいく2人の食欲に、果歩は驚きの表情を見せていた。そして食事を終えると、3人は富田のマンションへと向かった。山井「ご馳走様でした富田さん、いやぁマジ美味いっスねぇあの店。」果歩「ほんとに美味しかったです。でもまたご馳走にな

女子大生 果歩 47~50 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007789
47富田「果歩ちゃん・・・次はどうして欲しいんだ?」果歩「・・・・・。」果歩は手に熱くなっている男根を握らされたまま、富田の問いになんと答えたらいいのかわからない様子。富田「なぁ・・・どうしてほしいんだ?果歩ちゃん・・・。」果歩に対し同じ質問を繰り返した富田は、果歩の蜜壷に入れていた指を再び動かし始めた。グチュグチュグチュ・・・果歩「あっ・・・アッアッハァアア・・・アッ!・・・」すでに2度の絶頂に導かれた後の果歩の敏感になった身体は、富田の愛撫にすぐに反応を示した。あれだけ潮吹きをした後でも、刺

女子大生 果歩 53~56 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD021390
53果歩「ァ・・・ン・・・ハァ・・・ハァ・・・ん・・・。」目を瞑り、上気した表情で胸を上下させ荒い呼吸をする果歩。絶頂に達した果歩の秘壺は、まだ挿入されたままの富田の固い男根をヒクヒク締め付けていた。富田「はぁ〜思いっきりイッたなぁ果歩ちゃん。」富田はそう言いながら絶頂の余韻に浸っている果歩の柔らかな乳房を、大きな手で揉んでいる。富田の指が勃起した乳首に触れると、果歩の身体はビクンと反応した。秋絵「フフ・・・果歩ちゃん、気持ちよかった?」←押していただけると喜んで更新します^^果歩「ハァ・・・ん

女子大生 果歩 11~20 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007708
11果歩はどうしようもなく、淫らな気持ちを抑えることができなかった。ふと部屋の時計を見る果歩。もう0時を回って日付が変わっている。明日は日曜だし・・・学校もバイトもないし・・・・・・寝坊してもいいんだから・・・いつもなら眠りにつく時間、しかし眠気はまったくなかった。それは初めてこんなにも興奮しているからなのかもしれない。果歩はさっき見たDVDの中の女性が言っていたことを思い出す。『まずはタオルを準備して。これはもしかしてあなたのオマ○コ汁がいっぱい溢れ出てベッドやソファにシミができてしまうかもし

女子大生 果歩 51~52 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007862
51果歩「ァ・・・ハァァ・・・」クチュゥゥ・・・冨田の巨根をゆっくりと呑み込んでいく果歩の蜜壷。膣が今まで経験した事がない程大きく拡げられていく。冨田「あ~入ってく入ってく・・・。」果歩「ん・・・ハァァ・・。」冨田「果歩ちゃん、痛くないか?」腰を進めるのを一旦止め、果歩に優しい口調で聞く富田。果歩「・・・だ・・・大丈夫です・・・ハァ・・・。」冨田「じゃあ・・・もっと奥までいれるぜ?」果歩「・・・はい・・・あっ・・・ハァァァ。」グチュゥゥ・・・・半分程度まで入れていた男根、果歩返事を聞くと、富田は

女子大生 果歩 21~30 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007718
21「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。トミタスポーツの建物に着いた果歩はスタッフ用の入り口から中へ入る。「おはようございま~す」次々と顔を合わせる男性スタッフに

女子大生 果歩 57~58 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007921
57クチュゥ・・・絶頂の余韻でヒクつく果歩の蜜壷は容易に、富田の2本の指を呑み込んでいく。果歩「ァァ・・・ン・・・ハァ・・・富田さん?・・・アッ・・・」あっさり根元まで挿入された指。グッチョリと濡れた果歩の蜜壷が、富田の指を吸い付くように締め付ける。果歩「ハァ・・・富田さん・・・あの・・・まだちょっと・・・アッ!」まだ絶頂の余韻に浸っていた果歩。ボンヤリとした頭で必死に言葉を探して、間を空けずに指を挿入してきた富田に声をかけようとしたが、富田はそんな果歩の言葉には耳をかさず、挿入した指を小刻みに

女子大生 果歩 31~35 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007725
31山井「よ~し!それじゃ練習には俺の使っていいからさ!」山井はそう言って立ち上がりズボンのベルトに手を掛けようとする。果歩「ちょ、ちょっと!待ってください!・・・あの・・・。」山井「おいおい、そんなに引かないでよ果歩ちゃん。」急な展開に果歩のアルコールの回った頭は混乱するばかりだった。秋絵「フフ・・・果歩ちゃん何事も経験よ、大丈夫、やり方は私が教えてあげるから・・・。」果歩「秋絵先輩・・・そんな事言われても・・・。」果歩が困惑するのは当然だ、憧れの先輩である秋絵の提案とはいえ、フェラチオという

女子大生 果歩 59~60 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD008513
59果歩の脚を両肩に乗せた富田は口を開く。冨田「ふぅ・・・果歩ちゃん、俺もう出してもいいよな?」果歩「ハァ・・・ハァ・・・ぇ・・・?」冨田「果歩ちゃんのマ○コマジで気持ち良すぎだからさ、もう俺も射精したいんだよ・・・いいだろ?」果歩「ぇ・・・ぁ・・・はい・・・。」・・・射精・・・富田の発したその単語に、果歩は一瞬ドキッっとした。男性が性的快感の絶頂に達し、精液をペニスから放つ。今まで富田に何度も絶頂に導かれた果歩、しかし自分の身体もまた、冨田に快感を与えていたのだ。そう思うとなんだか不思議とうれ

女子大生 果歩 36~40 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD007731
36・・・ハァ・・・カチコチに硬くなったペニスの茎部分を果歩の白く柔らかい手が上下にリズミカルに扱きあげている。富田「慣れてきたな、果歩ちゃん。」果歩「・・・ちょっとは・・・。」しばらく続けていると、富田のペニスの先端部分から透明な液体がトロ~っと溢れてきた事に気付いた果歩。秋絵「フフ・・・果歩ちゃん、その先っちょから出てきたの、何か知ってる?」果歩の疑問をもった表情に気付いた秋絵が声をかけた。果歩「い・・・いえ・・・。」山井「我慢汁って言うんだよ、ホントに聞いたことない?」果歩「・・・聞いた事

女子大生 果歩 61~63 彼氏が海外留学中に喰われてしまう

TD008538
61生温かいドロっとした液体が、目を瞑った自分の顔に降りかかってくるのを感じる果歩。ドビュ・・・ドビュ・・・ドビュ・・・果歩「ン・・・ン・・・ン・・・フゥ・・・」最初に額、そして鼻、ピンク色に火照った頬っぺた、そして取分け口の辺りには大量にかけられているようだった。富田の長い射精がやっと収まった頃には、果歩の顔は黄ばんだザーメンで覆われていた。富田「ハァ・・・ハァ・・・。」果歩「フゥ・・・フゥ・・・。」強烈な絶頂の後、荒い呼吸をしている果歩だが、精液が口を覆っていて開けることができない。鼻ででき
ページ:1