性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています









キーワード:【友人に母親を寝取られ】 を含むテクスト 14件

類似キーワード

友人の母親と息子の友人と

テクスト一覧


ページ:1

【全話リンク集】堕とされた母(同級生に看護婦の母親が寝取られる)

TD003030
堕とされた母−1−「……まあ、越野くんは、日頃の生活態度も真面目ですし」初老の担任教師が、慎重に言葉を選びながら続ける。「そんなことをするような子じゃないってことは、私もわかっておるんですが。ただ…」応接セットの低いテーブルに視線を向ける。そこには、一箱の煙草と使い捨てのライターが置かれている。「裕樹くんが、これを所持していたことも事実でして…」「………はい」対面のソファに腰かけた佐知子は、固い表情のまま小さく頷いた。卓上の“証拠品”を一瞥してから、隣に座った裕樹へと顔を向ける。「裕樹。どうして

母親が親友たちの肉奴隷に(自宅で喘ぎ声がするので覗くとレイプされていた)

TD006916
3ヶ月くらい前の話になります。僕の家は5年前に父親と死別して今は葉親とと二人暮らしになります。僕は中学2年になって少しずつ成績も落ち、志望校に入れるか悩んでいる時でした。保育園からの幼馴染のSと中学に入ってから仲良くなったOの二人が学校終わってから解らないところ教えるから一緒にやらないか?って声をかけてくれました。二人は学年でもトップクラスの成績で大変助かる思いでした。それからは、学校が終わると僕の家に来て勉強する毎日になりました。母親はパートで保険の外交員をしている為、家にはいなく二人とも遠慮

母親と同級生の赤ちゃんプレイ

TD007508
これは今から2年前の僕が高校性の時の話です。母は24歳で僕を産み、子育てが一段落した後、法科大学院に入り、司法試験に合格し弁護士をしています。息子の自分が言うのも何ですがとても41歳には見えないくらい美人でスタイルが良く恰好いい母親です。学校の参観日に来た時などクラスの友達から冷やかされることがよくありました。同級生のお母さんの中にも若々しくしているお母さんも結構いるのですが、母は同級生からみると他のお母さんにはない妖艶さがあるらしいのです。同じクラスの祥平は何度も母のことをおかずにしてオナニー

母が美術部の不良の先輩たちに犯され、裸体モデルにさせられた

TD006414
高校1年になる私には、37歳になる母と45歳の父がいます。父は土建関係の仕事をしており東日本大震災以降、出稼ぎ状態でした。中学2年の頃、同級生A(悪ぶってる奴)に目を付けられ、気づけば私はクラスの仲間外れ状態になっていました。背も低く、モヤシの様な私には彼らに立ち向かう勇気もありませんでしたから、ただ日が経つのを待つばかりでした。部活もバスケット部から美術部へ移動(みんな相手にしてくれなかったので)し地味な中学生活を送っていました。何とか中学も卒業し、心機一転新しい高校生活で挽回と思っていた矢先

母親と友人の関係

TD006519
ゴールデンウィークも終わり、大学の授業も再開したある日、友人の隆のマンションでさぼっていた。俺、遥は自宅から、隆は親からの仕送りで学生には似つかわしくない2DKのマンションに住んでいる。見ていたビデオも終わり、学校に戻るかと題名の書いてないビデオを見つけた。『これ裏か?』『ん~・・・俺が撮影した熟女との絡みだな。』『熟女に興味あるか?』『黒木瞳みたいならな。ばばあはイヤだ。』隆はビデオを再生しながら話を続ける。『バイト先のファーストフードのマネージャーなんだ。』暫く見てると顔のアップになった。俺

【全話リンク集】母と同級生(親友たちが母を犯す姿を見て自分も…)

TD002093
元哉、今日、元哉の家に泊まりに行っていいか?」その日、とある地方都市の公立高校に通う大内元哉は、クラスメイトの沢渡健太と飯島京介に、都合を尋ねられていた。二人とも元哉の幼馴染で、常に行動を共にする仲良し三人組といった間柄であった。そんな親友たちに元哉は快く答える。「ああ、いいよ。帰りがてらうちに寄れよ」「やった!途中でお菓子でも買って行こうぜ、俺たちがおごるよ!」そんな元哉の返事に喜ぶ健太と京介。しかし、元哉は少々不審に思う。(最近、毎週泊まりにくるんだよなあ・・・まあ、いいけど)新学期が始まっ

母と同級生(3)

TD019407
「ひいーっ!いやあ・・・指が・・・指が入って来ちゃったあ!」可憐なすぼまりを見せる熟女の排泄器官は、荒くれ者の侵入にひくひくとひきつれて、淫液のぬめりも悩ましく少年達にいたぶられていく。「美奈子ちゃん、指が二本も入ったぜ!普段、お尻に何を入れてんだよ」「ああーっ!な、何も入れてないわ!ひいいっ、う、動かさないで!」菊肛を犯している少年の指が手荒く出し入れされると、美奈子は涙ながらに許しを乞う。しかし、熟女の哀願など彼らにとってはさらなる嗜虐への誘い水にしかならない。「お、おかしくなっちゃう!美奈

友達におとされた母と

TD019545
早い話が母を輪姦?した体験談(実話)です。バイト仲間とのカラオケの時に母からメールで何時までも遊んでんじゃないよ。とメールで叱られてみんなに笑われ…恥ずかしさから母に対する怒りが私に湧き上がってきた。そして有りもしない事をその場しのぎに言ってしまった。婆のくせに浮気してると。すると一人がお前の母ちゃん何歳?と聞いてきた45ぐらいだと適当に応えて話を終わらそうとすると、デブ?顔は?いろいろ聞いてきた。携帯に登録してある母の顔を見せると、全然イケるとみんな盛り上がってた、私は婆だぜと言いながら話の話

俺の母親にハマってる同級生

TD027009
隣りの席に俺の同級生が居ます。キャシャで気の弱い智史は中学の頃からパシりでした。高校は別に成りましたが俺とは仲がよくて。バイクで良くつるんでました。それが高3に成ると急に付き合いが悪く成りました。他の仲間とつるんんでましたがある日、なぜか皆が都合悪く俺のバイクの調子も悪く、バイク屋にバイクを預けて自転車を借り昼過ぎに家に帰りました。林と畑に囲まれ、隣りの智史の家と俺の家は200m程離れ、周りに家は無い家の前までくると、家の中から悲鳴とも呻きともつかない母の声がしてました。母はパートに行ってるはず

母と同級生2

TD002097
おはよう、元哉」翌朝、美母はいつも通りの優しい笑顔に戻っていた。今、元哉と美奈子、そして健太と京介の四人は仲良くテーブルについて朝食をとっている。元哉を除き、三人はいつもと変わらぬ様子で談笑していた。しかし、元哉だけは視線を宙に泳がせうつろな表情だった。元哉は昨夜の淫事を目撃した後、どうやって部屋に帰ったのかは覚えていない。ただ美しい悪夢に犯された少女の様に布団を被って眠りについたことだけを覚えていた。美母の呼びかけにも反応の無い元哉に、隣にいる健太が心配そうに声をかける。「どうしたんだよ、元哉

母と同級生3

TD002105
「なんて事だ・・・」思わずぽつりと呟いた元哉は、美母の淫行がかなり根深い物だとあらためて認識した。酒宴が熟すと美奈子は少年達に寄ってたかって裸にされた。そして今度はストリッパーよろしく、腰をくねらせて淫らに踊りだす。更衣室に積んであった体育用のマットが舞台代わりになり、美母は淫靡な肢体を隠す事無くさらけ出す。「美奈子ちゃん!オマンコ開いてよ!」少年が叫ぶと美奈子はマットに座り込み、足を組替える素振りを見せながら、秘唇をあらわにしていく。そしてついにはM字に両足を開いたかと思うと、指で逆Vサインを

母と同級生4

TD002109
「どういうことだよ!」週明けの月曜日、元哉は健太と京介に詰め寄っていた。すっかり淫事が露呈した彼らは観念し、元哉に事の成り行きをぽつりぽつりと話し始める。「実は誘ったのは・・・おばさんなんだ。元哉」京介が言う。その目は真摯な物で、嘘をついているようには見えない。「続けろよ・・・」元哉は静かに京介を促した。最初の淫事が行われたのは、新学期が始まってすぐの休日。二人は休日の午後を元哉を誘って、遊びに行こうと考え大内家を訪れたらしい。しかし生憎元哉は不在で、応対に出た美奈子が息子は夜にならないと帰って

堕とされた母2(同級生に看護婦の母親が寝取られる)

TD003031
堕とされた母�−11−ホックを外され、肩紐は二の腕にズリ落ちている。窮屈な戒めから解放された豊かな双乳は、ともに達也の手に掴みしめられて、粘っこい愛撫を施されていた。「気持ちいい?佐知子さん」執拗な口吸いを中断して、達也が問いかける。「……あぁ……達也く…ん……」解放された口から、掣肘の言葉を吐くことも、佐知子は、もう出来なくなっている。薄く開けた双眸に涙を光らせて、か弱く達也の名を呼ぶだけ。揉みしだかれる乳房から伝わる感覚は、快美すぎた。(……熱い……)直接、達也の手を感じる部分が、火のような

堕とされた母3(同級生に看護婦の母親が寝取られる)

TD003033
堕とされた母�−21−「今日は、一段と激しいじゃない、佐知子さん」肉根の切っ先で、臀肌をなぞりながら、達也が言った。「あぁん、だってぇ…」熱く硬い感触に気もそぞろなようすで、佐知子は答える。「だって、昨日は一度も…」抱えられた臀を微妙に蠢かせる。這いまわる達也の先端を、待ち望む場所に誘いこもうとする意志を見せて。「ああ、そういや、そうだったね」中心へと誘おうとする巨臀の動きをいなして、達也はあくまでも臀丘の表面だけをなぞる。ぬめ白い肌に、極太の筆で字を書くように。「でも、たった一日だよ?一日空い
ページ:1