性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています









キーワード:【弟の嫁と】 を含むテクスト 7件

類似キーワード

兄嫁と妻の妹と

テクスト一覧


ページ:1

義妹の乳房が見えた

TD021125
数年前の夏、親戚を連れて海水浴に行ったのですが、その時のことを書きます。最初は弟たちで行くつもりだったのが急用で弟が行けなくなり、代わりに運転して行ってやってくれということに。メンバーは弟の嫁さんとその赤ちゃん、嫁さんの実姉(バツイチ)と幼稚園〜小学生くらいの子供(男女)2人。慣れない弟の車に最初は緊張したものの、やがて慣れてきた頃、真後ろのチャイルドシートで突然赤ちゃんが泣き出した。結構大きな声で泣くので、運転に集中したい私は正直うざいなと思ったけど、しばらくするとピタリと泣き声が消えた。どう

義妹と… (妹との体験談)

TD001764
愚弟が結婚して義妹が出来た。少し沢尻エリカ似で可愛い。明るい性格で「お義兄さん、お義兄さん」と懐いてくる。俺も義妹が出来て嬉しくて、可愛がっていた。だが紹介されて数ヵ月で、俺の心は邪な考えで支配されてしまった。人懐っこい義妹の性格も災いした「コイツを俺の女にしたい」だがそうそう簡単にチャンスが来るわけもなく彼女は義妹となった。しかし、神は俺に微笑んだ。新婚生活を始めて3ヶ月がたった時、愚弟が北米支社に長期出張に出されたのだ。俺は神に感謝したね。そこで俺は、策略を巡らせた。昨今の女性の独り暮らしは

義妹(弟の嫁さん)と小学6年の娘さんの着替え(挿入無)

TD024938
571名前:こっそり新規投稿1[sage]投稿日:2009/08/18(火)14:11:36ID:f7aWUewl0空気を読まずに投稿します。ごめんなさい。数年前のお盆の出来事です。私の義妹(弟の嫁さん)と小学6年の娘さんがうちの実家に里帰りに来ました。本当なら弟も来るはずだったのですが、仕事の都合でキャンセルとなり、残った母子だけが来たわけです。いつもなら車で来て、親子で近郊の海水浴場に遊びに行くのですが、義妹は運転ができず、子供がどうしても行きたいということで、代わりに私の車で連れて行くこと

義妹と

TD018004
30歳の夏に2人目が誕生、翌日の土曜午後に里美が居る産院へ行くとエレベーター前で「あら?!お義兄さん、今度は可愛い女の子で、おめでとう御座います!」弟の妻・加奈とバッタリ!「あ?、来てくれたの?!」加奈「2人共元気よ!」「雨、降りそうだけど?」加奈「あら?いやだ?!どうしょう?!」「時間良かったら、送るよ!」加奈「じゃあ~、お願いしよう。又戻るの変だから此処で待ってるわ!ごゆっくりね!」3Fの産室へ妻と乳児の優に会いに上がった。昨日も来た事で30分位で1Fロービーへ戻ると、週刊誌を読み加奈が待っ

無精子症の弟の代わりに種付けを依頼され義妹に思いっきり中出しした

TD033412
弟夫婦に子どもがない。弟がどうも、無精子症らしい。弟の嫁である義妹がどうしても子どもが欲しいらしく、先日、弟から電話があり「協力して欲しい」とのことだった。俺は、もう少しで30になる。義妹は27歳、弟とは、大学の時の同級生だったらしい。卒業と同時に弟と結婚し、専業主婦をしている。弟は、最初は体外受精を考えていたようだったが、お金がないので、夫婦で話し合って、出した結論が、兄である自分に嫁を抱いてもらい、なんとか子どもを産みたいということだった。俺には子どもが三人いて、三人とも、あまり深く考えずに

無精子症の弟に協力を依頼され義妹に思いっきり種付け

TD048793
弟夫婦には子どもがない。弟がどうも、無精子症らしい。弟の嫁である義妹がどうしても子どもが欲しいらしく、先日、弟から電話があり「協力して欲しい」とのことだった。俺は、もう少しで30歳になる。義妹は27歳、弟とは大学の時の同級生だったらしい。卒業と同時に弟と結婚し、専業主婦をしている。弟は最初、体外受精を考えていたようだったが、お金がないので、夫婦で話し合って出した結論が、兄である自分に嫁を抱いてもらい、なんとか子どもを産みたいという事だった。俺には子どもが3人いて、3人とも、あまり深く考えずにやっ

弟が関東に働きに出ていて残された弟の嫁が欲求不満なので抱いてやった

TD045628
弟がある会社の紹介で、関東地方の会社で働く事になった。弟は嫁を残し、先に独りで行った。仕事を覚えてから、嫁が行くという事だった。弟の嫁は、独りでいても閑なので、パートへ行く事になった。パート先で、店長のセクハラが有ったので、俺の所へ相談に来た。俺は法務にも詳しかったので、店長へ抗議した。俺は、その頃は、まだ独身。ある程度時間にも余裕があったので、弟の嫁の仕事が終わったら迎えに行っていた。(面倒なので、以後、弟の嫁を単に嫁と書く)ある日嫁を送って行き、帰ろうとすると、「お兄さん、たまにはお茶かコー
ページ:1