性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

鈴音の場合4 (その他)

TD000002
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

鈴音の場合四カタストロフィそこは深い樹海に囲まれた、見るからに多額の費用がかかっている豪邸であった。広大な敷地の中には、車回しの付いた屋根付き駐車場はもちろんのこと、この立地条件では贅沢すぎるであろう50メートルクラスのプールもあったし、何より建物そのものの大きさが尋常ではなかった。洋館仕立ての地上三階地下二階の建物は、およそ一般市民が手に入れられるようなものではない。ずぶの素人の鈴音には判らなかったが、見れば至る所に侵入者阻止装置が据え付けられてもいた。所有者は、この建物以上に尋常な人物では無いことが知れる。おそらくは、政界か経済界の大物であろう。しかも、いわゆる『裏』の。「さあ、さっさと降りるんだ」男達に追い立てられる様にして、鈴音たちは車外へと転がり出た。「こ、ここは…?」自分の周囲を見回せば、ここは瞭らかに人里離れた場所であることが判る。これでは万が一の救出も脱出も望むことは出来ないだろう。そもそも、ここが何処かすら判らないのである。「みなさん、急ぎましょう。きっと兄さんたちが待ちかねていますよ」そう青年に促され、大野達が鈴音らを建物の中に連込んでいく。それに彼女等は抵抗しなかった。ここで抵抗しても何の意味も無いからだ。入り口の両開きのドアが音もなく左右に開かれ、悪魔たちの巣の中に鈴音たちを飲み込んでいく。そして彼女らを、外界から、光り輝く未来から、背後で閉まるドアが切り離してしまった。「『この門をくぐるもの、一切の望みを捨てよ』というやつですね」青年がダンテを剽窃してそう言った。「まあ、今までの生活は忘れることです。…いや、どうせ忘れてしまうことになるでしょうから言う迄もありませんか」青年は、まるでそれが楽しい事のようにクックッと笑った。「さて、皆さんの処遇ですが、鈴音さんは兄さんにあわせるし、梨乃さんはボクのモノになったから良しとして、問題は良子さんと鋼君です」森に先導させて皆を歩かせながら、青年は考え込む素振りをする。あれほど抗っていた鋼も、今ではすっかりおとなしくなっていた。ひとつ抵抗すれば、倍どころか百倍にされて痛め付けられるという事が骨身に沁みて判ったからだ。それに、自分が抵抗した所為で、姉達に災いが及ぶことを怖れてもいた。同じ様に鈴音も良子もおとなしく青年に従っていた。梨乃にいたっては、抵抗しようなど思いもしなかった。そして、階段を降りていくつ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

鈴音の場合四カタストロフィそこは深い樹海に囲まれた、50メートルクラスのプールもあった、洋館仕立ての地上三階地下二階の建物は、ここは瞭らかに人里離れた場所、大野達が鈴音らを建物の中に連込ん、それに彼女等は抵抗、、梨乃さんはボクのモノになった、良しとして、問題は良子さんと鋼君、百倍に、「ああ、葵さん、年の頃12?3歳の少女は、佐野が加わっ、4人になった男達は、乳房、女性器、アナルは男達に弄ばれ、4人もの男に犯され、たまるもんか!ゆうちゃんにもう一度会うん、満は薄ら笑うだけ、「では、そういうことで……あっ、そうそう。葵さん、康之さん達をここへと呼ん、、その間梨乃さんの面倒を彼らに見、♪」葵は携帯電話で、彼女は立派に美人になる素質を持っ、小さな吸い付きたくなるよう、黒髪、胸…鋼はそれらに見覚えがあった、13歳頃の姉もこんな感じではなかったか?鋼はそんな葵に言われるまま、一階の奥まった所にある豪華、れた環は風呂に浸かっ、満足に生活、「…みつる、…そんな…こと…あんま、はっきり…、無論ペニスも例には漏れない、、よがらせ、鈴音が脚を湯槽に入れる、環の肉体があっただけ、。みつる、すずねに…もっとかけ、肩から下、末期の巨人病に冒された男性器の成れの果て、ポンプとシャワーノズルを使っ、じんわりと性器から愛液が滲みだし、彼女の身体は宙に浮いたままになっ、彼女の体重も、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト