性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

父親殺し (近親相姦の体験談)

TD000006
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

時刻はすでに11時近かった。雑貨屋の表戸をどんどんとせわしなく叩きながら、泣き声で「おばさん、おばさん」と呼ぶ声には聞き覚えがあった。すでに就寝していた雑貨屋のおかみは起き上がり、戸をあけて夜中の訪問者を迎えいれた。それは近所の市営住宅に住む顔見知りの女であった。女はおかみにしがみつくなり、「おばさん、父ちゃんを殺しちゃった」と言った。おかみは絶句した。実はこうなるかなり以前、おかみはこの女から「秘密」を聞かされて知っていたのである。「あんたら夫婦、だいぶ歳が違うみたいだけど……」そう水を向けると、彼女は意外なほどあっさり答えた。「だって、実の親子だもの」と。そして、また妊娠したらしくてこのところ気分が悪いのだ、とおかみにすがるようにして歩いた。彼女はすでに半べそ顔だった。16で妊娠して、次々に5人産んだ。その後に妊娠中絶を4回やった。今度もまたやることになるだろうが、あればっかりは何度やってもイヤだ、と——。「じゃあ……いまの、そのお腹の子は?」「父ちゃんのに決まってるでしょ」「ずっと、そうなのかい?」「14のときから、ずっと……」それが去年の春のことである。そんな以前からそれと聞かされていたおかみとしては、心がうずくものがあった。しかしそれが本当なら、自分たちの力でどうにかなるものではない。彼女は起き上がってきた亭主に警察に連絡するよう、うながした。女も反対する様子はなく、おとなしくうなだれていた。やがて警察が来て、連行されていく彼女の背中に、雑貨屋のおかみは何度も叫んだ。「ごめんね、すまんかったね」と。こんなことになるのは目に見えていたのに、隣人としてどうして何もしてやれなかったのかと、おかみは繰り返し自分を責めては泣いた。実は「目に見えていたのに」止めなかった人間はもうひとりいた。被害者の正妻で、加害者の実母である老女である。彼女は53歳になっていたが、土木作業の日雇いをして毎日の生計をたてていた。「今回の事件については、いつかこうなるであろうことをかねがね予感しておりましたから、電話があったとき、ああついにあの子は父親を殺したな、とすぐ思いました。いままでの事情を考えますと、充分有り得ることなのです」。さらに老母はこうも言った。「わたしとしては殺された夫に対してはまったく同情はありません。むしろ娘のほうが殺されずに済み、ほんとによかったと思っています。これ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

時刻はすでに11時近かった、「おばさん、おばさん」、「秘密」、「あんたら夫婦、だいぶ歳が違うみたい、また妊娠、16で妊娠、次々に5人産ん、その後に妊娠中絶を4回やった、彼女は53歳になっ、、電話があったとき、ああついにあの子は父親を殺したな、とすぐ、長女が中学2年生になったとき、突然強引に彼女を犯したの、父親は市営住宅の一棟を借り、まだ30前の女性、みるみる綺麗になり、化粧も、結婚を約束、長女は父親が酒を飲ん、3回と激しいものになり、精神的にも肉体的にも、父親は全裸で焼酎をあおっ、、十何年も俺を弄ん、その肩を突きのける、この裁判の弁護を無報酬で引き受けた大貫大八弁護士は、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト