性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

憧れだった姉と温泉帰りに初体験、童貞の俺に色々と教えてくれた

TD000025
カテゴリー: 男性視点 男(若者、童貞、不明)女(大人、経験済、不明)

テクスト冒頭部分

先日憧れだった姉と先日セックスすることが出来ました。童貞だった僕に姉は色々と教えてくれました。その時の話をしていきたいと思います。5つ年上の、僕の姉は結構さばけた性格で人をからかったりする傾向はあるものの本質的には優しく、家にいた時も出てからも色々と僕の世話も焼いてくれたりしてました。スタイルも良く、DかEはありそうな胸にくびれた腰、お尻も結構大きくてジーンズ姿などはセクシーで格好いい感じです。高校の頃から姉の女性的な部分を意識してしまい、姉のことを想像しながらオナニーをしたりもしていました。でも極端に意識しなかったのはやはり姉が就職して家を出て行き、距離が置かれたからだと思います。そんな姉が長期休みで家に帰ってきた時のことです。「明日ドライブがてら温泉にでもいってみない?」と姉に誘われたのです。ちょうどこの頃、他の人の体験談で「姉と混浴の温泉に行って・・」と言う話題を読んだばかりで、それに感化されたこともあり、姉と温泉に行ってきました。しかし連れて行かれた温泉は残念ながら普通の温泉でした。そうそう上手くいかないものだとガッカリはしたものの、姉と一緒に出かけるのは悪くもなく、姉の方もそう思ったらしく帰りの車の中で「また一緒に行こう」って話になりました。僕は内心ドキドキしながらも、ちょっと冗談っぽく「今度は混浴がいいな」って言ってみました。そうしたら姉は「何?私と一緒に入りたいの?」と問い返してきました。「たまにはいいかなって・・」と生半可な答えをしたら、姉は「そうね。それもいいかもね」って言いながら意味深な笑みを浮かべてました。その時は特に期待もせずにいたんですが、後日姉から「来週の半ばくらいにまた一緒に温泉に行かない?」と連絡があったんです。混浴の話を出したばかりだし、もしかしたら姉の裸を見ることが出来るのかも・・・と期待は高まります。本当は裸を見るだけでなく、憧れの姉とセックス出来ないかと思いもしましたが、流石に自分から姉に迫る勇気などありません。それ以前に次に行く温泉が混浴かどうかもまだ分からない状態で、とにかく期待と不安が入り交じった日々が過ぎていき、再び姉と温泉に行く日となりました。午前中から出発した姉と僕は早めの昼食を取って、お昼頃に温泉に着きました。着いた温泉は期待に反することなく混浴でした。「ゆうが混浴がいい言ってたからね。今日は一緒に入りましょ」姉

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

姉と先日セックス、童貞、僕の姉は結構さばけた性格で人をからかったり、スタイルも良く、胸にくびれた腰、格好いい感じ、高校の頃から姉の女性的、他の人の体験談で、姉の裸を見ることが出来るのかも・・・と期待は高まります、「ゆうが混浴がいい言ってた、服を脱い、。お風呂、乳首や乳輪は普通くらいのおきさ、そして少し開かれた足から覗くアソコには毛が生え、風俗に何度か言ったことがあり、フェラやクンニなどもそこそこは経験、当然僕のペニスは姉の裸を見、「まだダメ。ちょっと触らせ、「うわ・・・ゆうの凄い硬いのね・・・」、綺麗、「あ、感じちゃった?」、「そりゃあるわよ。付き合ってた人も居たん、彼の一人や二人くらいはいるとは、姉は男の人にどんな風に抱かれたん、すぐにでも射精、そこはなんとラブホテル、車をホテルの駐車場に着けました、「オナニーじゃ満足出来なくなってるよう、ベッドはダブルよりも少し大きめ、そのほかに部屋にソファとガラステーブル、、最初はシャワーだけ、ポカリを飲み、、お風呂のお湯が入ったところで順番にシャワーを浴びることになり、僕から入ることになりました。バスルームの方結構大きく2、3人で入っ、、シャンプーやボディーソープと一緒にローションのボトルも置かれ、姉は僕にキスを、その後唇を吸い始め、舌は僕の口の中へ入れ、「89のEよ」、サイズを教え、吸ったり舌先で舐めたり、毛は綺麗に剃っ、ちょっと濡れたヒダヒダはそんなにくすん、「ゆう可愛いよ」、腰や太ももなどを舐め、肩元に敷かせます、その時僕はゴムを、姉は喘ぎ、「うわ・・・もうこんなに硬くなってる。ゆうのおちんちんはすぐ元気になっちゃうのね。一回出しただけじゃ満足出来ない?」、「あぁんっ、ゆう、あっ、あっ・・・あぁぁっ、イキそうっ」、絡みつい、そのまま胸元まで手繰り寄せたの、挿入、さすがに四回目、(笑)、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト