性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

家庭教師は見た (笑える体験談)

TD000038
キーワード: 家庭教師
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

中学三年生の女の子に教えたときのこと、僕が唯一教えた婦女子なのですが、ココの家庭は非常にホノボノとしていました。優しそうなお父さんとお母さん、娘さんだって素直ないい娘で、毎週教えに行くのが楽しみなぐらいでした。しかし、悲劇とは突然やってくるものなのです。ある日のこと、とんでもない大雪がわが町を襲いました。深夜から雪は降り続き、朝にはビックリするほど雪が積もっていました。交通機関は麻痺し、テレビでは様々な被害状況を報じていました。ちょうどその日は家庭教師の日だったのですが、この大雪です。行ける筈がありません。普通の人ならそう思うところでしょう。やはりその女の子も「今日は家庭教師が来る日だけど、大雪で来れないだろう」などと考えたらしく、降って沸いた休日に大喜びし母親とショッピングに出かけてしまったそうです。彼女の家は商店街やデパートの近くにあったため、大雪でもショッピングには出かけることができたようです。家では仕事が休みだった父親だけが留守番をしていました。やはり大雪です。行くのは面倒くさい。休みにしてしまいたい。僕もそう考えたのですが、変にプロ意識旺盛だったため、「大雪如きで休んでいたら家庭教師の名が廃る!ここは這ってでも行かねば!」などと激しく見当違いな考えの元、まさしく這っていくように教え子の家へと赴きました。さあ、これに驚いたのはお父さん。来ないだろうとタカをくくっていた家庭教師が来てしまった。突然の家庭教師の急襲に驚きを隠せない。僕が普段行くときは、お父さんはダンディーな週末パパみたいなファッションをしているのですが、今日は家庭教師が来ない。楽な服装でいいや、などと思ったらしくラクダのモモヒキみたいな服を着ていました。フランクな自分のくつろぎスタイルを見られたお父さんは狼狽していました。自分の無様な格好は見られるわ、狼狽してるとこを見られるわ、家庭教師の主役とも言える娘はいないわ、いつも家庭のことはまかせっきりの妻はいないわ、と瞬く間にパニック状態に。しかし、寒い中いつまでも僕を玄関先には立たせておけません。とりあえず上がってもらうしかないでしょう。普段は直で娘の部屋に行って、勉強開始となるのですが、娘がいない今はそうはいかない。とりあえず僕はリビングに通されました。「娘達はもう少ししたら帰ってくると思うので、テレビでも観て待っててください」とお父さんは丁寧に

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

中学三年生の女の子に教えたときのこと、自分のくつろぎスタイルを見られたお父さんは狼狽、自分一人、僕とお父さんは二人でテレビを見、ミニケーキみたい、感じの、「ロリエ」、お父さんもやっとこさ自分の犯した過ちに気づいたよう、http://www6.plala.or.jp/pato/numeri/index.htm、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト