性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

女子社員の異変 (会社での体験談)

TD000040
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

彼女の事を考えると罪の意識にさいなまれる。と同時に、それが偽善である事も判っている。その証拠に、私は今でも毎晩のように彼女の恥態が記録されたビデオテープを再生しながら、自慰行為に耽っているからだ。地方であるその地に新規進出をしたばかりの営業所、というより規模としては出張所クラス。社員は所長代理である43歳の課長と私の2名で開所した。そこに事務員兼経理として現地採用した女子社員、長丘友紀子は目元がパッチリとしたアイドル並みの容姿に、今どき珍しく腰位まであるロングヘアとバランスのとれたスタイルの持ち主。年齢も22歳と若く、実力や経験などを無視して課長と私の個人的な趣味で採用したのはあきらかだった。オフィスに彼女のような若く綺麗な女性がいれば、さぞや出勤するのが楽しみになるだろうと思い、最初の頃は、ひょっとすると彼女と・・・などと淡い期待などもしていた。しかし彼女は見た目よりCOOLな性格で、自分のパーソナルエリアには簡単に入らせない様な雰囲気を漂わせていた。(まぁ、彼女くらいの美人なら色んな男からチヤホヤされるのだろうから、当たり前かな・・・。)と、彼女と吊り合う自信の無い私は、彼女を早い段階で高嶺の花と位置づけていた。彼女の様子が変だなと感じたのは、彼女が入社して半年が過ぎる頃だった。何か思いつめたような顔・・・。しかしパーソナルエリアに入らせない彼女のこと、心配して声をかけても、ほっといて下さい!と言われておしまい、と思った私は気づかない振りをしていた。2,3日もすると彼女は普通に戻り何事も無かったように仕事をしていた。それから数ヶ月、私が本社出張から帰ってきた日、彼女の様子がまたあきらかにおかしかった。何か不安げな思いつめた表情。私は意を決し、「どうしたの、何か心配事?」と、声をかけてみた。彼女は小さな声で、「・・・いえ、何でもありません。」と、私の気遣いを切り捨てた。私と彼女のやり取りを聞いていた課長が、「どうも長丘くんは、精神的にまいってるみたいなんだよ。」と、口を挟んできた。「精神的にまいってる?」私が繰り返し課長に聞いてみた。「・・ああ、どうも自律神経失調症らしいよ・・・な、長丘くん。」そう言って課長が彼女に確認を促した。彼女は小さく頷き、「・・・多分ですけど。」と、応えた。そこから彼女が襲われる症状についてのディスカッションが課長と彼女から長々と語られ、

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

43歳の課長と私の2名で開所、長丘友紀子は目元がパッチリと、今どき珍しく腰位まであるロングヘアとバランスのとれたスタイルの持ち主、若く綺麗、女性がいれ、性格で、(まぁ、彼女くらいの美人、そうなったのは1度や2度じゃないと言う、きっかけになる電話が鳴った、「あ、じゃあきっと井出係長からじゃない、画像でナガオカの胸もアソコもバッチリ撮れ、?武本の出張予定は?』、バツの悪そう、裸に、長丘友紀子のカラダに悪戯を、その上その一部始終をビデオカメラに撮影まで、乳首がどうとか、私にとって高嶺の花の長丘友紀子の陵辱話は現実的、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト