性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

会えなくてごめん (泣ける体験談)

TD000049
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

約10年前のある日、付き合っていた彼女のKちゃんが死んだ。事故で入院した俺に会いに来る途中に事故を起こしたとのことだった。俺が事故で入院する前、彼女に「どうしても会いたい」と言われて彼女の家に行く途中に原付で事故を起こしてしまった。彼女は「無理を言った私の責任」と思い込んで見舞いになかなか来なかった。付き合っている途中、彼女の両親と会ったことがあり、近いうちに結婚の話をしようと思っていた俺は、退院が近づいたある日「近いうちに大事な話をしたいから来てほしい」と彼女に電話した。やっと彼女から「○日に見舞いに行きます」と連絡があったが、彼女はなかなか来ず、救急車が1台入ってきた。数時間後、看護婦が「Mさん(俺の名前)、K.Hさんていう人は知り合いですか」と聞かれ、「付き合っている彼女の名前です」と言うと、「先ほど、亡くなられました。うわごとでずっと『Mさん…Mさん…』と言っていました。家族の方は『Mさんにこのことを伝えたい。ここに入院しています』とのことだったので伝えに来ました…」と言われたが、看護婦の最後のほうの言葉はよく覚えていないほどショックを受けた。すぐに彼女の部屋に行きたいと看護婦に言い、駆け付けると彼女の両親が泣いていた。俺は泣きながら「すみません。私が大事な話があるから着てほしいと言ったからこんなことに…近いうちに結婚の申し込みをしようと思っていました」と言うと、彼女の母親が「そんなことはありません。Mさんが事故で入院した時、Kちゃんは『私が無理に会いに来てと言ったから事故に…』とずっと悩んでいました。Mさんから『大事な話をしたい』と連絡があった時、私が『Mさんが大事な話があるというのだから』と行くように言った私にも責任があります」と言った。父親も「私もMさんと娘が付き合っていることは知っていた。いつかは結婚をするのではと思っていたのにこんなことになるとは…」と話した。俺が退院した日に、彼女の実家に行き仏壇に向かって「ごめん」と言った後、人前にもかかわらず泣いた。彼女の両親はなにも言わず、落ち着くまで見守ってくれた。俺は彼女から「どうしても会いたい」と言われた時、事故を起こさなかったら会えた。彼女に俺が「大事な話があるから会いたい」と言わなかったら彼女は事故を起こさずに退院後に会えたのに…あの時に会えていたら結婚して今ごろは幸せな家庭生活を営んでいたかもしれ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

付き合っ、近いうちに結婚の話を、彼女に電話、救急車が1台入っ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト