性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

突然の訪問者 (友達との体験談)

TD000051
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

俺が大学生の時の話。夜、部屋でひとりテレビを見ていたとき、不意にインターホンが鳴った。もう深夜の1時を回っていたので不審に思ったが、覗き穴から見てみると、そこには見知った女の顔。俺はドアを開けた。「こんばんは〜☆」明らかに酔っていると思われる調子の声。彼女は、同じ大学の友達美穂だった。「終電なくなっちゃった。今日泊めて」そう言うとサンダルを脱ぎ捨てて、ずかずかと部屋の中へ入っていく。「お、おい、ちょっと待てよ」俺の制止の声など聞こえないのか、部屋に上がりこんだ美穂は、ベッドに腰掛けるとつけっ放しだったテレビを見始めた。「あっ、この番組おもしろいんだよね〜」「本気なのか、ここに泊まるって?」とまどい気味に俺が尋ねると、「うん、そうだよ。ねぇ、のど乾いちゃった。お茶かなんかない?」「はいはい・・・」俺は呆れながらも、冷蔵庫からペットボトルのお茶を取り出して渡してやった。美穂はそれをゴクゴクと飲みほすと、「ああ、おいしい。ねぇ、そんなとこに突っ立ってないで、座ったら」そう言って、座っていたベッドの脇をポンポンとたたいた。「あ、ああ・・・」美穂に促されて、俺は彼女の隣に腰を下ろす。アルコールの匂いと共に、おんな特有の甘い体臭が鼻孔を刺激した。「あのな、今日泊まるって言ってたけど、それ無理だぞ」「えぇ〜、どうして?」「当たり前だろ、俺は男でお前は女なんだぞ」「いいじゃん、そんなの。わたし気にしないから」「気にしないったってなあ・・・、だいたいなんでこんな遅くになるまで遊んでたんだよ?」「それそれ、聞いてよ。あのね、芳子ってばひどいんだよ〜」どうやら、美穂ははじめから友達のアパートに泊まるつもりで、その芳子という子の部屋で飲んでいたらしい。しかし12時を過ぎた頃、突然その友達の彼氏がやって来て、彼女は追い出されてしまったと言うのだ。それで終電もなく困った美穂は、近所にあった俺のアパートを訪ねてきたというわけだった。「ねっ、ひどいでしょ。だから、おねがい。今夜一晩泊めて」「でもベッドひとつしかないぜ」「だいじょうぶだよ。哲郎(俺の名前)は床で寝るんだから」「あのなあ・・・・」「だって、わたしベッドじゃなきゃ寝れないんだもん。ねぇ、いいでしょ、おねがい〜〜」美穂は甘えたような声を出して、身体をすり寄せてくる。「お、おい」正直なところ、俺はその時、美穂の格好に少なからず興奮していた。

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

俺が大学生の時の話、もう深夜の1時を回っ、れる調子の声。彼女は、同じ大学の友達美穂、ベッドに腰掛ける、。あのね、芳子って、。しかし12時を過ぎた頃、突然その友達の彼氏がやって来、。だから、おねがい。今夜一晩泊め、。哲郎(俺の名前)は床で寝るん、、身体を、むき出しの白い肩が、キャミソ\ールの胸を大きく突き上げる豊か、乳房(美穂いわくFカップ)のふくらみに、美人というわけ、下ネタも全然OK(プラス巨乳)、、哲郎。どこ見てるのよ、エッチ?」美穂は俺の不純、「あ?っ、何これ?」そして、電話帳ほども厚みのある雑誌を引っ張り出した。、?、これ風俗の情報誌じゃない。哲郎、こんなの読んでるの?」、グロスでぬめ光るぽってりと、エロい・・・・)俺は下半身に一気に血液が流れ込むのを感じた、俺のジャージの股間部はすでに小山を築い、「やっぱり、さっきわたしのカラダ見、えいっとばかりに俺のジャージを下着もろともずり下ろし、、俺のモノは勃起時17センチある、「や?ん、ホント。もうビンビン。それにちょー固いよ。エビ反っ、高速で動き回る舌に舐めまわされる、快感に必死に耐える俺の顔を見、美穂は亀頭を咥えたまま満足げ、フェラチオへと移行、唾液のはぜる音が、淫ら、(美穂ってチンポしゃぶるとき、スモールサイズのクッションを手に取る、十\分に唾液をまぶしたあと、左右のタマを交互に口に含ん、しかもその間中も、5分とたたない内に、頭でT男に嫉妬、愛らしい花柄プリントのブラも躊躇なく取り去った、ポロン、ーーっ!Fカップってこんなにデカイのかよ)俺ははじめて見るFカップ生乳の迫力に圧倒、・・・哲郎ズルいよ?」そう言い、乳房全体の愛撫から乳首へのピンポイント攻撃に移った、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト