性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

姉好きPart� (エロくない体験談)

TD000070
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

14才の夏、大好きなお姉ちゃんが俺の住む町へ遊びにきた。お姉ちゃんから来るなんて何年ぶりだろう・・・俺は期待に胸を膨らませ、お姉ちゃんを迎えに駅に向かった。久しぶりにみるお姉ちゃんは、もう高校を卒業し、大学生になっており、また一段と美しくなっていた。お姉ちゃんは、「背、伸びたね」と言ってくれたけど、まだお姉ちゃんの方が高い。170cm近くあったから・・・今となっては俺の方が高くなったけど、俺にとってはいつまでもお姉ちゃんだ。俺の家は狭いので、お姉ちゃんは同じ町にある俺のばぁちゃん家に泊まることになっていた。残念だったけど仕方ない・・・その日はお姉ちゃんにこの町を案内したりしていた。なにより明日は夏祭りがある。お姉ちゃんは「一緒にいこうね」と約束し、俺達はそれぞれ帰路に着いた。本当は、俺もばぁちゃん家に泊まりたかったが、やはり中学生はマズイだろ、と思っていたし諦めていた。それより、明日はお姉ちゃんと夏祭り・・・そう想うと、その日はなかなか寝つけなかった・・・次の日、俺は早めに風呂に入り、お姉ちゃんを迎えに行った。午後7時、すでに祭りは盛り上がっていた。どちらからと言う訳でもなく、お姉ちゃんは俺の腕を組んできた・・・すごく恥ずかしかった。腕にあたる柔らかい感触・・・風呂に入ってきたのだろう、ほのかな石鹸の香り・・・俺の顔は真っ赤になっていたに違いない。それから俺達は、いろんな屋台をみてまわった。一緒にたこ焼を食べたり、輪投げをしたりと他愛のない事だったけど、俺にとっては初めてのデートの様なものだ。周りからみればまったく釣合のとれてないカップルにしかみえなかっただろう。ある屋台で、お姉ちゃんは俺に時計を買ってくれた。千円もだせば買える様なミッキーマウス柄の腕時計だ。男の俺が持つには、恥ずかしい代物だが、お姉ちゃんが買ってくれた物だから嬉しかった・・・今となってはもう動く事はないけど、その腕時計は今でも俺の宝物だ。それからこの祭りには肝試しがある。こう言ってはなんだが、この町は結構田舎で、古い神社や竹林に墓場まで肝試しのコースにある。お姉ちゃんの目は輝いていた。お姉ちゃんはこういうの、大好きだからだ。俺はこういうの、大の苦手だった・・・でも、もう14才、お姉ちゃんの手前退くワケにはいかなかった・・・肝試しのコースを俺達は進んでいく、と言うか、俺が先頭に立ってだ。怖くて仕方な

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

14才の夏、・・・俺は期待に胸を膨らませ、大学生になっ、明日はお姉ちゃんと夏祭り・・・そう想う、俺は早めに風呂に入り、午後7時、俺にとっては初めてのデートの様、千円もだせ、両親に電話で、午前1時40分頃を指し、・・・久しぶりに味わうお姉ちゃんの美しい乳房・・・それはとても柔らかく、・・・おさまる事のないペニスで、・・・俺の亀頭がお姉ちゃんの乳首に触れた瞬間、未知なる液体が吐き出された・・・俺はしばらく放心状態になっ、お姉ちゃんの乳房などにかかった液体を綺麗に拭き取った・・・俺は激しく後悔、恋人同士のキスではなく、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト