性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

苺すぺしゃる (近親相姦の体験談)

TD000071
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

「おにぃ・・・起きてる?」おにぃの部屋の電気を付け部屋のなかに入る。電源を切ってある携帯と空のペットボトルが数本・・今朝からこの状態だった。「・・・・・・zzzz・・・・・・・zzzzz・・・・・・」心地良さそうな寝息が聞こえる。計算するともう16時間はこのままだった。さすがに起こさなきゃいけない。「おにぃ・・・おにぃ〜・・」「・・・・・・・・」反応が無い。「おにぃ!おきてよぉ・・・」「んんん〜・・・・・・zzzzzzz」やはり駄目だった。疲れたおにぃは寝起きが悪い。私はおにぃの上に跨って顔を掴み左右に引っ張りながら声をかける。「おにぃ・・おにぃ。。寝すぎだょお・・」「ぅぅぅ・・・・・・・〜ん・・、、、おはよう・・・」「もう夜だょ・・・疲れてたの?」「うん、、レポート書き終わったら疲れちゃって。」「まだ眠い?」「いや・・・大丈夫・・」「お腹すいた??」「ああ・・・何かある?」「今から作るから待ってて。あ、お風呂沸いてるから元気あるなら入ってね」「ああ・・・」(やっぱり軽いものがいいかな・・・)おにぃがお風呂に入ってる間にリゾットを作る。出来上がったリゾットと水を持っておにぃの部屋に行く。部屋に入るとお風呂上りのおにぃがソファーで腰にタオルを巻いただけの格好でぐったりしていた。(ソファー=リサイクルショップで買った怪しげな二人がけのソファー)「おにぃ・・・・生きてる?」「ああ・・何とか」「作ってきたけど食べる?」「うん・・旨そうだな・・・」ソファーから立ち上がろうとしても力が入らない様子のおにぃ。「おにぃ。そのままでいいよ・・」「??」お皿を持ったままおにぃの横に移動してソファーの手すりに座る。「はい・・あ〜んして、おにぃ」スプーンによそっておにぃの口元に運ぶ。「い・・いやちょっと待て・・大丈夫だって・・・」「だ〜め。おにぃはすぐ無理するから・・・さっきから手に力入ってないでしょ?」「う・・・でも恥ずかしいし・・・」「私に見られて恥ずかしいことなんて無いでしょ?早く食べないと冷めちゃうよ?」おにぃに食べさせながら私は聞いた。「おいしい?」「旨い・・でも最近ホントにレパトリー増えたよな・・・」「何でか分かる??」「さぁ?」「おにぃが美味しそうに食べるからもっと作りたくなっちゃうんだよ・・。」「可愛いやつめ・・」軽く髪をクシャクシャって撫でられる。「おにぃ・・水飲む・・?

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

もう16時間はこのまま、。あ、お風呂沸いてる、部屋に入るとお風呂上りのおにぃがソファーで腰にタオルを巻いただけの格好でぐったり、二人がけのソファー)、「おにぃ・・・もう一口飲む?」、「えへへ・・・おにぃより身長が高くなったみたい」、耳にやさしくキス、耳を舌で愛撫、「舐め、おにぃの耳から首筋あたりまでを何度も舌で往復、下着はきっと洗濯物、私は上半身の服を脱い、おにぃの顔に胸を軽く押し当てる、感じ・・恥)、段々と自分の乳首が硬くなっ、唾液まみれに、そのまま本格的にフェラチオに以降、たっぷり30分ぐらい口の中で舐め、「じゃぁ・・・今度はベッドに仰向けに寝、少し腰を上げるとおにぃのお腹らへんが濡れ、コンドームをおにぃのに装着、騎上位のまま繋がる・・、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト