性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

メグミの場合 (レイプ体験談)

TD000073
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

わたしはメグミといいます。苗字は…申し訳ありませんが、勘弁してください。自分の生き方を捻じ曲げられる出来事に遭遇してから、もう6年も経ちました…いえ、過去形で言うのは間違っていますね。それは、今でも続いているのですから…当時のわたしは12歳。地元の市立小学校に通うごく普通の小学校六年生でした。わたしには、この時大学3年になる兄がいるのですが、年が離れている割には仲よしでした。どちらかというとわたしが一方的に甘えてわがままに振舞っていた、という方が正しかったですけど。その年、A大学の教養学部を春に修了して本校に通う様になった兄は、松岡(仮名)という経済学教授のゼミを選択し、程なく松岡ゼミの友達を家に連れてくるようになりました。人見知りをしない方だったわたしは、すぐにその人たちとなかよくなり、まるでわたし自身が松岡ゼミの一員である様な顔をして輪の中に入る様になりました。A大学の経済学部の男女比率は五十対一くらいで、松岡ゼミのゼミ生も全員男の人でしたが、それだけにわたしは何だか王女様のような気分になっていて、彼らにチヤホヤされる事に有頂天になっていたのだと思います。夏休みも近づいたある日、そのうちの一人から、大学が夏期休暇に入るとすぐに松岡ゼミの合宿があり日本アルプスにあるT高原の貸し別荘で一週間、勉強会をすると聞かされました。T高原といえば有名な観光地で、わたしは以前から行ってみたいな、と思っていたので、聞いてすぐ、自分も合宿に連れて行け、と兄に言いました。「おい、無理言うなメグミ。遊びじゃないんだぞ」日頃はわたしに甘い兄も、流石に首を縦にはふりませんでしたが、意地になったわたしは、なんとしても行きたくなって、その後に家に来た人たちにも頼み込みました。日頃はわたしと仲が良かったゼミの人たちも、あきらかに迷惑そうな様子でしたが、意外にも、そんなに口を利くほうじゃなかった人たちが賛成してくれたのです。「いいじゃないか。別に邪魔をする訳じゃないし。メグミちゃんがいた方が楽しいよ」それは兄の先輩にあたる四年生の三人で、松岡ゼミの幹部にあたる人たちでした。発言力のある三人が賛成した事で他の人たちも反対しなくなりました。数日後、兄から松岡先生も参加していいよ、と言ったと聞かされ、わたしは大喜びでした。8月に入ってすぐ、わたし達は夏季合宿に向かいました。参加者は松岡先生の他、兄を含め

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

もう6年も経ちました…いえ、…当時のわたしは12歳、地元の市立小学校に通うごく普通の小学校六年生、この時大学3年になる兄がいるの、松岡(仮名)という経済学教授のゼミを選択、A大学の経済学部の男女比率は五十対一くらい、それは兄の先輩にあたる四年生の三人、それでもカプセル型のシャワー・ルームが付いた一人用の寝室を特別に割り当て、大学生の男の人たちと同じ部屋に寝るのはいや、ちょっと舐め、服を脱ぎ、身体が、鎖から垂れ下がったロープで縛られ、下着ひとつ身につけ、裸で縛り上げられたわたしの目の前に立っ、股間に突き出した赤黒い男性自身が、身長143センチしかないわたしの裸身にのび、米粒くらいしか無い乳首をこすり上げられる、おヘソの下のあたり…まだツルツルのアソコを撫で始めました、先生は再びわたしの乳首をしゃぶり、クリトリスの豆の先端が、こんな形で処女を奪われるなんて、先生は何の感慨も抱かなかった様に、12歳のわたしを犯し続けました、。ゴムなんぞ使っ、吊り下げられた両手首の縄を解かれ、別の二人はわたしの脇に座り込ん、手のひらで自分のペニスを握らせたり、しかもそれを撮影、。牝奴隷ちゃん」、それまでソファーに座りこん、フェラチオを命じられ、舌を使え、呼吸も満足に出来なくなりました、オシッコに濡れた床に、幼い肉体を犯される日々が続きました、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト