性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

バックが好きな女 (泥酔状態での体験談)

TD000077
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

1960時待ちしてた194sageNew!04/03/2600:13ID:Uj96PfJl会社のエライさんがセッティングしてくれた飲み会。そこに招待されてたのがM子。その二週間ばかり前にやった展示会で外部からバイトで来てもらった子だった。変な意味じゃなく彼女を気に入ったエライさんがいつのまにか後日の慰労会っていう名目で約束を取り付けていたんだとか。さすがに出世する人は違います。1970時待ちしてた194sageNew!04/03/2600:14ID:Uj96PfJl展示会の時から俺ら若手(二十代は一応こういう扱い)は「あの娘イイネ!」って意見が一致してた。すごい美人ってわけじゃないんだけど上品で穏やかな雰囲気。長身スレンダーな22歳。過剰じゃ無い明るさ。清楚なお嬢さん、ってのが俺の第一印象。でも裏方で駆けずり回るのが展示会での若手の役目だからチラっと雑談程度はできても連絡先抑えるまでの芸当は誰もしていなかった。それが期待もしてなかった飲み会って形で再会出来たんだ。1980時待ちしてた194sageNew!04/03/2600:15ID:Uj96PfJlただM子が来るのがギリギリまで確定しなかったそうで当日になって突然若手男子限定で招集という流れ。意地悪なことに特別ゲスト有りってことは伏せられてた。強制参加じゃなかったから、仕事の都合や別口の予定ありとか飲み会は基本的には嫌いな奴とか、そんなのも多くて、ほんの数人しか集まらなかった。後から悔しがってたのもいたな。2000時待ちしてた194sageNew!04/03/2600:16ID:Uj96PfJlさらに俺の幸運は続いた。俺以外にはそれぞれ事情があって一次会終了で全員自主脱落。サバイバルレースを戦う必要さえなく俺に棚ボタチャンスが。二人だけの二次会にお誘いするとすんなりOK。実はM子も展示会の時から俺がちょっと気になってたんだとか。普段そんなにモテるわけでもないっていうのにね。二次会でそれを知って一気に打ち解けた。そこまでは名字で呼んでた俺もM子さんに切り替え。今後の継続が見えた俺はすっかり余裕。今日は紳士的に振舞って好感度up狙いでいいや、って。いい娘だから大事にしたいっていうのと、即日ヤラせるような軽い娘であって欲しくないっていう誠に勝手な思い込みです。2020時待ちしてた194sageNew!04/03/260

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

194sageNew!04/03/2600:13ID:Uj96PfJl会社のエライさんがセッティング、れてたのがM子、その二週間ばかり前にやった展示会で外部からバイトで来、(二十代は一応こういう扱い)、すごい美人ってわけじゃないん、22歳、俺の第一印象、サバイバルレースを戦う必要さえなく俺に棚ボタチャンスが、普段そんなにモテるわけ、愛おしさ倍増、服を脱い、それでも上着を脱ぎブラウスの首元のボタンを緩め、M子はベッドに横になった、「M子ちゃん・…君を抱きたい。でも無理かな、まだ調子悪い?」、シャワー・…」一緒を恥ずかしがるのを無理強い、キス。もう酒や胃液の匂いも無かった。丁寧に磨い、首筋から背中、唇と舌を這わせた、「フ・…ウフ…ウ・…ァ、アン・…あっ」、乳首に行くべき段階、前にスペースくれるように口説くん、そこにはチョボンとすぼまった綺麗、舐めるに抵抗はない、クリトリスも目視確認出来た、ここらで可愛い口でも、コンドームを装着、「アウ・…あん・…」と甘い喘ぎに勇気百倍。しかしこのスタイル、力で無理矢理引き上げられる不安定感と貫かれる快感が入り交じっ、。右手は胸の前に回りそこに上半身の体重を預け、M子に寄り添いまずは今のエッチを誉めまくり、以前に付き合ってた奴にずいぶん酷い言われ方、フィニッシュはこれが定番になってたな、四円、泥酔女をお持ち帰り☆九日目、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト