性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

二人目の親父 (泣ける体験談)

TD000097
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

漏れには親父が二人いる(いた)。本当に血のつながった親父は漏れが幼稚園の頃に交通事故で突然死んだ。ガキすぎて人の死が理解できなかった漏れは葬式の時も元気に走り回り、周りの人の涙を誘っていたらしい。漏れが消防の高学年になりつつあるころ、おかんが一人のおじさんを連れてきた。おじさんというにはまだ早い、30代後半のその人は体格もでかく、顔も外人みたいに彫りの深い、本当の親父とは似ても似つかない人だった。その人は杉浦さんと言ったので、漏れ達姉弟は「杉さんのおじさん」とずーっと呼んでいた。何度か通ううちに、いつしかおじさんは漏れの家に住むようになり、漏れが厨房になるころには立派に家族の一員になっていた。市場に勤めていたので朝早く、毎日4時に起きて仕事に行くくせに晩飯の用意とか片づけを手伝ってくれたり、漏れの悪い友達が家に遊びに来た時にはゴルフクラブを持って追い返してくれたり、漏れはいつしか「親父ってこんなもんかな」なんて思うようになっていた。漏れが高校に入るとき、漏れの高校はたまたま学ランからブレザーに変わる年で、漏れ達が初の生徒だった。学校でサイズをしっかり計って注文し、家にブレザーが届いた。漏れは嬉しくなってしまってそれを着て家の中を走り回っていた。その時、杉さんのおじさんが家にちょうど帰ってくると、漏れのブレザーを見るなり一言。「ちゃちなアップリケだなぁ」確かにその制服にはダサいワッペンが胸についていたが、漏れはこれから三年間着るその服をいきなりけなされた事にめちゃくちゃ腹が立って「お前なんか大っ嫌いだ!」と言ってその場を去り、それからおじさんと口をきくことがなくなった。だがそれから一ヵ月後。おじさんが突然仕事場で倒れ、胃潰瘍で病院に運ばれた。漏れはその時、おじさんに対して「氏ね!」とか思っていたのであまり気にしなかった。おかんが看病の為に病院につきっきりになったのをいい事に夜遊びに没頭していた。だが、それからまた一ヶ月たって事態が急変する。胃潰瘍だと思っていたのが実は胃がんで、もってあと三ヶ月だというのだ。さすがに漏れもただ事ではないというのはわかって、心配するようになった。ただやっぱり心にわだかまりは残っていたので、見舞いには行かなかった。おじさんは漏れに会いたがっていたらしいが、漏れは7月になるまで全く見舞いに行こうとすらしていなかった。7月も終わりに近づくと、お

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

漏れには親父が二人いる、おかんが一人のおじさんを連れ、30代後半のその人は体格もでかく、その人は杉浦さんと言った、「杉さんのおじさん」、毎日4時に起き、学校でサイズをしっかり計っ、確かにその制服にはダサいワッペンが胸につい、漏れはこれから三年間着るその服をいきなりけなされた事にめちゃくちゃ腹が立っ、私と結婚、。新田さん、待合室のソファで眠った、朝7時ごろ、漏れの肩を汗でびしょびしょに、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト