性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

昭和40年代 (昔の彼女(彼)との体験談)

TD000107
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

俺には同い年の女のいとこがいる。今では三人の子持ちのいい母親だが、これは子供の頃の話しだ。彼女の家は地方都市の海辺にあったので、小学校の頃までは毎年夏休みになると、俺はひとりで泊りがけで遊びに行っていた。一日中海でいっしょに遊んで、海からあがると彼女の家のお風呂にいっしょに入ったりしていた。三年生くらいまでは俺も彼女も、まったく色気づいてない単なるガキだったから、おもちゃの船浮かべて遊んだりしていただけだった。ところが四年生の時に少し様子が変わった。俺が先に浴槽に入っていたら、彼女が胸と股間を洗面器で隠して入ってきたのだ。いとこは性に目覚めかけていたのだろう。だが俺はまだ全然目覚めてなかったので、そんな女心をまったく理解できなかった。「何やってんだよ?アホか?来いよ!」俺はその洗面器をむしり取るようにして彼女の手をとり、浴槽へと引っ張った。その瞬間、俺はドキマキした。彼女の胸と股間が、少しだけ膨らんでいたのだ。だからいとこは恥ずかしがったのだ。乳房の膨らみより、乳輪が膨らんでとがっていたのが印象的だった。去年までのいとこの体じゃなかった。俺のクラスでも、女の子の胸が膨らんだり、あの女は毛が生えたという噂がたったり、そんな話もぼちぼち出始めてはいたのだが、俺はまだまだ興味はなかった。だが仲良しだったいとこが、急速に女になりかけている様子を目の当たりにして、さすがに俺は動揺したのだ。もっとも性的に興奮したわけではないが。俺はそんな動揺を隠そうとして、わざと陽気にはしゃいで見せた。手で水鉄砲つくって彼女の顔に浴びせたり、乱暴に船を沈めたり、去年までのように、子供っぽく下品にふるまって見せた。彼女も安心したのか、以前のようにいっしょに遊んでくれた。それは去年までと何ひとつ変わらぬように見えて、俺もホッとした。性的にうれしいことなどまだ何も感じない。ただ、今までのように楽しく遊べなくなるのが怖かっただけだった。だが決定的なショックを受けたのは、その後だった。浴槽からあがった彼女が、俺に背を向けた状態で床においてある石鹸を拾ったとき、俺の目の前に彼女の性器の中身が、丸見えになった。毛こそ生えてなかったが、中身のヒダが見たこともないくらい色づいていて、しかもプックリと厚くなっているように見えたのだ。それまで、彼女の性器を(中身まで)見たことがないわけじゃなかった。同じようなアング

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

今では三人の子持ちのいい母親、一日中海でいっしょに遊ん、彼女の家のお風呂にいっしょに入ったり、ところが四年生の時に少し様子が変わった、彼女が胸と股間を洗面器で隠し、乳房の膨らみより、女の子の胸が膨らんだり、性的にうれしいことなどまだ何も感じない、ペニスが、射精を、小学5年の夏休み、オナニーの快感を知った、太腿の曲線も、小学6年の夏休み、セックスと妊娠のメカニズム、当の少年たちにはエロ本的、Tシャツからブラジャーが透け、ホットパンツからのびる白い太腿は、二時間くらい、五分くらいで終わったよう、いとこのベッドに図々しくどっかりと腰をおろし、キス、自分の性体験をサラリと言っ、「二回目からは全然痛くないよ。でもあそこがちゃんと濡れてない、。クリトリスってところがいちばん気持ちいい、なかみのお肉を、白い下着とむっちり、手塚治虫の、「では十秒間だけアソコが出ま?、脱い、感じでわれめをひらい、その可愛いらしい薄桃色のお肉が見えた、中学に入る、しかし俺はグレコのギターを抱え、彼女が結婚、いっしょに飲みに行ったの、ひさびさの再会に、(了)、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト