性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

急患の女子高生の診察 (その他)

TD000113
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

診察が終わって一息ついてた夜9時過ぎに「急患を診てもらえますか?」という電話がありました。最初、明日は休診日だし面倒くさいな…と思いながら診察を断るつもりでいましたが、聞くとその急患は17歳の女子高生ということだったので診ることにしました。数分後に来院した母親と制服を着た患者さんを、まだ残っていた看護婦さんが外来診察室に通しました。患者さんの身長は150cmぐらいで、ショートカットのかわいい感じの女の子でした。高校から家に帰り着いたら急に右の下腹部が痛くなったとの訴えがあります。腹部の診察をする為、着ていた制服のブレザーとベストを脱いでもらい、シャツを胸の下までまくり、スカートのホックを弛めておなかを診ました。そして排卵痛の可能性が高いとの結論を導き出しました。さらに詳しい診察やレントゲン、内診、炎症症所見をみる血液検査も必要なことを説明しました。女の子はちょっと当惑したような顔をしましたが、母親は即座に「お願いします」と言いました。私は患者さんには「今から検査がありますから検査着(浴衣の短いようなものを想像して下さい)に着替えて下さい。下着はとってその上に検査着を着て下さい。お母さんは待合室でお待ち下さい。」と言い、私がカルテを書いている目の前で患者さんに更衣を求めました。少女は下着を取ることには抵抗があるらしく、私に「下着もとるのですか?」と尋ねました。私はカルテの記載や検査の伝票の記載に熱中していましたから何を尋ねられたのかわからないままに生半可な返事を「はい」としてしまいました。このとき女の子は観念してブラジャーもパンツも脱いで検査着1枚になったのでしょう。そばにいた看護婦は、女の子に「今からここは掃除ですから脱いだ制服や下着はお母さんに預けておきますね」と言い服を脱衣かごごと持っていってしまいました。診察室の向かいのレントゲン室に女の子を連れて行くと、まず、お腹の厚さを測らなければなりません。一番厚いところで測ります。測定器を検査着の上から体にあてると、バストが意外に豊かであることに気づきました。機械をセットし、撮影台に前向きに立たせてレントゲンを撮ります。撮影部位に正確にレントゲンをあてるのは検査着の上からでは私には難しく(慣れた技師さんは可能と思います)、検査着を脱いでもらうことにしました。検査着のひもを弛めて前を開くと豊かな張りのある乳房が露わになり

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

一息ついてた夜9時過ぎに、電話がありました、その急患は17歳の女子高生ということ、患者さんの身長は150cmぐらい、ショートカットのかわいい感じの女の子、制服のブレザーとベストを脱い、シャツを胸の下までまくり、下着はとっ、少女は下着を取ることには抵抗があるらしく、ブラジャーもパンツも脱い、検査着1枚になったの、バストが意外に豊か、撮影台に前向きに立たせ、張りのある乳房が露わになりました、乳首は小さくピンク色で少し立っ、全裸での診察が始まりました、もちろん彼女には初体験、膣口が見えます、膣口を取り囲む襞は処女膜、白い愛液が流れ出しました、ゴム手袋とキシロカインゼリーを付けた私の人差し指が彼女の肛門に挿入、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト