性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

新潟少女監禁事件 (エロくない体験談)

TD000124
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

新潟少女監禁事件の9年間の監禁生活について考えていきたい。アニオタテンパキチガイ高卒童貞最下層放置対象であり生産性も無く地球上でもっとも無意味に酸素を貪っている29歳無職男性の今までの人生はまるっきり他者から構われず、むしろいじめられっ子を尻目に自分は加害者側になることも出来ず逆に被害者側にすらなら無い、まるで人間の視界に入るような生き物では無いほどだった。それは単純に存在感が無いという言葉では片付けられないほど陰湿であり太陽の下を歩いてもその男性にだけは日の光すら降り注がないほどなんだろう。そして自分が制圧できるであろう女児に対して性欲が向けられビデオや本では無く実物の生の感触・質感を味わいたいと思い犯行に及んだのだろう。もちろん監禁目的は少女に対する悪戯なのは確実なので、29歳無職男性が狂ったような目・荒い息遣いで小学校4年生の少女に近寄り、自分の乱暴に耐えられるような頑丈そうな少し太った少女を選んだのだろう。連れ去る瞬間の背徳感に潰されそうになる感覚と嫌がる少女の姿と声は今まで体験したことが無いほどの快楽だったことだろう。そして少女の手首を強く掴み階段を引きずる様に上がり部屋に入れるとすぐに下半身の精液が滲み出てジュクジュクとしている皮に包まれた包茎短小ペニスを掴み出し、少女のスカートを捲り上げパンティーだけを強引に引き剥がすと床に強く押し倒し、いくら短小ペニスと云えどとても入るわけが無さそうな閉じた膣口に無理矢理ねじ込むようグリグリと押し付け、身体ごと少女にのしかかり子宮を越えて内蔵器官まで掻き回してしまうのでは無いかというほどズブズブと根元までねじりながら挿入し、泣き叫ぶ少女に構う事無く擦り切れそうな使用用途さえまだ不明な未発達の膣内を無職男性の嫌な臭いを発し生温かくとても醜いモノで犯してたのだろう。そして監禁生活が始まり、当初は休む間も無く未発達な性器に対し執拗なまでの無職童貞男性による愛撫が続き、泣き喚く少女を黙らせるため大声を出す度に殴る蹴るの暴行を振るっていたんだろう。そして便意をもよおし訴えるものの聞き流され、敢え無く衣服や下着を着用したままその場で漏らしてしまい、それにより無職男性の怒りが増幅され暴力はさらに酷くなり次に便意をもよおしたときは何か容器(小便ならペットボトル・大便ならカップメンの容器)などを差し出されるがそれも受け容れられるわけも

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

新潟少女監禁事件の9年間の監禁生活について考え、アニオタテンパキチガイ高卒童貞最下層放置対象、29歳無職男性の今までの人生はまるっきり他者から構われず、女児に対して性欲が向けられビデオや本では無く実物の生の感触・質感を味わいたいと、目・荒い息遣いで小学校4年生の少女に近寄り、連れ去る瞬間の背徳感に潰されそうになる感覚と嫌がる少女の姿と声は今まで体験、皮に包まれた包茎短小ペニスを掴み出し、閉じた膣口に無理矢理ねじ込むようグリグリと押し付け、身体ごと少女にのしかかり子宮を越え、挿入、臭いを発し生温かくとても醜いモノで犯してたの、敢え無く衣服や下着を着用、ペットボトル・大便、カップメンの容器)などを差し出される、冬以外の春・夏・秋は常に全裸での生活を余儀なく、監禁1ヶ月目を過ぎる頃には暴力を伴なう強引、朝・昼・晩に1日3回の義務化作業化、薄暗くせまい一組の万年床と化した布団を舞台に完全に少女と二人きりでの生活を、性格までも理解、妊娠の危険性の始まる日々が開始、風呂にも入らず身体を拭く事も、事態は避けるために膣内での射精は控え主に口唇性交を1日1回程度、せた瞬間には自分自身の中にも多少の満足感みたい、SEXによる充実感や恍惚感は確実に感じることが出来るようになり無職男性からは軽くなったに、それはまるで結婚を、二人の男女のようになっ、身体はかなり痩せ気味、日々常に女性ホルモンを過剰に分泌、影響でバストやヒップの成長は著しくまさに女性として理想的、筋肉の発達もなくその姿たるや吉川ひなの体型、無職男性とだけの愛の生活、ベッドに寝かされ栄養分を摂取、明るい小学校の景色、綺麗、おぼろげに記憶にあるおばさんやおじさんの顔、あたしが元気に見えたの?すぐにベッドに潜り込ん、トイレを使うのは抵抗が少しあった、新潟の女性9年間監禁事件のはつこーはんという言葉が聞こえ、30分間話し、あたしはコンビニで朝9時から夕方5時まで働い、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト