性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

♪同級生の鈴木さんの噂 (学校での体験談)

TD000145
カテゴリー: 男性視点 男(大学生)

テクスト冒頭部分

俺は都内の私大に通ってたんだけど、その当時商学部の「ある」女子生徒がAVに出てるという、実しやかな情報が流れ始め、俺を含めた当時の同級生は真偽を確かめたくて情報の出所を確認し、そのVideoを買って(レンタルでは無かったので)「似てる」だの「別人」だの騒いで盛り上がってた。Videoの中身は結構過激な物でモザイクで細部は見えないものの、最後は顔射でフィニッシュとか口内とか。結局、静止画にして背中や首にあるホクロなんかを頼りに判別をしよう、ということに。「ある」女子生徒の名前が判明し、いよいよ商学部に乗り込み(俺と同級生は全員法学部)、法学部に関係有りそうな「商法」の授業なんかを受けて、その女子生徒「鈴木さん」を必死こいて探しまくった。結構な人数だから最初は見つからなかったけど結局、もともと情報を知ってた奴から聞いて「鈴木さん」を発見。つまんねえ授業を前の方で受けている真面目な生徒ぽかった。(前にいたので見つからなかった)こっちは5人いたので1人づつ毎週側に座って、例のホクロを探すことになったが季節も秋くらいで肌ける様子が無い。そうなると後は顔と声などで判別するしかないのだが、どう見てもそんな事が出来るような顔をしてないし(清純でかわいい)、そう思うと余計顔と声が似てる様な気がしてくるし。。そんなことを繰り返しているうちに、噂は沈殿化してしまい、俺たちの熱も一時期よりは冷めて「結局うわさだったのかな」という事で落ち着いてしまった。それが大学2年頃だったんだけど、3年からはキャンパスが移動になってまた新たな学生生活が始まった。鈴木さんの事など忘れていた俺は、とある場所でバッタリ会うことになる。それは大学のゼミでの飲み会で、違う学部ながら同じ小さなゼミに入ったことを知り、確かに先輩が「すげーかわいい娘が入ってくるから、お前も●●ゼミにしな!」と言っていた対象がその鈴木さんだったのだ。「はじめまして」と言った瞬間から、どうもAVを思い出してしまい顔が赤かったらしく、先輩からは「何、照れてんだよ!」とか馬鹿にされつつ、でも鈴木さんは何か言いたそうなんだけど、先輩たちは全員鈴木さんと仲良くなろうと、講釈をたれまくってる。3時間くらいの飲み会は一瞬で終わりに近づき、鈴木さんが話しかけてきたのは最後の最後、5分くらい。「前にわざと隣に座ってきたよね?●●キャンパスの頃?噂も流してた

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

最後は顔射でフィニッシュとか口内とか、「鈴木さん」、こっちは5人いた、1人づつ毎週側に座っ、それが大学2年頃、3年からはキャンパスが移動になっ、居酒屋に入った、自分でブラウスの隙間を広げ、その口からは唾液をだらだらこぼしてたのが、「エッチが好き、「悪くないよ、俺もセックス大好き、「今も美加、大人ぶった感じで対応、掘りごたつの中から彼女のつま先が俺の内股に入っ、股間を触れようと、「恥かしくないよ。私も濡れてるよ。」、「美加のカラダと美加自身、どっちに興味があるかわかりやすいもん」、左手で自分のパンティを横にずらしてる、既に濡れまくってる鈴木さんのアソコはピンクと、俺は一回出し、俺も当然彼女のクリと指を一緒に舐めようと、中指と人差し指を第二間接から折り曲げた指がグッチョングッチョン音を立て、胸を揉め、左手は中指が鈴木のアナルをさすってる状態で、小刻みに肩が揺れ、9階建の最上階にある彼女の部屋はやはり普通の学生が住む感じよりもハイレベル、部屋に入ったらすぐに服を脱ぎ始めた俺と鈴木さん、。しゃぶっ、チンポを両手で撫で回し、快感が全身を駆け巡り、その景色だけでイキそう、チンポを綺麗に舐めあげる鈴木さんに俺ははまりまくった、俺をベッドに残し、自ら右手でクリトリスを擦りだし、4回目の勃起、ズブズブと挿入、その日はそのまま朝まで二人で裸で寝、あれほどのセックスは26となった今でも経験出来ない、携帯電話に連絡が来たのはその2週間後、鈴木さんは結婚、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト