性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

〜えり(1)〜 (恋人との体験談)

TD000166
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

もう10年以上前のことだ。俺は厨房だった。2年のバレンタインにクラスメイトの「えり」からチョコを貰った。それを切欠に付き合うようになった。えりは丸顔で、大きなクリットした目をしている、ショートカットの髪がすごく似合う。身体つきは小柄(153cm)でほっそりしている。成績はクラスで1~2番だ。それに引き換え俺は馬鹿で、成績は下から1~2番、野球部だが馬鹿なのでピッチャーとの駆け引きができないが、馬鹿力で当たるとホームランなので代打要員だ。なぜそんな俺をえりが気にいってくれたかは分からない。付き合っていたといっても厨房なので、休み時間に雑談やクラブの無いときに一緒にかえるくらいで、半年くらいは何もなかった。でも、俺は毎日、えりを思ってマスをかいていた。俺は馬鹿なので、中3の夏休みは補習だ。補習は午前中だ。午後は遊びに行きたかったけど、えりはそんな俺を家に呼んでくれ勉強を教えてくれた。えりの両親は共働きで、一人っ子なので、家の中は2人だけだった。1日は我慢したが、次の日にはやってしまった。もう、朝からやろうと思っていた。補習を受けながらも、チャンスを考えていた。でもやはり馬鹿だから、いろいろ考えていたらわからなくなって。補習が終わったら、えりの家まで走っていって、玄関でいきなり、えりを押し倒してしてしまいました。えりは抵抗したけど、馬鹿力で180cmある俺には何の力にも感じなかった。えりのTシャツを無理やり脱がし、ブラジャーも上にずらし、生乳にご対面した。細い身体には似合わない、大きな乳だ。俺は思わず吸い付いた。何もテクニックを知らないころだから、赤ん坊みたいに吸い続けた。ズボンの中で痛いほど硬くなっていた俺の分身は爆発した。それでも俺は夢中だった。濡れたズボンをパンツと一緒に脱ぎ捨てた。自由になったオチンチンはさらに硬くなった。まだ、えりは抵抗を続けていたが、それは構わずパンティを剥ぎ取りました。俺はオチンチンをえりのオマンコに押し当てて入れようしたが、上手く入らなかった。何度かオチンチンの角度を変えてトライしているうちに、オマンコに亀頭が入った。何かゴムみたいに弾き返す弾力を感じたが、さらに力を入れたらスルット根元まで入ってしまった。熱い体温と心地よい弾力感がオチンチンを包んだ。俺は夢中でオチンチンを動かした。秒速2~3回は動かした、30秒ぐらいで俺はまた爆破した。も

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

もう10年以上前のこと、2年のバレンタインにクラスメイトの、それを切欠に付き合うようになった、身体つきは小柄(153cm)でほっそり、成績はクラスで1~2番、ブラジャーも上にずらし、何もテクニックを知らないころ、濡れたズボンをパンツと一緒に脱ぎ捨てた、それは構わずパンティを剥ぎ取りました、何かゴムみたいに弾き返す弾力を感じた、秒速2~3回は動かした、上着を脱ぎ裸になった、ベッドに座らせる、キスを、むしろ積極的に舌を絡め、ピンクの乳首が可愛い、エロビデオを思い出し、一日でもやれないのは我慢できない、男子更衣室は0619、小学校の近くから電話、さっそく二人で門を乗り越え、特有の消毒薬の臭いと湿度が高い感じが、ブラのホックを外した、俺のチンチンはもう我慢できなくなっ、それとともに俺が出した精子が、えりの太ももを流れ落ちた、俺はオチンチンをえりに舐め、綺麗に、えりは手を俺の肩のところについて、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト