性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

社員旅行で S子とY子 (会社での体験談)

TD000172
キーワード: 社員旅行
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

もう数年前になりますが、うちの会社は地方の零細企業、私は勤めてから2,3年の若造、社員は当時28人位でしたが、当時は仕事もそれなりにあり、新入社員を毎年入れており、私が入った頃には平均年齢50オーバーだった会社もだんだんと若返ってきた頃でした。当時私は21歳(推定)。会社の女子社員はというと、事務にはおばさん1名、23歳(普通顔)1名20歳ぽっちゃり(やや太)1名、技術職で20歳(普通)1名。というラインナップ。私以外に若い男といえば、25歳、28歳、30歳、・・と、私より年上、風貌も、私が言うのもなんですが、あまりさえない方々でした。当時私は独身で、会社のアパートに住んでいました。そのアパートには私のほかに会社の人間では、事務の23歳(T子)と20歳(Y子)がすんでいました。T子は彼氏もいたし、わりと難しい性格で、あまり付き合いがありませんでしたが、Y子とは歳が近いこともあり、彼女の入社当時からわりと部屋を行き来することがあり、わたしには彼女がいたものの、いつしかよからぬ関係になってしまっていました。社員旅行の日がやってきました。社員旅行とはいってもその旅行は、社員で組織する組合が主催する旅行で、一泊二日で民宿に泊まり、おいしい物を食べる。という趣旨の簡単な物でした。当日の出席者は、男性は社長を除く全社員。女性はY子と技術職の20歳(S子)の2名でした。宿泊先の民宿は、海沿いにある普通の民家を大きくしたくらいの(まあ、民宿なんて大体そんなもんでしょうが)感じで、その日の宴会は海の幸を存分に味わい、食後は皆で外へ出て花火をしたり、麻雀をやったりと、バラバラにすごしました。部屋割りは、男たちは大部屋一室、女性は6帖程度の部屋が一室でした。夜も更け、しばらく男部屋で遊んでいた女性陣も、自分たちの部屋へ戻っていきました。男たちはまだ起きていたものの、私はだんだんつまらなくなり、そっと女性陣の部屋へ行ってみる事にしました。女の子2人はテレビを見ていました。そこへ私がお邪魔して、飲みながらおしゃべりをしていました。私とY子の関係について、S子は当然知るはずも無く、わたしたちもばらすつもりもないので、それなりに振舞っていたつもりでしたが、どうしてもスキンシップが増えてしまいます。しかし、S子もわりとそれに抵抗無さそうに、私にY子と2人して化粧をしたりして、遊んでいました。会話は

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

2,3年の若造、当時私は21歳(推定)、事務にはおばさん1名、(やや太)、わりと難しい性格で、あまり付き合いがありません、一泊二日で民宿に泊まり、女性はY子と技術職の20歳、2名、宿泊先の民宿は、感じで、女性は6帖程度の部屋が一室、化粧を、しばらく3人、「最近すげー肩こるん、彼女の寝まき代わりの単パンの間から下着がちらちら見えました、彼女はノーブラ、しかも乳首は気持ち立っ、確かY子はEカップ、だんだんエッチ、私の股間を覗き込みます、(っていうの?蛍光灯の一番小さいあかり)、彼女は次にパンツの上から名で始めました、そう簡単にフィニッシュ、彼女の胸へと手をかけました、私の体に彼女の体重がかかりました、ちょうど手のひらに納まるくらいのサイズ、彼女の口へキスを、私はそのとんがった乳首に舌を這わせました、しばらくの間彼女の胸を舐めまわし、パンティ越しに割れ目に手をやる、クリトリスを舌でそっと舐めまわす、私は正上位の体制で彼女に挿入、もともとY子は濡れやすいのは知っ、ありボリューム万点、カリの部分を攻め、ビクンビクンと精子を搾り出しました、彼女ともう一度ディープキスを、私はそのまま口をS子の乳房に持っ、Y子は今度は茫然自失の私のチンコをしゃぶり始めました、逝ったS子の隣でY子とセックスを始めました、私のテクニックではどうにもイカ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト