性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

先輩と・・・(後日談あり) (会社での体験談)

TD000180
カテゴリー: 女性視点 

テクスト冒頭部分

小さい会社で働き初めて1年半になります。やっと周りの人とも対等に話しができるようになって、仕事もスムーズにはかどるようになりました。よく面倒をみてくれる男の先輩がいます。私は彼氏もいるので、先輩のことを好きとまではいきませんが、ちょっと気になる程度でした。先輩は後輩をよく面倒みているので、あこがれの気持ちもありました。私はいつも2階の事務所にいます。2階には私を含めて、計5人います。いつも3人は営業に行ったりしているので、実際は2人しかいません。先輩の席は1階にあるのですが、ちょくちょく2階に上がってきては私のことを気遣ってくれました。ある日、いつもいる隣の席の男性も営業に出て行って、私一人だけでした。いつものように先輩があがってきて、「今日は一人なんだ」と話し掛けてきてくれました。「そうなんです。営業に行っちゃって。でもたまには一人もいいかなー」みたいな感じで世間話を話していました。そのとき私は憧れの先輩と二人きりで内心すごくドキドキしていました。話初めてなぜか私の彼氏の話になりました。私の彼氏は転勤で大阪にいるのですが(私は東京)約2年くらは帰ってこれなく、遠距離恋愛になっています。「彼氏と会えなくて、さみしくないの?」と聞いてきました。「あんまりあえなくて、さみしいけど、我慢するしかないですしね」と明るく返しました。そしたら先輩が立ち上がって、座っている私を後ろから抱きしめてきました。びっくりして、声も出ませんでした。「いつもそうやって笑顔でいるけど、本当はすごくさみしいんでしょ?」と耳元で言ってきました。私は何も言葉が出なく、固まっていました。すると先輩はそう言うと手を離し、「ごめんね。なんか、抱きしめてくなって。ごめん。彼氏いるのに迷惑だよね!」といつもの先輩の調子で言ってきました。「いや、そんなことないです。全然平気です。気にしないでください!」と私は返しました。「今度、ごはんでもご馳走するよ。お詫びに・・。変なことしないからさ!」私は先輩のことをあこがれていたし、抱きしめれてすごくドキドキしたのでOKすることにしました。その日は普通に終わり、翌日に先輩とご飯を食べに行きました。窓際のテーブルに入り、ちょっとした個室になっていました。お互いお酒を飲み、会社でのグチや悩みなどを話していました。いい感じにお酒もまわってきて、先輩がトイレに行くと席を立ちました

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

小さい会社で働き初めて1年半になります、先輩は後輩をよく面倒み、私はいつも2階の事務所にいます、計5人います、いつも3人は営業に行ったり、私一人だけ、感じで世間話を話し、そのとき私は憧れの先輩と二人きりで内心すごくドキドキ、顔を持ち上げられキスを、「すごくやわらかいよ。ブラ、とってもいい?」、先輩の手は私の胸をやさしくもん、もうすごく乳首が立っ、乳首を舐め始めました、パンツが濡れ、「すごく濡れてるよ。エッチ、テクニックなど考えずに、先輩の指が私の中の1番気持ちいい部分を攻め、ゴムもつけ、ゆっくりと舌をからませ、するとブラウスの裾をスカートからひっぱり、「ああん・・・いくよ、「気持ちよがってる顔が好き、すぐに取引先に電話、彼氏の写真を見る、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト