性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

義弟 真琴 (近親相姦の体験談)

TD000207
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

結婚してもう二年が過ぎました。夫はいま単身で東京に。半年の期限だつたので、彼の家族と同居している事でもあり、彼が一人で赴任しました。夫は月に一度帰宅します。また私も月に一度彼の住む東京のワンルームに行き、掃除や洗濯そして料理・セックス・・。月に2回ほどの逢瀬でなんとか我慢をしています。だいたい2泊3日の予定で行き来しています。今は三月めになりました。あと半分の我慢です。まだ若い彼の両親と、彼の弟で高校3年の受験生との生活。義父も義母も共に働いています。パートの義母が大体の家族の面倒を見ています。長男の彼の結婚の第一の条件が家族との同居で、親の面倒を将来は観ることだったのです。付き合う時からその話を彼はしていたので、覚悟はしていましたし、婚約した時から家族とも付き合いましたので、なんとなく自然に生活しています。彼は同じ大学の先輩で、三つ年上。地方公務員です。東京の事務所への長期の出向なのです。私達はバスコントロールはしていません。妊娠したら銀行を辞める積もりです。残業が多くて肉体的にはかなりハードなのです。月末や決算時は毎日夜の10時頃までの仕事が続きます。彼も早く辞めるように言うのですが・・子供が出きるまで・・と私ががんばっています。彼のいない毎日は仕事に打ち込んで、気を紛らわします。しかし疲労が大きい時ほど、なにか・・身体がうずいてきて・・自分で自分を慰めてしまいます。遅くに彼と電話したりすると、きまってそのあとはオナーニに走ります。最近はほとんど毎日の状態。早く彼に会いたい・とおまんこをまさぐる日々。先日九時ごろ帰宅し一人母が用意した食事を済まし、入浴。部屋に戻りテレビを見ながら、バスタオルのまま・・ひとりでに乳房を強く揉でいました。乳首が大きく立ち、知らずに小さく声を漏らし・・下半身がうずいてきます。ベットに移り、うつぶせになって、乳房とおまんこを刺激し出します。クリトリスは完全に芽を剥き出し、小指の先ほどにまでふくらみ・・私の押し当てた指に当ります。私のクリトリスは大きいと、夫は好んでしゃぶるのです。だからますます大きく敏感になってしまう・・おまんこから湧き出す泉をクリの先端に塗りつけ・・コリコリと弾むように・・「イイ—っあーぁ」バスタオルは完全にはずれて、マッ裸でした。自分の指を、うつぶせになって腰を使い、おまんこに挿入。一本が二本にそして三本の指に向かっ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

結婚、もう二年が過ぎました、夫はいま単身で東京に、彼が一人で赴任、掃除や洗濯そして料理・セックス・・、月に2回ほどの逢瀬でなんとか我慢を、だいたい2泊3日の予定で行き来、付き合う時からその話を彼は、彼は同じ大学の先輩で、妊娠、肉体的にはかなりハード、月末や決算時は毎日夜の10時頃までの仕事が続きます、なにか・・身体がうずい、遅くに彼と電話、先日九時ごろ帰宅、バスタオルのまま・・ひとりでに乳房を強く揉でいました、乳首が大きく立ち、クリトリスは完全に芽を剥き出し、しゃぶるの、マッ裸、おまんこに挿入、一本が二本にそして三本の指に向かっ、私は脚を大きく広げ、私の後にお風呂から上がった弟が、ベットの上で全裸で・脚を広げ・・股間に指を入れ・・・声を激しく上げ、私の秘密のオナーニを観られた恥ずかしさや、私は欲望に濡れた目で彼を見つめ、軽くオシッコを漏らしたように・・おまんこから愛液を噴出、「・・おつぱい飲みたい・・」、軽く吸う、自分の愛液と彼の唾液で私の下半身はお風呂に入ったようにずぶぬれの状態、私も彼の口と舌の刺激で身体にはもう消す事の出来ない欲望の炎が・・そして一度だけ・・という彼の言葉に、彼を下から抱きかかえ、ベトベトになつた私のそこは、若い彼は八回、一夜で満足?私は誘うように言っ、彼の見送りで東京駅で別れました、私のおまんこは朝からのセックスの名残の物が・・下着はジワリと濡れ、私達の両親は両方共マダマダ元気、性欲も旺盛、何故か毎月私のおまんこをかなりの時間手で触っ、・・40台の先生は大学の大先輩、私のベッドに忍ん、私のお尻や太腿に、銀行を五時には退行、(義父は中学の校長になったばかりの52歳)、舐め始めます・・そしてそれを乳房にあてがい、ツイに右手が乳房からお腹・・そして下腹部に、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト