性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

初めての昼下がり2 (浮気・不倫の体験談)

TD000210
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

お茶して、お喋りするくらいぃいわよね。そんな軽い気持ちだったのです。平日の昼下がり、隣街のパチンコ店の駐車場で待ち合わせました。当時は、カメラ付き携帯が、今ほど普及していなかったので、お互いの車や服装をメールで伝え合いました。先に着いていた彼は、私の車が入って行くと、車外へ出て手招きしました。挨拶もそこそこに相手の車へ乗り込みました。私は、緊張の為、ハンカチを握り締めていました。彼に「綺麗で清楚な人だね。メールのイメージ通りだ」と言われてお世辞と分っていても嬉しかったです。暫く、車内で他愛ない話をして「お茶でも飲みに行きましょう」と言われ「はい」と返事をしたら、真っ直ぐラブホテルへ連れて行かれました。そんなつもりの無かった私は、驚愕し「帰らせて」と半べそで訴えました。彼は「お互い家庭のある身で、外をうろついていたら、却って危険でしょ?二人っきりでゆっくり話しをしたいだけだよ。嫌がる女を無理矢理、犯す趣味はないから、安心して」と言って笑いました。私は、納得したような出来ないような気持ちのまま、彼に手を引かれて入室してしまいました。部屋へ入ったら、彼は、ジュースを冷蔵庫から出して私に勧め、隣へ座り「華奢な身体だね。綺麗な髪だね」と言いながら、髪を撫で肩を抱きました。私は、身体を固くして下半身が密着するのを避けて、押し黙っていました。そんな私の気持ちを解そうと、彼は、色々面白い話をしてくれました。いつしか、私も打ち解けて話し始め、油断した隙にキスで口を塞がれ舌まで捩じ込まれました。驚きましたが、嫌などころか、そのキスが私を陶然とさせるほど上手く、それだけで、私の股間は、熱くなりました。そんな私の変化を見逃さなかった彼は、片手で乳房を揉みながら、片手を下着の中へ滑り込ませました。結婚してから初めて、夫以外の男性の指が、私の中へ沈められて行きました。私は「あっ」と小さく声を上げると、その温かく巧みな指使いに仰け反りました。やがて、彼は、キスを続けたまま、器用に私の下半身からストッキングとパンティを脱がせると、更に優しく激しく指で中を掻き雑ぜました。私は、キスで口を塞がれ声を殺して喘ぎました。程なく、生暖かいものが、私の中からドバッと噴き出し、体温が上昇し背筋に電流が走ったような感覚とともに上り詰めました。彼は、グッタリしている私を抱き上げ、そっとベッドへ下ろすと優しく

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

「綺麗、「お茶でも飲みに行きましょう」、真っ直ぐラブホテルへ連れ、?二人っきりでゆっくり話しを、。嫌がる女を無理矢理、犯す趣味はない、身体、髪を撫で肩を抱きました、隙にキスで口を塞がれ舌まで捩じ込まれました、私の股間は、片手で乳房を揉み、片手を下着の中へ滑り込ませました、結婚、夫以外の男性の指が、喘ぎました、そっとベッドへ下ろす、裸になり私に添い寝、大人しく全裸に剥かれ、愛液が、濡れ続け喘ぎ続けました、挿入、普通サイズの夫のそれとは、明らかに違う物凄い圧迫感を感じました、乳首を口で愛撫、膣壁が擦れ、勢いよく腹へ射精、肩で息、唾液を絡め、舐め始めました、フェラを続ける、「テクニックも、、顔がエロ過ぎぃ?」なんて言い、太腿を伝うのが分りました、、深い所から駆け巡る快感に、我を忘れ、自らも腰を振りまくりました。やがて、口中に酸っぱいものが立ち込め、激しい痙攣を起こし絶頂を迎えました。そこから先、彼は、泥人形のようになった私をあっち向きこっち向きと体位を換え、放心、一人赤面、。付き合っ、痺れるよう、セフレになる事をあっさり了承、サイト遊びにのめり込ん、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト