性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

無知 (初体験談)

TD000219
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

えー、ネタは一応中産のときの思い出ですが、なにしろ10年以上昔の話なので、あやふやな所もありますが書きます。俺は部活が嫌いだった。テニス部はテキトウな先生で、部室で本をよんでても(エロ本じゃないぞ!)、見てみぬふりをしてくれていた。ちょうど隣のコートでテニス部女子が練習していた。そのなかの一人に俺は恋を抱いていた。ここでは仮に「ひとみ」としておこう。ひとみはショートヘヤで眼が二重、俺の好きなタイプにぴったり当てはまっていた。性格も天然、疑わしいくらい性の知識がなかった。この後の出来事を書くと、ネタと思うかもしれない。でも信じて欲しい。俺とひとみの仲は周りがはやしたてるほどよかった。当時はひとみが俺を友達としてしかみてないような気がして告れないでいた。そんなある日—。ひとみはクラスでも天然っ子で遊ばれてたので俺を含む男子(4、5人くらいだと思う)が「ひとみが音楽の先生に『彼と何回やった?』ってきいたら一回だけなんでもいいから願い事聞いたるわ。」という男子厨房らしい馬鹿な話しになった。純粋無垢なひとみとしてみれば、何のことだかサッパリだったと思う。けれども願い事を一回聞いてくれるという条件が魅力的だったのだろう。潔く条件をのんでくれた。もうすぐ音楽の時間。「じゃあ、がんばれよ」と友達の一人が言うと「うん、約束守れよ〜」といって先生の方にいった。もう俺達は笑いが止まらない。こらえても無駄だった。「せんせ〜、えっと、せんせーって彼と何回やったんですか〜?」その時の先生の表情といったら・…。今思い出しても笑える。「え?…んっとねぇ、そんな事言われても…」俺達の笑いは絶頂に。いっせいに大声で笑いこけてしまった。「あ〜、あんたたちね、このエロポンチ!」先生も先生で笑っていた。今思えばイイ先生だったなぁ。可愛かったし。その日の下校時間。いつものように一緒に帰っていた。「ねぇねぇ、今日のアレ、なんだったのぉ?みんなして笑っちゃってさ。おしえてよ〜。気になるじゃん」俺は正直戸惑った。この純粋無垢なひとみに性の知識を植えたくなかったからだ。けれどチャンスはチャンス。ここで初体験の花を添えられるかもしれない。心臓が高鳴る。女子と一緒にいる時の独特のムラムラ感。ここはド田舎だ。だれもいやしない。いまだぞ!俺!「知りたいか?」ドキドキ「うん、あったりまえじゃん」ドキドキ!「それはな、こういうこ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

なにしろ10年以上昔の話、そのなかの一人に俺は恋を抱い、ひとみはショートヘヤで眼が二重、性格も天然、俺を含む男子(4、5人くらい、「あ?、あんたたちね、このエロポンチ!」、ここで初体験の花を添えられるかもしれない、俺は強引にキス、俺の胸にあたるひとみの胸?。柔らかい…、。お前セックスってしらん、これだけで十分かな?と、・・・(笑)親は共働きでいない、「なあ、お前だって厨ニのとき保健で習ったろ?精子とか、妊娠とか・・。」、、早く?」と俺の肩を引っ張った。俺はそれを利用、「今からやる事はエッチ、。でもとっても気持ち良いん、激しい下の動き、舌を抜いた、ひとみは巨乳、俺達は制服をいそいそ脱ぎ始めた、「お、ひとみ綺麗、可愛い、ひとみが元気よく股を広げた、気分になると濡れるん、感じ、俺は悪戯にひとみの性器を一舐め、感じ、しかし本当は俺は満足、フェラチオ…、俺は自分の股間を指差した、「ほんとだって、ちょっと触っ、俺は性欲を我慢、ひとみの唾液が一列に付く、「まずは強く吸っ、ああ…イキそう、「ひとみ…」、体重を手足で支えた、ゆっくり挿入、「頑張れ、1分も耐えたら気持ちよくなるよ」、最初はぎごちなく小刻みにピストン、愛液がにゅるにゅると音を立て、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト