性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

ヒミツの場所 (初体験談)

TD000220
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

中学のころ、同じクラスにものすごくキレイなコがいた。仮にMちゃんとしようか。ちょっと背が高めで、透き通るような肌に、少々茶色気味の髪。目の色も薄かったので、脱色しているのではなく、元々色素が薄いのだろう。Mちゃんはとても明朗なコだった。でも二年の後半くらいから、ちょっとだけヤンキーグループに入っていたかも。俺も相当やかましい少年だったが、ヤンキーとは無縁。よって、俺のほうからMちゃんに話し掛けることはほとんどなかった。俺は元々、友達を選ぶヤツだったから・・・。二年の三学期、席替えでMちゃんの前の席になった。俺は家ではまるっきり勉強しないし、ノートもとらない。そのかわり、先生の話だけは絶対に聞き逃さないようにしていた。なので、後ろからMちゃんが話し掛けてきたりするのがすごくうざったく感じていたが、席替えからひと月もすると、最初は自分からは話し掛けなかった俺も、休み時間などにはMちゃんと雑談するようになっていた。あるとき、Mちゃんが、「まつ毛ついてるよ」と俺の頬に手を伸ばしてきた。瞬間、どきっとした。Mちゃんはものすごくキレイな手をしていたからだ。当時、俺は14才の少年らしく、ものすごいニキビ顔だった。そんな顔を、Mちゃんに触られるのがすごくイヤで、とっさに「いいよ」と彼女の手を払い除けてしまった。「ゴ、ゴメン・・・」とMちゃんは謝った。それ以来、俺とMちゃんは「たったそれだけのこと」で気まずくなってしまい、休み時間の雑談もしなくなってしまった。友人は「バカだな、あんな美人なのにお前はなんでチャンス自分から潰してんだよ。あいつ、ああ見えて処女だぜ」と言ったが、俺は「カンケーねぇよ。あんなヤンキーに興味ないし」と強がって見せた。ただ、心の中ではどうしてMちゃんみたいなキレイなコが俺に優しくしてくれるんだろう・・・と思ってはいた。Mちゃんの俺に対する態度や話し方は、ヤンキーグループの中にいるときのそれとは全然別モノで、すごく女の子らしいものだったからだ。俺はMちゃんの事を、心の中でムリヤリ消し去ろうとしていた。その時点で、自分がMちゃんに惹かれていることは明白だったし、実際、気が付くと彼女のことを考えているようになっていたが、「Mちゃんは、俺とは別の世界にいるコなんだ」と思い込むようにしていた。ヤンキーグループの中で、控えめながら乱暴な言葉で喋っている彼女を見ると、悲しいよ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

中学のころ、でも二年の後半くらい、二年の三学期、すごくうざったく感じ、俺は14才の少年らしく、Mちゃんに触られるのがすごくイヤ、、あんな美人、処女、すごく女の子らしいもの、後輩の女のコからラブレターをもらっ、。おばさん、これから買い物に出かけるトコ、ベッドの下からはみ出し、突然服を脱ぎ出した、全裸になり、中一のとき、小六、Sちゃんと一緒にお風呂に入ったことはあった、そのときのSちゃんのカラダとは全然別物、Sちゃんの胸は同級生の誰よりも大きく見えた、乳首の先端は若干赤味がかっ、目の前に初めて見る女性器があった、バストと不釣り合い、俺は本能的にそこに舌を這わせた、アソコ舐めたん、頭の中はセックスのことでいっぱいのくせに、俺はズボンとパンツを脱い、いきり立ったペニスは先端が濡れ、息を飲ん、俺の右手を股間に導いた、未知なる快感が下半身から背中にかけて、(笑)、?お母さんには、わたしから電話、「M先輩」、付き合おうと、俺は地元の大学へ進ん、たまに土曜日にサークル仲間で集まっ、4月の土曜日、彼女を抱き寄せ、キスを、彼女は息を荒げた、シャツのボタンとブラのホックを外した、Mちゃんの胸に吸い付いた、歯で軽く噛むたびに、Mちゃんのジーパンとショーツを一気に脱がした、クリトリスと転がした、まさかこんな形で再会、ゴムを用意、彼女の中に挿入、・・・・!!!!!!!」「俺も・・・俺も・・・出・・・!!!」、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト