性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

酔うとストッキング脱ぐ女・続編 (会社での体験談)

TD000224
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

こんばんは!今日は、なんだか落ち着かなくて、30分ほど早く出勤してしまいました。とにかく、先輩に早く会いたくて、入り口で先輩を待っていました。そして、いつもの時間に先輩が現われました。僕「先輩!おはようございます!」と元気に声をかけると先輩「あら、おはよう!」と、普通に返事が返ってきました。かなり、拍子抜けしてしまいました・・・(リアクション薄い・・・Hまでしたのに、なんだったのか・・・。)そして、仕事となると、今日も先輩はかなりキツめでした。先輩「請求書は?」「メールまだ?」「それじゃダメ!」「これ、やり直し!」・・・・月曜の朝から、かなりのペースでとばしていて、途中、僕と目が会っても、知らん顔で黙々と仕事する先輩に、僕は孤独感を覚えました。夕方になり、先輩も余裕が出てきたのか、穏やかに仕事しています。その頃の僕は、仕事に身が入らず、事務所の外にある、喫煙所で休憩ばかりしていました。(喫煙所は、給湯室の脇に設けられていて、給湯用のミニキッチンの脇には、非常階段があります。)ボーっとしながら、コーヒー飲んでいると、先輩が植物用のジョウロを持って休憩所にきました。ここは、6階建てのテナントビルで、広めの踊り場のある非常階段です。外からの眺めもよく、とても開放的ですが、風が強いので人はあまり来ません。僕「先輩、先週の事って覚えてますか?」先輩「もちろんよ。ふふふ。あんな事、忘れるわけないじゃない。」僕「今日、先輩と会うの楽しみだったのに・・・。先輩、なんか、普通で・・・。」先輩「会社じゃダメよ。噂になっちゃうでしょ!」僕の両耳に手をあて先輩「○○くん。・・・・・淋しいの?」と、顔を覗き込みます。僕「・・・・・。」先輩は微笑みながら、1段だけ階段をあがり、下唇を噛み僕を見下ろします。そして、ブラウスのボタンを4つ程はずし、ブラを見せてくれました。先輩「こっち、いらっしゃい。」そう言い、僕の手を掴み、先輩自らオッパイを触らせてくれました。僕は、両手で強く先輩のオッパイを揉むと、先輩がブラを上にずらしてくれ、乳首を見せてくれました。風が強かったせいか、先輩に乳首は硬くなっていて、そのまま、僕の後頭部を掴み、抱き寄せるように乳首を吸わせてくれました。僕は、もう夢中で乳首を吸いつつ、片方の手でオッパイを揉み、もう片方の手で先輩のお尻を撫で回しました。その間も、先輩は僕を見下ろして

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

30分ほど早く出勤、先輩に早く会いたく、元気に声をかける、、給湯用のミニキッチンの脇には、非常階段があります。)、コーヒー飲ん、6階建てのテナントビルで、1段だけ階段をあがり、下唇を噛み僕を見下ろします、ブラウスのボタンを4つ程はずし、ブラを見せ、先輩自らオッパイを触らせ、乳首を見せ、抱き寄せるように乳首を吸わせ、(ちなみに、今は5階の踊り場で、廻りにはマンションとかオフィスビルが見える。)、パンティーの太ももの辺りからも手を入れ、ティムポが反応、小さな女の子らしい封筒、小さな手紙が2枚入っ、メモの付いた黒いコンドームが入っ、黒いゴムって・・・・あの、4人がけのテーブルで、メガネを外し、(以前、網タイツ脱がしたときもそう、「じゃあ、脱がなく、感じ、「ほら、やっぱり!裸に、会社の人には秘密、「いい酒が手に入ったんじゃないか?」、「あの性格じゃ、そりゃ無い、隣の居酒屋で飲むことに、?小倉優子?Hビデオ?それとも、アタシかな?ふふふ。」、(先輩は31歳、!イキそうになるまでダメ!」、先輩は3秒ほどブラウスを広げ、ブラジャーを見せ、(たぶん、先輩のお尻のサイズは、90以上あると、舐めたりと・・・、明るい部屋、よく駅の周辺で空き店舗を無理矢理改装、ありますよね?8歳も年上の先輩を・・・・、堂々と後輩君としては、付き合っ、胸をはったん、挿入、自分の胸元に塗りつけ、先輩からフェラ、ティムポの先っぽの割れ目を舌でくすぐったり、、先輩の部屋がある2階にはシャワーもトイレもあります。それで、ガラスも2重になっ、、1階と2階の間に物置があり、防音には強いそう、先輩の大きめのベッドで、シャツや下着を洗濯、キス、いろいろと視線を感じ、会社の先輩とデート2回目、一人一人のギャラリーに、駅弁みたい、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト