性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

妻の妹と (浮気・不倫の体験談)

TD000226
キーワード: 妻の妹と
カテゴリー: 女(人妻 、OL)

テクスト冒頭部分

結婚して2年目に妻(留美子)が妊娠した。無事に男の子が産まれ、1週間後退院し、そのまま実家に帰った。留美子の実家は、俺の住んでるF市から車で2時間くらいかかる所にある。だから最初の日は泊まったが、仕事を休む訳にもいかず、自宅で独身生活を始めた。独身生活は久し振りだったが、別に不自由も感じなかった。10日くらいしてかなぁ、留美子の妹の紀子から電話がかかって来た。紀子は留美子の3つ下、23になるOL。「アニキ、大丈夫?独りで淋しくない?食事とかどうしてる?」と質問責め。俺は「ああ、久し振りで楽しんでるよ。留美から電話は毎晩あるし、淋しくなんかないよ。それより何?」「アニキが淋しがって泣いてないかなぁと思ってさ。それより、なんか食事作ってあげようか?私、アネキより上手いよ。」確かに、妻の実家に行った時は紀子が料理を作ってた。美味かった。「そうだな、頼みたいけど俺の家に来るのはマズイだろが。妹とはいえ、義理だからな。留美よりも、義母あさんが変に思うからいいよ。気持ちだけは有り難く受け取るよ。」ルックスは妻の方が俺好みだけど、紀子の明るい性格は好きだった。コンビニ弁当を食って、焼酎を飲んでると、「ピンポーンピンポーン」とチャイムが鳴った。インターフォンで「はい、〇〇ですが・・」と言うと「私、紀子。開けてよ。」なんで来たんだ?と思いつつ、オートロックを開けた。「ヘヘッ、吃驚した?あーやっぱりコンビニ弁か。ツマミ作るよ。」俺が何も言わずにいると、スーパーの袋を抱えて勝手にキッチンへ入って行った。すぐに簡単な酒の肴を2品作って出て来た。「ノリちゃん、1人で来ちゃ駄目って言ったろ?変に思われたくないしさぁ。」「大丈夫、誰にも言ってないし、言わないから。さ、食べてよ。」俺は紀子が作った料理を食べて酒を飲んだ。「いやぁ、ノリちゃんは上手いね。美味しいよ。お世辞じゃなくてさ。」「コンビニ弁ばっかでしょ?駄目だよ。又来てあげるから・・」「否、もう来ちゃ駄目。今日は仕方ないけど、遅くなるから早く帰りなさいよ。」「今日は、会社の友達ンちに泊まるって電話したから、大丈夫。飲もうよ。私も飲みたい。」自分でグラスを持って来ると、焼酎の水割りを作って飲み出した。あ〜飲んじゃったよ。仕方ないか・・・。それからギターを弾いたり、最近のどのバンドが良いかとか、飲みながら話した。かなり盛り上がってお互いに酔いも

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

結婚、2年目に妻、(留美子)、妊娠、1週間後退院、別に不自由も感じなかった、10日くらい、留美子の妹の紀子から電話がかかっ、23になるOL、「ああ、久し振りで楽しんでるよ。留美から電話は毎晩ある、紀子の明るい性格は好き、焼酎を飲んでる、酒の肴を2品作っ、「ノリちゃん、1人で来、紀子は今は別れたらしい、・・。シャワー浴び、先に自分のベッドに入った、俺の胸に顔を埋めてた、キス、ブラだけ・・・、試しに尻を触る、パンツだけ、固く尖ってる乳首、乳首を吸った、「すっごい。アニキ、パンツ脱い、紀子を抱き寄せた、俺のカッチンが紀子の太腿に触る、紀子の股間に手を這わせた、「ノリちゃん、すごい濡れてるよ。感じてる?」、「舐め、俺は身体をずらし、クリと穴の間を舌で舐め上げた、凄いイキ方、「アネキにも言わせてるの?そんな事。ルミも言う?」、。ルミはわたしともエッチ、いい?オチンチン?それとも、チ・・ン・・ポ?」、「そう、チンポがいい。入れるよ。」、こんな可愛い事を言われた事がなかった、3.14159・・・・・紀子が腰を持ち上げた、最後の1滴まで綺麗に飲ん、裸のまま、1歳のお祝を、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト