性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

お医者さんごっこ (従姉妹との体験談)

TD000227
キーワード: 従姉と
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

俺が小学校の頃、毎年夏休みになると3つ年上のいとこが東京から2週間くらい遊びにやってきた。3つも年上で、俺は引っ込み思案、彼女は行動的な姉御肌だったので、俺はいつも彼女の言いなり状態。目鼻立ちがくっきりしていて、まあ美人だったので、一緒に出かけるのは悪くなかった。夜は2人っきりで寝ていたんだが、俺が小学5年、彼女が中学になった頃から彼女が妙な行動をとるようになってきた。ふとんに入ると彼女は俺の手を股間に押し当てて「熱くなってない?」と聞いてくる。「あったかいよ。」というと、今度は「直接触ってみて」と俺の手をパンツに引きこんだ。相手は中学生なのでもう毛が生えている。彼女に導かれるままに割れ目に指をあてがわされる。「どんな感じ?」と聞かれ「ぬるぬるしてる」と答えると彼女は「指を入れてみて」という。恐る恐る指を入れるがこっちも消防なのであまり深くは入れられない、というか、女性の股間がどうなってるかわからない。彼女は「出したり入れたりして」とささやく。俺はどっちかっていうと、彼女の膨らみはじめたおっぱいに興味があったのでおっぱいをもんだり乳首を舐めまわしたりしたが、「くすぐったい!」とそっちの方は拒否された。翌日、近所を散歩していると、俺の家の回りは田舎なので、農業用の倉庫があった。「入ってみよう」と言われて薄暗い倉庫に入っていくと彼女は体育座りで座りこんでしまった。彼女はスカートを開脚すると、「きて」と言い、俺の頭を股間にうずめさせた。俺は頭を彼女に押さえつけられ、股間の匂いをかがされた。ちょっとおしっこ臭かったので辛くて離そうとすると「だめ、そのままにしてて」という。このときはそれだけ。夜はだんだんエスカレートしていって、いわゆるお医者さんごっこをさせられた。彼女は下着だけになって「先生、パンツのなかがおかしいんです。さわってください」と甘い声でささやく。俺はつまらんし眠いけど、やらないと機嫌が悪いので割れ目をさわって「ぬるぬるしてますね。」などとやる気のない対応。「先生、気持ちいいんです。ぬるぬるをこすってください」俺は正直、彼女は何が楽しいんだろう?と思っていた。「こうですか?」「いえ、もっと上です」彼女が俺の手をクリ付近に導く。「あん、そ、そこです。こすってください。もっと。やめないで。」俺が何度もやめようとするのを無理やり続けさせてこすり続けていると、突然「もう

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

3つ年上のいとこが東京から2週間くらい遊びにやってきた、まあ美人、俺が小学5年、彼女が中学になった頃から彼女が妙、彼女は俺の手を股間に押し当て、「直接触っ、俺の手をパンツに引きこん、「どんな感じ?」、女性の股間がどうなってるかわからない、おっぱいをもんだり乳首を舐めまわしたり、彼女はスカートを開脚、彼女は下着だけになっ、甘い声でささやく、胸はさらに大きくなっ、最後の夜はお互い全裸で抱き合っ、だんだんエッチに興味が出、彼女は高校1年、彼女と一緒にお風呂に入り、ピンク色の乳首がすごくエロかった、腰をサルのように振り彼女を裸に、無理やり犯そうと、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト