性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

保健所から来た男 (その他)

TD000228
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

ストーブをたいた部屋で、私は一人、留守番をしていた。熱はほとんど引いていたが、用心のためにと学校を休まされたのだ。昼間のテレビは、奥様向けのくだらない番組しかやっていなくて、私は暇を持て余していた。ピンポーン突然のベルに、飛びあがりそうになった。おそるおそる玄関先へむかうと、閉ざされた扉の向こうで、男の人の声がした。「こんにちはー。ホケンジョのものですけど」保健所。それは幼かった私にとって、野良犬や野良猫が連れていかれる場所、というイメージしかなかった。うちに犬はいなかったし、そんなところに用があるはずもない。普段なら決してそんなことはしなかったと思うのに、その日に限ってどうして鍵を開けてしまったのだろう。あれから10年以上たつ今でも、時々不思議に思う。するすると引き寄せられるように、私は扉の鍵をはずしていた。そして、そこに、お医者さんと同じ白衣を着た、見知らぬおじさんを見つけた。「こんにちは。開けてくれてありがとう。一人でお留守番してるの?」無言で私はうなずいた。男は手に持っていた黒いカバンの中からがさごそと書類をとりだし、「さきもとくみちゃんだね?病院から聞いてきたんだけど、風邪で休んでいるとか?」と言った。「ちょっと、かんたんな検査をさせてくれないかな?いま、風邪とおんなじ症状が出る、クラミジアっていう病気が流行ってるんだ。ほうっておくと死んでしまうような病気だから、風邪でやすんでいる子の家を一軒一軒まわって、検査をさせてもらっているんだよ。」胸の奥で、なにかひんやりしたものを感じたのを覚えている。今でこそクラミジアという名前の性病が存在することを知っているけれど、生まれてはじめてきいたカタカナの病名は、ひどく不吉な感じがした。「まず、これにおしっこを採ってきてもらえないかな?」続いて男が差し出したのは、検尿用の紙コップだった。私はすぐさまコップをもってトイレに入った。ほかほかと湯気をたてる、生暖かい黄色の液体を受け取ると、男はまず、においをかいだ。「……うん、なんだかちょっと……」そして怪訝そうな顔をしたかと思うと、あろうことがその中に指をいれ、したたる黄色い液体がついたその指を、口に含んだのだ。「!!!」あまりのことに硬直する私の前で、男ははじめてその優し気な表情をくずし、険しい顔をするとこう言った。「苦い味がしてるよ。これは、もうちょっと詳しく検査しなけ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

私は一人、「さきもとくみちゃん、胸の奥で、感じたのを覚え、感じが、下着を剥ぎ取る、手袋越しの男の指が触った、うの?」、「ここはクリトリスっていうん、それが快感、喘ぐように聞く、。くみちゃん、気持ちわるいのかな?見たところ声も出てないみたい、濡れたよう、、これはくみちゃんと先生との、秘密、ヌチャヌチャと激しい音をたて、1羽のホオジロだけ、先生は私の割れ目を舌で犯しつづけた、荒縄に縛られ、ブラウスは胸までたくし上げられ、両乳房があらわになっ、そして相変わらず広げられたままの股間には……なんと、憑かれたよう、『棒を2本も入れられてるの』、いやらしい妄想と衝動に全身を支配、抵抗もできないままに自分の嘘の、そのねばねばを舐めとる、今度はその棒で私の乳首をつつきはじめた、手足を戒めた縄が食い込む、よがりまくる私の姿に、本物のセックスの姿、お父さんと一緒にお風呂に入ったことくらいある、結婚、男性が書いた小説などでは、処女を破られる瞬間に女は喘ぎ声をあげる、ついにその肉棒の8分目ほどまでを私の体内に埋め込み、太腿の間に見え隠れ、2・3日抜ける事がなかった、当時の彼氏を満足、恋人に抱かれ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト