性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

隣の席のN (学校での体験談)

TD000230
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

懐かしき思い出を一つ。小6の秋頃だったか。右隣にいたNが、私の左の席の女の子から鉛筆を借りようと身を乗り出した時。なんとなしに机に置いていた右手に妙にやわらかな感触。…おっぱいだ…服越しではあったが、そのなんともいえないあたたかさが右の甲から全身に駆け巡った…まだ毛の生えかけの股間にも…あまりのことに微動だに出来ない私、気づかずになおも胸を押し当ててくるN。鉛筆をGetし、乗り出した身を戻そうとしたその時、至近距離で目が合ってしまった。ただでさえ胸の感触があるのに、加えてNの吐息を間近で感じる。その状況に耐えきれず、反射的に身を引こうとしてしまったため、胸が当っていたのがNにバレてしまった。Nはさっと体を引き、胸を抑える仕草。ちょっぴり顔が赤い。…ほんの少しの間、二人とも、動くことが出来なかった。幸い昼休みだったこともあり、、周りはぎゃーぎゃー騒いでて、誰もこの状況に気づいていないっぽい。…謝るべきなのか。でも当ててきたのはあっちだし、謝ったら自分が悪者だ。そうなれば向こう1ヶ月はそういうネタでからかわれ続けてしまう。かといってここでNに騒がれたらもっと最悪だ…などと無い頭で考えてると、Nは小声で、「ちょっと来て」と言い、廊下に出ていった。ここで行かなければ最悪の事態だろうと恐れた私は、ゆっくりと席を立つと、少し距離を置いてNについていった。行った先は旧校舎、この時間だとまず誰も近づかない場所。Nはまっすぐに私を見ていた。「胸、触ったでしょ」そっちが押しつけてきたんじゃ、と喉まで出かかったけど、声にならなかった。ヘタレな根性ナシだったから。と、Nが怒ったような顔をして、ふいに近づいてきた。「○○のエッチ!おかえしだ!」Nの手が私の股に伸びてきた…咄嗟に反応できず、Nの右手に私の陰部が握られてしまった。最悪なことに、私のそれは、小さいながらも充血して勃ってしまっていた。Nがぎょっとした表情で私を見る。「サイテー、あたしの胸でエッチな気分になってるんでしょ!」…言い返せない。そこで昼休みの終わりを告げるチャイムが鳴った。Nは、授業が終わったら学校の裏手の小屋に来い、と言った。来ないと言いふらしてやる、とも。死刑執行に望む囚人のように絶望的な気分でふとNを見ると、かすかに笑っているように見えた…気のせいだろうか。午後の授業は当然、何も耳に入らなかった。右隣には当然のように

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

そのなんともいえないあたたかさが右の甲から全身に駆け巡った…まだ毛の生えかけの股間にも…あまりのことに微動だに出来ない私、気づかずになおも胸を押し当て、二人とも、向こう1ヶ月はそういうネタでからかわれ続け、「○○のエッチ!おかえし、一度もこちらを向かなかったのが得体の知れない恐怖に変わる、、それでおあいこよ!」、(泣かれる→何もかも言いふらされる→グッバイ残りの5ヶ月の小学校生活)、左から右という感じ、抱き付かれ、射精の現場を共有、可愛い、Nもジャージのズボンをパンツごと脱い、肩で息を、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト