性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

真っ白   (近親相姦の体験談)

TD000248
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

まさか…………投稿者:真っ白投稿日:2月21日(水)2時54分17秒削除去年の暮れ頃から妹の麻紀が気になってしょうがなかった。麻紀は僕より2つ下で、今年で中学3年生だ。髪を伸ばし小柄で顔の小さい妹は、兄の僕が言うのもなんだけど可愛い部類に入ると思います。実際、友達も「麻紀ちゃん可愛くなってきたよな」と言います。僕自身、今まで一度も麻紀に恋愛感情をもったりはしていないし今もありません。それでもどこか「おかしい?」と思うようになっていた。僕の家は、親父と僕と妹の3人家族で、母は10年前に亡くなって今まで親父が一人で僕たちを養ってくれています。僕は夜更かしが苦手で、いつも11時頃に睡魔が襲ってきてそのまま寝込んでしまい、夜中にトイレに起きるくらい。昨夜も同じパターンで寝てしまった。目が覚めたのは、夜中の2時。いつものようにトイレにと階段を下りようとしたら、隣の妹の部屋の扉が少し開いている。部屋の明かりがついていたので、なんと無しに中をのぞくが妹はいない。「トイレか?」そう思って階段を降りようとしたとき、微かに何かの音が聞こえてくる。ハッキリいって初めて聞くような音。僕は最近の物騒な事件を思い出して、静かに下に降りていった。一階に下りて、音のする方に向かうと、そこは親父の部屋だった。耳を澄ますとパンパンぱんぱんパンパンぱんぱんパンパンぱんぱんと言う湿った音と、荒い息が聞こえてきた。僕は、ゆっくりそして静かに扉を開け、隙間から中をのぞいた。扉の対角線上に親父のベッドがあるので、少しの隙間でも向こうをのぞくことができる。扉を開けると、湿った音と声はハッキリと聞こえるようなった。普段はあどけない冗談交じりの会話をしている明るい妹と、まるで硬派とも言える頑固な親父とは思えない二人の性交。全裸になり、小さく白い妹の体に、色黒でガッチリした体格の親父。対照的な体格なのでお互いの体が異様に映える。さらに四つん這いになった妹の尻に重なるように後ろから激しく腰を打ち付ける親父の後ろ姿。ショックというより、硬直したまま見入ってしまいました。あっ………はぁ…………あうん…………はぁあと妹の今まで聞いたことのない喘ぎ声。それに重なる親父の荒い息。次第に腰の動きが早くなったかと思うと、妹の尻に腰を密着させると同時に、妹が少しのけぞった。うぅと言う二人の小さい声が重なって聞こえ、親父がブルッと体を震わ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

まさか…………投稿者:真っ白投稿日:2月21日(水)2時54分17秒削除去年の暮れ頃から妹の麻紀が気になっ、今年で中学3年生、可愛い部類に入ると、今まで一度も麻紀に恋愛感情をもったりは、母は10年前に亡くなっ、夜中の2時、扉の対角線上に親父のベッドがある、明るい妹と、親父とは思えない二人の性交、体格の親父、繋がったまま妹の胸をもっ、二人は風呂場の方に向かいました、頑固親父の性格が妙に柔らかくなったように感じたのもこれが理由、まだ親父に新しい女性ができたとか、もうまともに顔を見れそうにないな投稿者:真っ白投稿日:2月22日(木)0時15分46秒削除昨日投稿、感じが残っ、……………何回………何十回…………何百回幼稚園や小学生の時の、8時頃に目が覚めました、分からないこの時間と状況でセックスを、股間も膨らみました、その上から親父が下半身裸で妹にちんぽをくわえさせ、服を脱い、ゆっくりとちんぽを挿入、「麻紀麻紀麻紀麻紀麻紀」、まるで濡れた雑巾を叩くよう、モノが妹の愛液とであふれ出、肛門に入れた指を妹の口に入れ舐めさせます、妹も何も言わずに当然のように口に含みしゃぶりだします、「お風呂でも?本当に絶倫」、親父の奴隷か性人形あるいは性欲処理の道具、…………投稿者:真っ白投稿日:3月23日(金)10時52分20秒削除どうも、本当に目立たないところからビデオテープが4本見つけました、ビデオカメラの角度と距離を調整、白いパンティとその下の膨らみが見えました、「ほら、アソコも広げ、妹の傍らに座った親父はズボンと下着を脱い、親父は妹の両足を抱えるように抱く、居間のソファに妹と、亜矢、、最終的に僕と付き合うことになりました。つきあい始め、「私調教、、友達と電話、テープ投稿者:真っ白?投稿日:12月17日(火)1時40分01秒削除この投稿は、中三の妹麻紀と父との三人暮らしの父子家庭で暮らし、まだキス、「4」、僕がテープを見つける数日前に撮影、「亜矢は真弘(僕のこと、)と結婚、妹にフェラチオ、妹が懸命に舌を使っ、<綺麗、なぜか妙に足下が覚束ず、両足首をテーブルの脚に括りつけ、股間からペニスが化け物じみた長さに伸び、<実の娘を犬に犯させるのかよ、ありません。親父の巨根に鍛えられた膣にもじきに限界が訪れました。、身動きできない亜矢を正上位に組み敷く、二回りは大きいEカップくらいになっ、剃ったのか抜いたのか、、親父は片手で亜矢のクリトリスを刺激、「よーし、そろそろイクぞ。たっぷり射精、。亜矢は満足、よがっ、フィニッシュが近いよう、二人が親父の両肩に頭を伏せた一瞬、「一、わたしたちは、ご主人様に存分にお楽しみいただくため、ご主人様の望むあらゆる身体改造を進ん、「性奴隷誓約書第六条は、「わかり…ました…どうか…卑しい…牝奴隷の…淫ら、僕は嫉妬で気が狂いそう、亜矢は自分でブラジャーとショーツ、乳首も、形の崩れない美しい乳房や、余韻に漂い、69の体勢になりました、一日四回の浣腸を義務付けられ、、亜矢との付き合いも、もう駄目かもしれないなぁ」、ゴムを取り出し、「駄目よ、先走りの液にも精子は入ってるん、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト