性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

若さゆえのあやまち (友達との体験談)

TD000249
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

いきなりですが、高校時代の思い出をば。高校2年の春、俺が友人たち数人と廊下で喋っていると、向こうから一人の女がズカズカとやって来て、俺の前に立ちはだかり、「ねえ、あんたが○○?」と、俺の名前をぶしつけに聞いてきた。「え、そうだけど。」とっさの事に俺は気圧されて、間の抜けた返事をすると、その女は、「ふ〜ん。」と言いながら、真顔で俺の頭からつま先までをジロジロと見て、「なるほど。んじゃ、そういうことで。」と言って立ち去っていった。俺も友人たちも彼女の後姿を見ながら、しばらく呆然とした。「何だ、ありゃ?」と、俺が言うと、「お前に気があるんじゃないのか?」などと友人たちにからかわれた。この女、2組の香というやつだった。それ以来、何かと俺につきまとってくる。俺が2組の前を通れば、「お〜い。」と叫んで教室の中から大きく手を振ってくる。当然、皆から一斉に注目されるし、一緒にいる友人たちからは冷やかされるし、初めの頃は本当に迷惑だった。しかし徐々に慣れてきて、内心満更でもなくなった。周りの手前、素っ気なく振舞ってはいたけれど。香は家に電話までかけてきた。母親が「女の子からよ。」と妙な笑みを浮かべ取り次いでくれた。電話で香には、俺の身長やら体重やら趣味やら、ごっそり聞かれた。俺は母親の視線を背中に感じながら、小声でいつも以上にぶっきらぼうに答えたものだった。香は背がそこそこ高く、スリムな体型。ずば抜けて可愛いワケではないが、愛嬌のある顔だった。うるさく厚かましく、少々鬱陶しいところがあるが、本人はマイペースだ。それでいて言動にどことなくエッチな雰囲気があった。悪い言い方すれば品がないんだが。俺はそれまで一度も女の子と付き合った事なかった。そしてこういうふうに女の子に積極的にされた事もない。「おい、あいつお前のこと好きなんだって。付き合っちゃえよ。」香が俺に何かしてくる度に、俺は友人達からこう言ってからかわれた。そのうち段々と俺もその気になってきていた。オナニーなんかは香の事を考えながらするようになった。香のあれやこれ、いやらしい事を想像した。だけど周りには気取られないように、興味ないふりをしていた。自分からは動かず、いつも香からのアクション待ちだった。友人たちの手前、やっぱり照れがあったのだ。そんな香からある日ついに体育館の裏に呼び出された。「ねえねえ、あんた、ほんっとに付き合ってる

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

高校2年の春、向こうから一人の女がズカズカとやって来、真顔で俺の頭からつま先までをジロジロと見、香は家に電話までかけ、俺の身長やら体重やら趣味やら、可愛いワケではない、それでいて言動にどことなくエッチ、俺はそれまで一度も女の子と付き合った事なかった、俺は妄想を膨らませ、いなよ?。」、香はその子の肩をよしよしといった感じで抱き、「ね、こう言ってるじゃん。こんないい子いないよ。付き合い、久恵と同じ中学出身の友人に言わす、性格、ナンバー1だそうな、俺と久恵と香の三人で一緒に帰った、二人の家の方角は全く逆、だから久恵と二人でデートの時など気まずく、久恵ははたして満足、俺にしがみつく香の胸が背中に触れる、香はベッドに腰掛け、香を後ろから犯しそうになった、ヤケをおこしブラウスを引きちぎりそうになった、。もー。自分で脱ぐよ・・・。○○も・・・脱ぐん、これから裸で抱き合おうと、パンツ一丁になった、白いブラとパンティだけの香がそこに立っ、実はかなりテンパっていた、多分あいつ処女じゃないよなどと友人たちも言っ、、股間を香に押し付けブラの上から香の胸を揉む。初めて手で触れる女の子の胸。さっき背中で感じた以上に弾力がある。、形がいい。先っちょにはピンクの小さいかわいい乳首がつい、香とキス、また挿入前にいっ、?。結局大学になるまで久恵とはやれなかったん、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト