性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

演劇部の合宿(後輩の女の子と) (学校での体験談)

TD000250
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

その娘(こ)は入部してきたときから、なんかアケスケで積極的だった。背は余り高くなく、眼がクリッとしててカワイイ系の感じだった。笑ってなくても眼だけ笑った感じというのかな。一年上のオレは同じ名字のヤツがいたから、その娘からは「T先輩」と名前で呼ばれてた。ぎゃ!久々に「T先輩」なんて声に出すと色々なことを思い出しちまう(笑)脱線しないようにいきまふ。「Tせんぱ〜い。いつえっちしてくれるんですか〜?」なんて、脈絡もなく突然みんなの前で平気でいう娘だった。そのときの悪戯っ子のような眼が今でも思い浮かぶ。どぎまぎしながら「ばかやろう大人をからかうんじゃねー」とかいいながらも、こいつ本気だな〜と感じさせるものがあった。(おお!胸がせつなく・・・)そのときは一年先輩のある人を好きだったのと、その娘が他の高校のヤツと付き合ってるといるうウワサもあったしで、やろうとは思わなかった(笑)でも学校での夏の合宿のときその日がやって来ることになる。体育館の舞台がオレたちの稽古場だった。ネットが舞台のところに張られ、通常のフロアーではバレー部や体操部が練習をしてる。ネットぎりぎりに立ってるとよくボールが跳んできて直撃を受けたりする(笑)「はい!30分の休憩はいりま〜す!」部長のその言葉でオレは舞台そでのピアノのところで座ろうと思ってるとその娘が声を掛けてきた。「Tせんぱ〜い。飲み物の買い出し手伝ってもらいませんか〜」「ほいな」てな感じで、体育館から校舎の裏手の自販機へオレたちは行った。別によくあることなのでみんなも気にも止めなかったと思う。ジュースとかをひとしきり買って、カゴをぶら下げ帰ってくるとき、裏手の入り口階段前でその娘が立ち止まった。うん?なんで止まったの?という感じで振り返ると、その娘がいった。「せんぱい。えっちしたくないですか?」(←二人きりでいわれたのはじめてなので妙な期待感あり)「したいよ」「ならしよ」(←あの切なそう目、生涯忘れない)「またな」(←この瞬間下半身が反応w)「今日、1時にここでで待ってるから」「おい、本気か〜?お前カレシいるじゃん」(←やめたっていうな!)「別れたんだもん。あっ別にせんぱいと付き合うとかじゃないから心配ないよ」「なんだよ心配って」(←わけわからんがやっちゃおーって猿なオレ)「絶対だからね」「わかった」(←完全にその気になってる)オレは稽古が終わっ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

カワイイ系の感じ、一年上のオレは同じ名字のヤツがいた、思い出しちまう(笑)脱線、(おお!胸がせつなく・・・)、その娘が他の高校のヤツと付き合ってるといるうウワサもあった、(←二人きりで、「今日、1時にここでで待ってる、夜陰に紛れ近くの薬局の自販機までそーとコンドームを買いにいった(笑)1時ジャストにオレは昼間の場所いく、可愛いこと、ベッドが出来上がり、「せんぱい、キス、エロ小説になる、「ゴムつける」、一気に絶頂に(笑)抜こうとして間に合わず中田氏!、自力挿入、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト