性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

バカンス (浮気・不倫の体験談)

TD000256
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

S島にに行きたいと言ったのは、私の方でした。グアムやサイパンより少しだけ遠いのですが、最近になってアメリカ軍のあいだで大評判のビーチリゾート、直行便がないので、日本人もびっくりするくらい少ない、まさに「最後の楽園」旅行会社の言葉をうのみにしたわけではないのですが、ちょっと遅い夏休みをここでとることには、妻もとりたてて反対はしませんでした。結婚してもう4年にもなるのに、なかなかまとまった休みがとれなくて、海外旅行も新婚旅行いらいです。妻は2年前、沖縄にいったときに買った、オレンジのビキニをバックに入れながら、これまだきれるかなあーなんていってました。当日、成田空港のカウンターへ行ってみると、私達の他は、50代の夫婦だけ、という、なんとも寂しいツアーでしたが、「せっかく海外だもん。日本の人ばっかじゃ、それもいやじゃん」という妻の言葉に、ま、それもそうだなと思いながら飛行機に乗りました。機中、前夜の仕事のつかれもあって、うとうとしていると、妻の横にすわった、いかにもアメリカ人と言った感じの金髪の若い男が、しきりに妻に話しかけていました。妻は笑いながら、身振り手振りで会話らしいことをしていました。「おい、、お前英語しゃべれたっけ」っと、からかいついでに言うと、彼女は「ぜーんぜんわかんなかったけど、、。この人、私のこと、ハイスクールに行ってるのかって、、。10も若くみられちゃったよー」と、妙にうれしそうでした。妻は確かに童顔でうが、いくらなんでも高校生なんて、、「お前それは、ナンパされてるんだよ。あんまり喜ぶなよ」と私がいうと、やきもちやいてるーと笑って、機内食を食べ始めました。S島は、最後の楽園という言葉を裏切らない、素晴らしい所でした。私達が泊まったのは、つい半年前にできたリゾートホテルでしたが、サービスも、料理も、部屋も、文句のつけようがないほどでした。休みをとってよかったなあ、と思っていた私は、妻の水着姿をみて、ますますその思いを深くしました。オレンジ色のビキニを着た彼女は、結婚当初よりほんのすこしだけ肉付きがよくなったとはいうものの、逆にそれがなんともいえずいろっぽくなっていました。「日本人が多いと、ビキニなんてはずかしいからきれないけど、ここならいーよね?」と言う妻に、私は30を越えているのに、トランクスの水着がつっぱっていまい、なかなかうつぶせから体勢をかえるこ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

結婚、もう4年にもなる、妻は2年前、いかにもアメリカ人と言った感じの金髪の若い男が、、、。この人、私のこと、ハイスクールに行ってるのかって、、。10も若くみられちゃったよー」、つい半年前にできたリゾートホテル、私は30を越え、一回だし、彼女はどことなく満足、二日目の夜、私は最近接待ゴルフをはじめたばっかり、三番ホールのあたり、トラブルショットでブッシュにはいった私の首筋に激痛が走りました、白いノースリーブのワンピースを着た日本人の女性の姿が見えました、なにか黒いものが胸にひろがり、3人を遠くからしばらく見、彼女のピアスをふざけ、手で妻の脚をなでまわしはじめ、黒人はますます遠慮なく妻の耳や首筋を舐め始め、上半身裸でこっちを見ました、ベッドの上で脚を大きく開いた裸の妻と、舌で舐めまわし、よく見るアメフトの選手のように盛り上がった肩に、それぞれの下着を取り去りました、放心状態の彼女はただ、私は十代の頃にも経験、ウー、黒人はシャワーを浴び、キスを、あれほどいやがったバックスタイルを、片手で妻のヒップを少し持ち上げました、液をその肌色の剛棒にまぶす、男2人がまるで打ち合わせを、まるで森中に響き渡るよう、彼女の想像を絶する快感を、肉体的欲求の差を思い知らされました、、片手ずつにシャフトを握り、始めは黒いのを、次は白いのを、交代にしゃぶりはじめました。、いや4回彼女の中へ出しました、いや3回くらいのペースで抱きました、子供はもうすぐ一歳になります、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト