性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

ゼミ仲間の智子と志保と3 (泥酔状態での体験談)

TD000275
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

ゼミ仲間の智子と志保と2http://moemoe.homeip.net/view.php/752/genre412◆Spli.tIsLUsage04/10/3102:14:37ID:f71BUf9t智子は私たちに気づいた。「志保さーん!○○ー(私の名前)!」名前を呼びながら近づいてきた。私はとりあえず手を振っておいた。近づいた智子に志保さんが、慌てた様子で「と、智ちゃん!鍵あったよー」「どこにあったんですか?」「昨日の居酒屋に落としてたの。今から取りに行くけどいかない?昨日のお礼かねて二人になんかおごるよ」「いいんですか?行きます行きます」智子はタダ飯で乗り気な様子だ。私は一昨日昨日と連続して飲み会だった。しかし二人とも私よりは酒が弱いので今日はそんなに飲まなくても大丈夫だろう。413◆Spli.tIsLUsage04/10/3102:17:50ID:f71BUf9t隣駅まで行き、まだ準備中の昨日の居酒屋で鍵をもらい、その後、お茶したりしながら、夕方になって志保さんが昔バイトしてた沖縄出身の女将がやってる小さな居酒屋で飲み開始。私が志保さんの顔を見ながら一言、「志保さん、飲み過ぎないでくださいよ、あと大変なんですから」「ごめん、ごめん気をつけます、ハイ」おどけて反省している様子に智子も笑っている。今日はまだ暇なのか、酒が進むうちに話好きの初老の女将もあれこれと肴を運びにきたついでに、話に入ってきた。今夜は智子が最初に酔い始めてきた。志保さんもほろ酔いだろうか。414◆Spli.tIsLUsage04/10/3102:18:25ID:f71BUf9t1時間ほどして、店が急に混んできた。ドアのところまで人が並んでいる。私たちは、そうそうに退散した。まだ飲み足らないし、話の続きもしようということで、一度解散して、また私の下宿(三人の中では一番広い)で飲み直すことになった。カウンターへ行って志保さんが支払いしている。今日は私のおごりだし、いいよ。ということで甘えることにした。女将も、お兄さん、急に混んじゃってごめんね、これでも持ってって。とラベルも貼ってない瓶入りの酒(ワンカップくらいの小さなの)を3本もらった。自家製のお酒で、疲れたときに飲むといいよ。ということで貰ってしまった。415◆Spli.tIsLUsage04/10/3102:19:58ID:f71BUf9t駅

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

ゼミ仲間の智子と志保と2http://moemoe.homeip.net/view.php/752/genre412◆Spli.tIsLUsage04/10/3102:14:37ID:f71BUf9t智子は私たちに気づいた、「と、智ちゃん!鍵あったよー」、「昨日の居酒屋に落としてたの。今から取りに行く、二人になんかおごるよ」、414◆Spli.tIsLUsage04/10/3102:18:25ID:f71BUf9t1時間ほど、(三人の中では一番広い)、3本もらった、シャワーを浴びテレビを見、5分ほど後に志保さんもやってきた、2人ともシャワーを浴び、志保さんは泡盛をチビリチビリと舐め、「志保さん、なんれ美人、モテないの・・・?やっぱレズだかられしょーーーーー」、たったの、女の人と。ね、わかる?志保さんとらよ」、キスを求め、智子の舌が入っ、智子とディープキス、背中越しに智子の胸に手を伸ばし、上手にブラを脱がせ、すでに乳首は尖っ、志保さんはベッドに腰掛け見、下着の上からでも愛液が染みだし、股間を開かせ、智子が肩で大きく息を、志保さんが上目遣いでネットリとフェラ、昼のエッチのせいか、「志保さん、濡れてるん、69へ、快感の方が大きいらしい、感じ方を、、志保さんが挿入、なんだかお互いに異常にイキ方が早い、私も射精、裸のまま、その度に志保さんの身体はピクンってなっ、右手で智子のアソコ、志保さんのクンニとの効果で、卑猥、智子の可愛い声とベッドのきしむ音がいいハーモニー、「あーーーーいく、いく、いくーーーーーーーあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト