性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

妻が海外旅行の間に巨乳の義母をマッサージで感じさせ突き刺した

TD000277
キーワード: 妻の母と
カテゴリー: 男性視点 男(既婚、会社員)女(熟女、未亡人、茶道の師範)

テクスト冒頭部分

同居している義母とHな関係になりました。私は28歳のサラリーマンです。妻は25歳で、社内恋愛で昨年の3月に結婚しました。義母は47歳ですが、見た目は40くらいです。同居するまでは、義母は同じ市内の一戸建て、私たち夫婦はアパートに暮らしていました。今年1月に義父が交通事故で亡くなったので、私たち夫婦が一戸建ての方に移ることになりました。義父は私にすごく親切にしてくれていたので、亡くなったのはすごくショックでしたが、初めて会ったときから憧れていた義母と同居することになり、嬉しくなりました。義母は妻と同じく色白でムッチリした体型をしています。ルックスは、平均よりやや上のレベルという感じです。妻と並んで立つと、母娘と言うよりは少し年の離れた姉妹です。今年3月から同居し始めました。洗濯物カゴに入っている義母の汚れた下着の臭いをかいだり、干してある下着類を眺めて楽しんでいました。休日の夕方などは、私が全員の洗濯物を取り込んで畳んでいると、義母が慌てて飛んできて、自分の下着を隠そうとします。色白の顔を羞恥に染めて「後は私がやりますから…」と言う義母を見ると、かわいい人だなと思いました。そんな義母とHな関係になったのは、ゴールデンウィーク中です。ゴールデンウィーク中に、妻が会社の同僚3人とヨーロッパ旅行に出かけました。全員私もよく知っている人たちです。妻は、私が自分の母親と1週間も二人っきりで過ごすことに何の不安も覚えていない様子でした。ゴールデンウィーク初日午後、義母と昼食を終えて2人でリビングでくつろいでいるときのことです。「雅彦さん(私の仮名)、本当にごめんなさいね。娘1人だけ楽しんでしまって…」「とんでもない、結婚前から行きたいねと話してたことですし、お互いたまには羽を伸ばさないとね。気にしないでください、おかあさん」こんなとりとめもない雑談をしているうちに、「肩こり」が話題になりました。私が「おかあさんにマッサージしてあげますよ。けっこう自信があるんですよ。真美(妻の仮名)も喜んでくれてます」と言うと、最初は「いえ、いえ、大丈夫よ」と断っていましたが、私がソファーに座っている義母の後ろにさっと回って両肩に手をかけると、「それじゃあ、お願いするわ」と言ってきました。私の手が触れた瞬間、義母の体がビクっとなったのを見逃しませんでした。斜め上からの眺めは壮観です。かなりの巨乳な

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

私は28歳のサラリーマン、社内恋愛で昨年の3月に結婚、今年1月に義父が交通事故で亡くなった、平均よりやや上のレベルという感じ、義母の汚れた下着の臭いをかいだり、私が自分の母親と1週間も二人っきりで過ごすことに何の不安も覚え、2人でリビングでくつろい、「雅彦さん(私の仮名)、本当にごめんなさいね。娘1人だけ楽しん、。真美(妻の仮名)も喜ん、私がソファーに座っ、両肩に手をかける、かなりの巨乳、緑のサマーセーターの胸部分がドーンと突き出、首筋に鼻を近づける、ブラのホック外し、風呂場の入り口まで来、、私の部屋から髭剃りをとっ、義母は私の股間を見たとたん、チンポを見せ続けました、義母がバスローブを脱ぐ、「麗子(義母の仮名)、あの時もっと恥ずかしいマッサージを期待、少しだけ挿入、パンティラインがくっきり浮き出、一通り片付け終わっ、巨尻を左右からがっしり掴みました、5分ほど経ったとき、電話は大学時代の友人から、いよいよ太もも、もう少し脚を開い、体が大きくビクンビクン跳ねる、オッパイの大きさは妻より若干小さめ(後で訊いたらFカップとのこと)で、乳首はさすがに20代の妻ほど、下乳をペロンと舐め上げたころ、私の舌が乳首に当たるようグイっと動かしました、そのまま乳首をしゃぶり続けました、キスを、射精寸前に抜い、ことさら明るい口調で言いました、別々にシャワーを浴びた後、茶道の先生として気品がある、ウエスト部分に巻き込みました、パンティのウエストゴムに手をかけ、愛液がクロッチ部分に伸び、淫ら、卑猥、大豆ほどの大きさのクリトリスにチンポを擦り付けました、女性はこういう状況では、快感に身をよじり、コンドームをつけました、さすがに熟女のテクニックはすばらしく、ジュルジュルのバキュームフェラであえなく声を発し、フェラ、プレイが終わっ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト