性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

包茎と女の先輩 (手コキ体験談)

TD000280
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

あれは大学生の時、クラブの合宿でのこと。合宿では夜、大宴会があり、みんな酒を飲みまくる。最初は大広間で飲んでいるのだが、そのうちみんな酔っ払っていろいろと散っていってはそこらで騒いでいる。俺も例外なく飲みまくっていて、ふだんではありえないくらい酔っていた。酔っ払いながら女の子何人かと野郎何人かと喋っていたが、そのうちみんな散っていって、俺の他は二つ年上の女の先輩一人になっていた。この先輩はなかなか美人で俺のお気に入りだった。俺は自分の中では相当酔っていたが意識はあり、一部冷静な自分も存在していた。俺はかなり酔っていて、ろれつもあまり回らない状態だったので廊下の壁にもたれかかり、先輩と二人で喋っていた。だんだん尿意が限界に近づいてきたので「ちょっとトイレ、、」と言って立ち上がろうとすると足がふらふらでがくっと膝をついてしまった。先輩が「Aくん、大丈夫?」と俺に言ってきたので、俺は「大丈夫ッス、、」と言いながら立ち上がったが、またがくっと膝を着いてしまった。見かねた先輩が「もう、、トイレまで連れてってあげる。」と言って、俺の肩を抱えてくれて一緒にトイレに連れて行ってくれた。トイレまでくると俺はむちゃくちゃ気分が悪くなって吐きそうになり、先輩に「気持悪ぃ〜」と言うと、「じゃあ吐いた方がいいよ」と男子トイレの個室まで付いてきてくれた。俺は便器(洋式)に向かって片手をトイレのタンクにかけて前かがみでもたれている格好で、うぇ〜、と吐いているとき、先輩は俺の背中をさすってくれていて、俺は酔っ払いながらも心の中で(悪いな〜迷惑かけてるな〜)と思っていた。で、一旦水を流し、先輩がいるけどまあいいやと思い、おしっこをしようとタンクにかけている手を離すとまた倒れそうになったので、先輩が慌てて体を支え、「大丈夫!?」と言ってきた。俺はこりゃムリだと思い、先輩に「おしっこさせて下さい〜、、」と回らないろれつで言った。普段ならこんなこと言えるはずないが、酔っ払っていたのでどうでもいいやって感じだった。先輩は「え〜?そりゃまずいっしょ?」といっていたが、俺は「むり〜、漏れそう〜。」と言った。実際、膀胱はかなりパンパンだった。先輩は「もうしょうがないなー。」とあきれながらも怒っていないような口調で言った。そして俺の背中側から抱きかかえるように手をズボンのチャックに回し、チャックを下ろそうとした。し

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

あれは大学生の時、俺の他は二つ年上の女の先輩一人になっ、この先輩はなかなか美人で俺のお気に入り、先輩と二人で喋っ、俺の肩を抱え、感じ、そして俺の背中側から抱きかかえるように手をズボンのチャックに回し、先輩は俺のトランクスのゴムに指を掛ける、。そして、パンツとズボンを履かせ、先輩はチンコのカリ辺りを摘ん、俺のほっぺたにキスを、俺はイキにそうになり、「今日はAくんの秘密を知っちゃったね。」、また股間が熱くなるのを憶えた、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト