性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

天国と地獄、セックスを教えてくれた女性が他の男にイカされる

TD000292
カテゴリー: 第三者視点 男(大人、経験済、不明)女(若者、経験済、風俗嬢)

テクスト冒頭部分

えーと、まだ実家暮らしの時の話なんだけど、俺ん家って結構大家族なんだわ。爺ちゃん、婆ちゃん、親父に母ちゃん、子は上から長女、次女、長男、次男の俺、三女。一番上の姉ちゃんは大学まで行ったが他は皆、中卒か高卒まで。どうも両親は長女を大学までいかせてみて全員は金銭的に無理だと悟ったらしい。そんなのもあって俺より上の二女と長男は二人とも中卒でしかも夜の仕事で働いてた。俺は高校行ってて当時18、卒業後の事で悩み抜いていた。進学って選択肢は無かったもんで。とりあえず触れとくが、童貞だった。それどころか奥手な自分が将来、経験する事自体が想像できなかった。出会いもなかったし。小遣い無し、バイトで稼げ、バイト無い日は帰って来て家事を手伝え、爺さんの介護も子が分担、家に恋人連れ込むのも無理。って恋愛とかできる環境じゃなかった。個人の部屋も無くエロビも観れなかったし彼女もいない。18だった俺は相当ムラムラしてた。もう姉ちゃんや妹でも良いからやらせろ!ってくらいね。母ちゃんは勘弁だったけど。ある日、夜の仕事してるって書いた21の兄が「お前彼女とかいるの?」って聞いてきた。「無理だよ」って答える。まぁ兄ちゃんも同じ環境で育ったわけだから、その一言で全部理解してくれた。「紹介してやるよ、年上でも良いだろ?」と兄。もちろん俺は大喜びで兄貴の言葉に甘えた。年は23で俺より5こ上らしい。マジ夢が膨らんだ。で、兄経由で携番、メアド交換してその人と、しばらくメル友みたいな関係になった。まだ顔は知らなかったが兄いわく優香似との事。名は仮に優香じゃ恐れ多いので優って事で。日が立つにつれ、どんどん親近感湧いて、合った事も無いのに好きになっていた。優は甘えん坊で五つも年下の俺にも恥ずかし気なく甘えてくれた。あと下ネタが相当好きでソフトなネタから結構エグイネタまで何でもOK。童貞の俺はカチコチに。それに「毎日大変だから君の存在に癒される」て言ってくれて、俺も似た様な気持ちだった。電話で話す様になった頃にはすでに恋人状態で、ラブラブトークを展開していた。そんなある日「三日後、仕事が休みだから会おう」と優。約束の日はド平日で、しかも俺はバイトが入っていたが親には内緒でバイトを休んで会う事にした。それから三日間は寝れなかったし夕飯の時なんて度々母ちゃんに「あんた、何ニヤけてんの?」と聞かれる始末。優

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

三女、一番上の姉ちゃんは大学まで行った、俺より上の二女と長男は二人とも中卒、童貞、出会いもなかった、年は23で俺より5こ上らしい、兄いわく優香似との事、電話で話す様になった頃にはすでに恋人状態で、夕方の六時半に駅の前で待ち合わせ、一人の女性に声を掛けられた、クルクルの少しだけ明るい髪で登場、高嶺の花って感じ、良いの?」と聞くと「可愛い年下好き、部屋もとても綺麗、自然に話せる様に。「何時頃に帰るの?」「バイト終わるの十時、平気」その段階でもう八時半頃、優は薄着で、若かった俺は肩や胸元を見るだけでアレがカチカチに、とりあ胸のボタンを外す、脱がせ、舐める、体中触る、優はベッドの上で服を脱ぎ全裸になった、目の前に夢にまで見た人の裸、」たぶんもう九時頃、先っぽ吸っ、優はゴクッと飲ん、「アッ!イイ!イイ!」と優は下から俺を抱き寄せ、優の腹の上で大量に射精、たぶん時間は五分くらい、一ヶ月で五万円近く、それから2?3日、「優さんは何の仕事、キャバクラやパブみたく酒を飲む所らしかった、女の子達はお客の膝の上に向かい合っ、嫉妬を燃料に恋愛感情が燃え、優と寝室に入っただけで初体験の思い出がよみがえり勃起、かわりにベッドの下から1メートルくらい離れた床に布団が敷い、風呂に入ったの、「チュパチュパ」と唾液を含ん、大きな胸を無理矢理露出、そのまま男は優の乳首へと首を延ばした、優は控え目に喘ぐ、「気持ち良い?」男が乳首をチュパチュパ舐め回した、男の吐息も激しい、M字開脚になった両足を両手で押さえ付けた、ぁ!」知った事かと男の舌は加速、凄いビショ濡れじゃん?」男は嬉しそうに言った、俺は下唇を噛みギュッと目を閉じた、大量に精子を優の尻にぶっかけた、「マジでお前って淫乱、それで優への愛もぶっ飛ぶと、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト