性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

深夜の炉天風呂 (温泉での体験談)

TD000294
カテゴリー: 女(処女 )

テクスト冒頭部分

3年前の夏、出張でとある寂れた港町に行ったときの体験です仕事柄深夜まで一人で仕事をしていた俺はその日泊まる場所を探してやっと見つけた古びた民宿に泊まることが出来ました。時間は夜の0時近くだった為、食事は無理だったが、大浴場だけは本来0時で閉める所、食事が無い分俺だけ特別に入って構わないという事になりました。その時民宿のお爺さんは「今、孫たちが夏休みで遊びに来ていて、一緒に大浴場に入ることになりますがいいですか?」と言われ別に構わないのでそれを了承した・・まさかそれが最高の体験になるとは・・・俺は部屋に荷物を置くと早速大浴場に向かった。大浴場とは名ばかりで実際はこじんまりとした家族風呂のような感じでもう一つ外には小さな露天風呂がある位でした。それでも貸しきり状態なので気分良く湯船につかり疲れを癒してました。5分位してからだろうか古びたドアをガラガラとして脱衣場に誰か入ってきた様子。「あれ?」って思ったが小さな男の子の声がしたので「ああっさっき言ってた孫かぁ」とお爺さんの言葉を思い出した。気にも留めずしばらくすると「わ〜〜い!!」と勢い良く男の子が俺の入ってる湯船に飛び込んできやがった。せっかくゆっくりしてたのにと注意しようとした時・・・「こら信!お客さんがいるからって祖父ちゃん言ってたでしょ!!」と俺の後ろから声がしたので振り向くと、歳は章5位だろうか、そこには少し薄暗い中でもはっきり分かる位、スクール水着の日焼け跡した少女が立っていた・・肩から伸びる腕とVラインから伸びる健康的な足は小麦色に日焼けし、白い部分は発育途中ではあるが十分な大きさのある丸みを帯びた柔かそうなおっぱい。先には少しぷっくりしたピンク色のかわいい乳首。くびれた腰のラインから下を目で追えばそこはまだ毛も生えていないツルツルのあそこ・・ぷっくりと膨らんでいて下の方に縦筋が付いていた。まさかもう一人いたとは!それも超かわいい俺好みの少女!ロリ好きの俺としては最高のシュチュエーションだ!少女は俺に警戒する様子も無く「すいません・・ほら信も!」・・・もうそのとき俺はそんな事よりも少女の裸に目が釘づけで湯船の中で俺の息子がムクムク勃起していった。俺は少女に「いいよ!」と全然怒ってない様子に少女と弟は安心したのかお互いに色々話しをし出した。少女の名は由佳11歳奨5弟は園児でこの夏休みで祖父の経営する民宿に里帰

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

3年前の夏、仕事柄深夜まで一人で仕事を、時間は夜の0時近く、家族風呂のよう、感じでもう一つ外には小さな露天風呂がある位、5分位、「こら信!お客さんがいる、歳は章5位、・・肩から伸びる腕とVラインから伸びる健康的、ピンク色のかわいい乳首、まさかもう一人いたとは!それも超かわいい俺好みの少女!ロリ好きの俺としては最高のシュチュエーション、・・・もうそのとき俺はそんな事よりも少女の裸に目が釘づけで湯船の中で俺の息子がムクムク勃起、少女の名は由佳11歳奨5弟は園児でこの夏休みで祖父の経営、親は母親だけで夏休みの間ここで2人を預け、チンポで少女の座る隣に腰掛けた・・さすがに由佳も驚いた様子じっと俺のチンポを見、弟のシンも自分のチンポと見比べ、(笑)、手つきで俺のチンポを弄り始めた・・こんなかわいい少女に触られてるだけでイキそうになった、ちょっと由佳の顔を見るとここれは!まるで大人の女性の様に少し瞳孔の開いたうっとり、少し開いた由佳ちゃんのアソコを指差し、答えた俺は心の中でよし!!と叫ぶとシャワーで泡を落とし、最初は優しく首筋を洗う、・・俺の手は優しく由佳ちゃんの肩や腕などを撫で洗いしついには由佳の胸へ・・手にすっぽり収まる程良い大きさにまさにマシュマロのよう、指の感触で割れ目上の小さな小豆くらいのクリトリスが感触でわかった由佳ちゃんは荒い息と吐息が混じった様、そっと一度キス、今度は乳首を舌でペロペロ舐めてた、瞬間もう俺の理性は吹っ飛び抱いたまま由佳ちゃんを風呂のタイルに寝かす、快感に耐え、粘り気のある愛液が舌先に感じられた少し両手でアソコの割れ目を開く、由佳ちゃんの体が跳ねたどうやらイッた様、さすがに挿入は無理っぽい、章5おっぱいを名残惜しむように吸ったり立たせたまた割れ目を舐めたり・・2人でお風呂を出、懐かしい思い出で注学生になった由佳とは今でもメールで付き合っ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト