性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

女体盛り (露出の体験談)

TD000299
キーワード: 女体盛り
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

去年の10月にひとりで東北の方へ行ったときのお話をしたいと思います。この時は普通の週末だったんですけど、土曜の朝5時ごろに早起きして車をビュウ〜ンってとばして行きました。目的地に着いたその日に3件の露天風呂をハシゴしてしまいました!1・2件目とも結構良かったんですけど何と言っても3件目の温泉がサイコ−でした。そこへは午後の1時頃に着いたんですが、わたしが露天に入ったときには、わたしのほかにはおばあちゃんがひとりいるだけで、しかもすぐに出て行ってしまったのでもう貸し切り状態でした!その温泉は『玉子湯』っていうんですか、湯の花がお湯にものすごい量プッカプカ浮いててほんとに『玉子スープ』に入っているみたい!(匂いもスゴイんですけどぉ。)『まゆみは中華の食材になっちゃったのかしら?』なんて思ったりして!空には晴天の秋空がひろがり、あたりには木々を揺らす風の音しかしなくってほんとにほんとにもう『いうことなし!』です。日頃ムリをさせているお肌にもたまにはゆっくりとリラックスさせてあげないとイケナイですよね。毎日このスタイルを保つために腹筋とかはやってるんですけど(夜の通販で買ったヤツとか使って)なかなか時間かけてボディーマッサージとか平日はできないですからね。それと蛍光灯じゃなくて太陽の日の下でみる自分の肌の色って好きなんですよ。なんか暖かみがあるじゃないですか。ゆったりと広〜いたたみ20畳ぐらいはあるお風呂にひとりっきりで入って、ときどき映画のワンシーンみたいに脚だけお湯の外にだして手でなぞったりして・・・。チョット自己陶酔しちゃいました。『あ〜ん。もう、気持ちいいよ〜!』勢いだけで家を飛び出してきたので今晩の宿もまだ取っていません。ま、いつものことなんで『最悪また車のなかで寝ればいいさ!』ってノリであまり真剣には考えていません。『とりあえず、今が気持ちいいからいいの・・・!』ってカンジです。ところがそんなまゆみの夢のようなひとときをぶち壊す出来事が起こったのでした。ワイワイガヤガヤというけたたましい声と共に、少しお腹の出た中年の男性が4人ドヤドヤと露天に入って来たのでした。『おお〜!いい眺めですなぁ!』『やっぱり露天にかぎりますなぁ!』『この後のビールがたまりませんねぇ〜!』せっかくのいいカンジがもう台無しです。『・・・・・たしか浴室の入り口のところに”露天風呂:10時〜1

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

土曜の朝5時ごろに早起き、目的地に着いたその日に3件の露天風呂をハシゴ、!1・2件目とも結構良かったん、『まゆみは中華の食材になっちゃったのかしら?』、あたりには木々を揺らす風の音しか、毎日このスタイルを保つために腹筋とかはやってるん、ゆったりと広?いたたみ20畳ぐらいはあるお風呂にひとりっきりで入っ、ときどき映画のワンシーンみたいに脚だけお湯の外にだし、少しお腹の出た中年の男性が4人ドヤドヤと露天に入っ、露天風呂:10時?13時殿方/13?16時ご婦人”、若い女性がひとりで入ってることに配慮、、女のわたしがタオルで胸やあそこを隠し、身体のどこも隠さずに自分の裸を見せるだけ見せ、わたしはすっかりその結果に満足、どうしても左右どちらかの乳首が出、、へぇ?。それならホテルかどっかに泊まるん、『それなら、この宿に泊まりなよ。おじさんね、この宿の主人とは長い付き合い、(ここって一泊いくら、有難うございます。わたしは内川まゆみと、。いま22歳、1人が言い全員で、『いやぁ、こんな綺麗、その向こう側にすでに4人分のお布団が敷い、障子の向こう側でわたしは服を脱い、お風呂上りでブラは付け、わたしはお礼のつもりで皆さんの肩を揉ん、。こういう子と結婚、結局イイ感じに興奮、腰そしてつぎに太ももとまゆみの肌があらわになっ、(たぶんマグロの)、わたしのアソコに伝っ、それを1人のおじさんが舌でぺロッと舐め、わたしはテーブルの上でビクン!と跳ね、誰かが備え付けの冷蔵庫からカップのバニラアイスクリームを見つけ出し、オマ○コがジュン!と、それはエステで行われるマッサージのよう、その快感から逃げようとして意識をどこか別、わたしの顔や唇も4人のおじさんにベロベロと舐められたりキス、『まゆみちゃん、ほんとに可愛いなあ』、、おじさんの1人が手に5万円握っ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト