性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

雨がくれた幸せの時 (学校での体験談)≪初体験、童貞、処女≫

TD000302
カテゴリー: 男(童貞)女(処女 )

テクスト冒頭部分

高2のときの話。吹奏楽部だった俺は、楽器庫の戸締り担当だった。つまり、部員全員が楽器を片付け終わるまで俺は音楽室に残ってなければならなかった。実際は遅くまで練習しいるやつに鍵を託して帰っちゃったことはあるけど。ある日、いつものようにみんなが楽器を片付けるのを待つ。この日は早く帰りたいなと思いながら、待っていたが、いつものように片付けが遅い部員がいるわけで。それが美奈だった。いつも元気なキャラの美奈は、練習にも熱心。うちの学校は、お世辞にも上手い学校とは言えなかったが、彼女は「上の大会に出たい。」の一心で練習に力を入れていた。そのせいか、俺は美奈を待つことが多かった。みんなが練習終わった30分後、美奈の個人練習は終わる。俺はそれを待っている。一緒に合わせればいいと思っても、俺はトロンボーン担当、フルートとはかなりあわせづらい部類。たいていは、俺が楽譜見て聞いてあげたりしていた。「美奈ぁ、そろそろ遅くなるし、終わらないか?」「そうだね、じゃあ終わろ。」と、今日もやっと終わった。音楽室に残っているのは俺と美奈のみ。いつもはこの後一緒に話をしながら帰る。今日もそのつもりだった。「ねぇ、雨すごいよ。」と美奈が窓の外を指差す。天気予報で雨とは言ってなかったのに、と思いながら「雨やむまで待とうか。」と美奈に声をかける。「うん。」と美奈はうなずいた。暇だったので、いろいろと話をする。いつもは帰り道を歩きながら話をするのだが、今日は音楽室の椅子に座りながら。「そういえばさぁ。」と美奈が話を切り出した。「明人(俺)って夏美ちゃんが好きって本当?」夏美とは同じトロンボーンのメンバー。一時期、部員の間で噂されたことはあるが、恋愛感情のようなものは抱いてはいなかった。俺「いや、違うよ。あれは噂だって。」美奈「え、そうなの?同じトロンボーンなのに。」俺「それだけだって。」美奈「へぇ、2人とも付き合ってると思ってた。」どうやら、美奈にまで勘違いされていたようで。美奈「でもさぁ、夏美ちゃんの側にいて何も感じないの?」俺「いや、そんなことはないけど。」美奈「ほら、マウスピースになりたいとか・・・。」俺「なんだそれ!」美奈「ほら、キスしてみたいとか。金管楽器だったらそういうことあるんじゃないの?」俺「美奈って妄想癖あるだろ、そこまではないよ。」美奈「考えすぎ?」俺「そのとーり。」相当妄想が激しいようだ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

高2のときの話、それが美奈、いつも元気、「明人、夏美ちゃんが好きって本当?」、抱い、「へぇ、2人とも付き合ってると、何も感じないの?」、「ほら、キス、「美奈って妄想癖ある、相当妄想が激しいよう、噂を打ち消すためにこんな感じのこと言ったと、ない童貞君、肩を寄せ、舌を入れたり、左手で美奈の胸を触った、美人と、「明人がこんなにエッチ、美奈の白いブラジャーが顔を出した、見る女性のおっぱい、つまり俺達はは童貞と処女、そのまま乳首をなめ、そのたびに美奈は喘ぐ、狙いはもちろん中のパンティ、美奈はシューズと靴下以外は全裸という姿、俺も服を脱ぎだす、チンチンをさっきの入り口にあてがう、そしてそのまま美奈の中へ挿入、半分ほど入ったチンチンを全部美奈のマンコの中に入れた、快感に身を任せる、俺の一突き一突きで声を出す美奈、心地よい快感とともに俺は美奈に射精、太もものあたりに付いた精液を拭いた、そのまま俺達は楽器庫の中で裸のままでキス、「高校時代のえっちな思い出Part16」、出典:■★■萌えた体験談コピペ祭りPart27■★■http://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1102468794/、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト