性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

私、亜矢子25歳の専業主婦です。 (浮気・不倫の体験談)

TD000467
カテゴリー: 女性視点 女(人妻 )

テクスト冒頭部分

私、亜矢子25歳の専業主婦です。子づくりに励んでいますが子宝に恵まれず、夫婦二人で結婚5年目を迎えました。主人は武志30歳食品会社の営業マンをしています。先日、主人の旧友の山田さんを自宅に招き、お酒も入り遅くなったので、そのまま泊まって頂くことになりました。主人は楽しさから飲み過ぎて寝てしまい、隣室に布団を敷いて寝かせた後、仕方なく私が山田さんのお相手をして、楽しく会話も弾み午前1時をまわっていました。山田さんもお酒が回り、少しエッチな会話になって来て、だけど、私は軽くのりの良い受け答えをして上手くかわしていました。けど。ちょっとした事から座っている山田さんのズボンの前を見たら、主人のとは比べものにならないほど、大きく膨らんだものが目に入って来たんです。私は日ごろから主人の淡白なセックスに少し不満があって目の前の大きな膨らみを見ていたら、鼓動が早くなってしまって……ポッと頬を赤らめちゃった。なんか、まずい雰囲気がして慌てて台所へと片付けものを持って席を立ったんです。台所で片付けをしていても、先程の山田さんの膨らみが頭から離れず……あんなもので責められたら……なんて考えてしまって<私……何言ってるの……そんな事を考えてはダメじゃない………>自分に言い聞かせて片付けを済ませました。だけどアソコからは熱いものがちょっと溢れていたんです。山田さんのいる、居間へと戻って、気分を変えて「そろそろお開きにしましょう」と声をかけると、山田さんはソファに座り、先程の膨らみの……正体をズボンのファスナーから飛び出させていたんです。あまりの大きさに、私、その場にヘナヘナ……と座り込んでしまって座り込みながらもしっかりと山田さんの股間から反り返る肉棒を見つめていたんです。私が顔を赤らめた表情から山田さんは自分の物に興味を覚えていることを確信して大胆な行動を取ったそうなんです。「亜矢子さんと話していたらこんなになってしまったんだ、手でいいから楽にしてくれないか」と山田さん真剣な顔をして話だしたんで「主人が隣の部屋で寝ているのにこんなこと……」しかし、目の前にそそり立つ山田さんの逞しいものを見ていたら、またアソコがジーンとしちゃって、恥ずかしい汁が溢れて来ちゃったの。私の中で、天使と悪魔が戦い始めていた。触ってみたい……いけないわ……だめ……手だけならいいかしら……戦いは悪魔が勝ってしまった。

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

亜矢子25歳の専業主婦、夫婦二人で結婚5年目を迎えました、主人は武志30歳食品会社の営業マンを、主人の旧友の山田さんを自宅に招き、楽しく会話も弾み午前1時をまわっ、少しエッチ、セックスに少し不満があっ、だけどアソコからは熱いものがちょっと溢れ、山田さんはソファに座り、しっかりと山田さんの股間から反り返る肉棒を見つめ、主人とのセックスで自分の体が満足、ペニスはグッと張り出し、山田さんが私の胸に指を這わせ、自分自身の淫ら、ジワリジワリと乳首を探り、パンティー上から撫で上げクリトリスを刺激、パンティーの上から舌を使っ、舐めまわしはじめた、フェラチオに淫靡、この快感はなん、さっきの激しいプレイで自分が自分、感じ、パンツも脱がせ、ハーモニカでも吹くように丹念に吸い付き、一本の男性のものに乱れまくっ、お汁にジュクジュクに濡れた膣に、反り返り全体重を山田さんに任せ、私を両腕に抱くように、肩から脱がせブラジャーも外され、私の身体を抱きかかえ、激しく私の口の中へ喉の奥まで……まるで嫉妬、初めてこんなに感じ……上と下で突きげられ犯され、「ううぅぅ……あや……こ……気持ちいいよ……」、ドクドク……波打つのを下唇で感じた………私は主人の精液を喉を鳴らし、「亜矢子、綺麗、「山田と金子が言うように、俺達五年も経つのに子供が出来ないのはおかしいよな……」、金子さんという方、三人で飲みに行ったことがあった、本来の私の性格から、究極の快楽を得られる私の淫乱、衰えなかったもしかしてあの人まだ射精を、どんなお付き合い、「七時十分前、シャワーでも浴び、念入りにお化粧を、ブラが少し透け、見えるピンクのブラウスに、下着もお気に入りの春の新作、可愛いリボンの付いたピンクの新しいもの着け、バスタオルを腰に巻き上半身は裸のまま居間の椅子に座っ、カリの部分を一周舌でなぞり、「ううぅ……気持ちいい……奥さん……ごめんなさい……話しますよ……始めは居酒屋で飲ん、…………武志を挟むようにママとホステスが座り、両端に俺と金子が座っ、武志が、俺の隣へ寄っ、大きなおチンチンをしゃぶり、脚を開かせ、お気に入りのピンクのパンティが剥き出しになってた、「山田さ…ん……主人に電話、股を大開に、……ね……直接……家に来……てい……あぁん……ただくこと……に……うん……心配、すま、大学とバスケットボールを、身長198センチあるそう、全身が筋肉に覆われた巨人主人の三回り、恐る恐るパンツのゴムに手をかけ、親指で乳首を転がしキスを、掴むと言った方が適切かもしれない………超特大の太巻のよに、放心状態で横たわっ、……いく……いく……こんなの初めて………」、私がよがり声を上げ、風呂場へ連れ、挿入、肉体じゃなく気持ちをこめ、ユウに2時間はかかると、首筋から耳へ金子さんの舌が這わせ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト