性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

銭湯での露出 (露出の体験談)

TD000591
カテゴリー: 女性視点 

テクスト冒頭部分

初めての銭湯体験がわたしにとってはあまりに鮮烈だったため、その夜は遅くまで寝つけませんでした。全裸になった瞬間や彼の視線、帰り際の態度などを思い出しながら『明日もまた彼に見られちゃうのかな』と考えると興奮で息苦しさを感じる程でした。彼のニヤついた口元を思い出すと屈辱感もかなりあったのですが、見られる興奮はそれよりはるかに強かったのです。翌日は夜に友達と会う予定があったので夕方6時前に銭湯に行きました。相変わらずガラガラでした。そして番台には彼の母親らしきおばさんが座っていて、ホッとした反面がっかりもしました。その次の日は最初の日と同じ時間に行ったのですが、母親とも違うちょっと若目のおばさんが座っていて、ちょっぴり期待していた分落胆も大きかったです。ただ2日続けて番台が女性だったので、脱衣所の様子をじっくり観察できました。脱衣所のどの場所が番台からどう見えるのか、彼にわたしの裸を見せるにはどういう行動を取ればいいのか・・・。『わたし何てこと考えてんだろぅ』と自分に呆れながら、何気なく後の壁一面の鏡を見たとき、ある衝撃的な事実に気づきました。その瞬間、初日の興奮と屈辱感が波のように押し寄せて来たのです。鏡にうつるわたしの顔のすぐ左に、番台に座ってテレビ見ているおばさんの姿がありました。番台から見れば鏡越しにわたしの姿がほぼ正面に見えている筈です。当然その場所で鏡を背にすれば、真後から見たような後姿が見えるはずです。それがお風呂上りの全裸の状態だったら、そして、足を拭くときに上半身を曲げあの前屈姿勢をとったなら・・・、鏡は容赦なく一番恥ずかしい部分をうつし出し、番台まで届けてしまいます。彼が番台に座っている時に、この場所で着替えたりしたら・・・。もちろん鏡に自分の恥ずかしい部分がうつっているとは気づかぬ素振りで。想像しただけで頭が真っ白になりそうでした。さすがにそこまでは出来ない、と思いつつもその場所をしっかり覚えて帰りました。家に帰ってから悶々としてしまいました。『明日彼が番台に座っていたらどうしよう』いつもガラガラなのでロッカーの場所はわたし次第です。翌日になってもあの場所で着替えるか決めかねていました。あまりに恥ずかしいという思いと、見られたいという欲求がせめぎあって揺れていました。結局みられたい欲求の方がやや優勢になり、もしあの場所が空いていたら着替えてみようとい

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

夕方6時前に銭湯に行きました、ただ2日続け、番台が女性、彼にわたしの裸を見せるにはどういう行動を取れ、何気なく後の壁一面の鏡を見たとき、それがお風呂上りの全裸の状態、感じで銭湯に向かいました、1対1の状況でストリップのように服を脱ぎ全裸を晒す、ブラを外そうとして背中に手を回したとき、見られる快感が押し寄せ、冷たいシャワーを浴びてほてりをさまし、わたしはお尻も太ももにも贅肉が少ない、『見られてる、こんなに明るい所で、一番恥ずかしい部分すべてを・・・』、あそこが濡れ、初日に体重計の前で見られた時は一瞬のこと、下駄箱でサンダルを履く頃には既に下着が濡れ、ただ脱衣所のロッカーは胸くらいの高さで、スタイルを確認、結局20回くらい銭湯に通いました、演じたのは4回、近所の狭い道で二人の友達と一緒に歩く彼とすれ違いました、『今すれ違った女知ってる?俺らが中1の時3年にいた女、少し嫌悪感を抱い、自分の意思とは関係なく乳首が硬く尖り始め、おじさんとの距離は50センチ位、明らかにわたしのアンダーヘアーとバストにも視線を移しました、(笑)、うつむき加減にロッカーのカギがついたゴムを手首にはめる動作を、50歳くらいの女性とわたしだけ、わたしは髪からタオルを離し肩にかけたまま、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト