性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

バレンタインデー(幼馴染の佳織、中高も一緒、同じ大学に合格して)

TD001400
キーワード: バレンタイン幼馴染
カテゴリー: 男性視点 男(少年童貞、高校生)女(少女処女 、高校生)

テクスト冒頭部分

2月14日。学校帰り、俺はいつもの公園に呼び出された。「ねえ、賢ちゃん・・私ね、ずっと・・・好きだったの。」いつも男っぽい佳織が、頬を赤らめて俺に言う。小さな紙袋の中には、可愛くラッピングされたチョコレート。「手作りなの・・・、た、たべてくれると・・・うれしいんだけど」可愛い手袋をした手で、不器用に俺に差し出す。いきなりのことで動揺してしまい、俺はただそれを受け取るだけだった。「返事・・・、ホワイトデーにちょうだい」そういって、俺にくるっと背を向け走り出す。当時中2だった俺達は、保育園からの幼馴染。家も近所で、3歳から一緒に育ってきた佳織からのいきなりの告白。俺は、どうしていいかわからなくなった。その日は頭が真っ白になって、何も考えられなかったが、なぜか頬を涙が伝っていた。ただ、菓子を作るのが得意な佳織が作った生チョコは、俺も一緒に溶けてしまうんじゃないかと思うほど美味しかった。少しでも佳織の事を考えると、俺は壊れてしまいそうで、極力考えないようにした。家も近いのに一緒に学校に通わなくなった。だんだん冷静に考えられるようになったときには、もうホワイトデー。俺は断った。断らなければならない理由があった。当時、俺はいじめられていた。原因は、とある男子が女子に告白したところ、俺が好きだという理由でフられたことらしい。受験を心配してなのか、表では普通に過ごしているが、毎日のように裏で受ける暴力・・・、腹や背中にはたくさんの痣や傷があった。それに佳織を巻き込むわけにはいかなかった。情けなくて、自分がみっともなくて、おかえしのキャンディーを渡して「ごめん」といった後すぐ走り出し、自分の部屋で泣いた。その日の夜、佳織から電話があった。理由が聞きたい、と。俺は、本当のことが言えなかった。「お前のこと、ほんとに大切な・・その、・・親友だと思ってるんだ・・・。だから・・・・」『だから』といったものの、その先は何も思いつかない。受話器のむこうから、佳織の泣き声が聞える。「・・・ごめん・・。」「・・・・・謝らなくていいよ、私こそごめん・・・」「・・・明日から、普通に喋ってくれよ。」「うん・・・」電話を切った後、俺は泣いた。女っぽい行為かもしれないが、佳織と一緒にゲームセンターで取ったぬいぐるみを抱きながら泣いた。涙が枯れるまで泣いたと思う。もうカーテンのすきまからは朝の光が差し込んでいたし

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

2月14日、「ねえ、賢ちゃん・・私ね、ずっと・・・好き、いつも男っぽい佳織が、可愛い手袋を、3歳から一緒に育っ、佳織から電話があった、佳織と一緒にゲームセンターで取ったぬいぐるみを抱き、ぎこちない感じこそあった、、クサレ縁?(笑)」「そうとしか言いようがないな・・・」、「へ?・・・付き合っ、やっぱり佳織と2人で居るほうが落ち着くな・・、身長は日を重ねるごとに俺の方が高くなり、佳織は167cm、俺は179cm、佳織は5回ほど告白を受けたり、帰ろうっておもってたの・・・・・・。賢ちゃんのことは胸に閉まっ、、さすがの俺でも抵抗、そのあと3ゲームほど、衣服などはシルバーラックに綺麗に収まっ、ソファに腰掛ける、。大学出たら、・・・その・・、結婚、俺の肩にもたれ掛かっ、その一言に愛らしさを感じた、小さいうちから家族ぐるみの付き合い、「まえ一回見に来た、色々語り合った。飯を食べ終わった後俺はソファーでテレビを見、俺達はキスを、ぎこちなく舌を絡めあう、俺は佳織の胸を触った、ディープキスを、佳織のセーターを脱がせた、初めて見た佳織のオトナっぽい下着姿に、フロントホックのブラをはずす、ピンクの乳首にしゃぶりついた、童貞処女コンビ、「あの・・・・・えっと・・・コ、コンドーム・・・・」、交代で風呂に入る、バスケで鍛えられ、引き締まった太ももとウエストを愛撫、俺は佳織のマンコに手をやった、ブラとお揃いのパンティのうえからなぞっただけでも、首筋を、ーっと舐めあげ、そして気持ちよさ・・・俺は快感にのまれたように、「佳織・・・、佳織っ・・・お、俺も・・愛してるっ・・うっ・・・・」、そのあと4分もたたないうちに俺はイった、2人で体を洗いあいっこ、、俺は性欲の捌け口みたいに、俺達はバスケのサークルに入った、同じサークルの吉村先輩が佳織のことをやたらと気に入っ、佳織は無理矢理ジャージを脱がされ、片方の乳首をしゃぶられ、もう片方の乳房を強く揉まれ、頭をギリギリかすれ、不登校になった女子の事を十数人のいじめっ子に1人で問い詰め、佳織のおばさんも昔は結構すごかったらしい、まだ涙で濡れ、とりあえずシャワーを浴びたいと、「まぁ、飲めよ」、中で無理矢理犯されかけた、そして乳首を吸う、乳首を優しく噛み、頭の中にある吉村さんへのイラつきとか、佳織を裸に、そしてクリトリスを舌で転がし、膣のまわりの愛液をぺろぺろとなめまわす、佳織の喘ぎ声は一層大きくなる、ずっと挿入、激しくピストン運動をくりかえし、佳織にぶつけたセックスは、「女の子はいろいろ必要、佳織から10件ほど着信が入っ、。携帯のアラームが18時55分を知らせる。俺は掃除の道具を片付け、ちょうど7時に家についた。、、バレンタインは結構いろんなことあったよなあ」、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト