性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

お嬢様と後背位(箱入りで世間知らずなお嬢様と付き合いバックで)

TD002235
カテゴリー: 男性視点 男(経験済、大学生)女(若者処女 、大学生)

テクスト冒頭部分

僕はバックが大好きです。三度の飯より大好きです。女の子の大きくて柔らかいムッチリとしたお尻の肉を自分の下腹部にパンパン当てるのが大好きです。だから今まで僕が付き合ってきた女の子やナンパしてゲトした女の子は漏れなく初日からバックでパンパンしてました。嫌がる子も居ましたが半ば強引にした事も多々あります。ハイ女心など全く意識したことなどありません。傍若無人に女の子を扱っていました。そんなある日の事です。某有名私立大に在籍する友人から電話がありました。合コンを企画したけど突然欠員が出たから数合わせで来ないか?と言うのです。相手の大学名は伏せますが○室御用達の有名私立大学です。正直僕は引きました。だって僕は三流大生なのです。どう考えたってバランスが取れません。相手が僕の学歴を知って落胆するのは明白です。当然僕は拒否しました。まあ彼女と別れたばかりの僕でしたから後ろ髪を引かれる部分はありましたが。しかし友達は執拗に食い下がります。「絶対に嫌な思いはさせないから任せろ!」と言うのです。しばらく「いかね!」「出てこいや!」の繰り返しでしたが、とうとう僕は根負けしてしまいました。「浮いたらすぐ帰るからな!」と念を押して了承してしまったのです。そして当日です。気の乗らない僕は直前までドタキャンする理由を探していましたが結局行く事にしてしまいました。土壇場で友達を裏切るのはいくら何でもはばかられたからです。その代わりもし浮いたら思いっきり後で責めてやるつもりでした。「オシャレはしてくるなよ、ラフな格好でイイから」と言う友達の要請で僕はTシャツにジーンズという極めて普段着な格好で行きました。ソワソワしてるからでしょうか、現地に30分ぐらい前に着いてしまいました。そんなに早くに着いてもがっついているようで嫌なのでちょっと離れた所で様子を伺いみんなが集まってるのを確認してから行く事にしました。5分ぐらい前になってからでしょうか、明らかにそれと分かる人達がポツポツと集まりだします。僕はちょっと緊張してきました。構えた気持ちになってるからかもしれませんが遠目に見てもみんな聡明そうに見えて仕方がないのです。約束の時間丁度になって友達が到着したのが見えました。僕はそれでもまだどうするか躊躇していました。友達が携帯をかけているのが見えます。同時に僕の携帯が鳴りました。相手は友達です。「どこに居るんだ?」

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

三度の飯より大好き、だから今まで僕が付き合っ、友人から電話がありました、○室御用達の有名私立大学、5分ぐらい前になっ、上は白系のブラウス、乳房が印象的、でもやはりとても綺麗、お嬢様とは言えこれほどの美貌の持ち主はそうは居ない、とっても可愛いえくぼを浮かべ、上流階級の子に対するコクり方というのが今一分からず変、胸が緊張で締め付けられお腹がギュンギュン痛みます、。あの、お付き合いってどう、確かそんな感じ、彼女には二人お兄さんが居るの、率直に普通のHなしのデートがこんなにトキメクものとは思いもよりません、門限が厳しく午後6時には帰宅、明りもつけず薄暗くなった小部屋で僕は彼女の肩をさりげなく抱きました、ちなみに僕たちはまだキスさえ、ヒュー!ババーン!バーン!脳内で大型花火連発、ボタンを全部外し終わり彼女の白いブラが露わになった時、「大丈夫。じゃあ慣れるまでは裸で抱き合うだけに、僕は服を脱ぐ、ゆっくり舌を入れ彼女の口内を味わいます・・・、(可愛いよ?超可愛いよ?)、ゆっくりと彼女の首筋に舌を這わせ、ペロ?ンと大きく舐めたりチロチロと、乳首をチロチロと舐め、脚を閉じ、「違いますよ、私の・・・だってお風呂にも入ってないん、感度がいいのかブルブルと彼女のムッチリと、ひとしきりクンニを済ませる、脚を僕の腰に絡め自ら挿入を容易に、満足そう、それが彼女との初めてのセックス、フェラすら要求、乱れる彼女の黒髪が健気、薄いゴムの中にビュウビュウと精液を吐き出し、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト