性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

ピアノ講師をしている私の妻・美紗子の性遍歴-後編 大人の生徒に

TD002383
キーワード: ピアノ
カテゴリー: 第三者視点 男(大人、既婚、不明)女(大人、人妻 、ピアノ講師)

テクスト冒頭部分

それは、つい数年前のこと。妻の美紗子は月一回、土曜日の午前中に来る生徒のピアノレッスンをしている。その生徒とは、私と同じくらいの年齢、30歳中頃の男性で妻の友人の夫、石橋氏である。石橋夫妻とは私達夫婦と交互に行き来があり仲良くしております。一緒に外食したり、カラオケに行ったりなどしている仲です。その石橋さんですが、以前から私の妻、美紗子の事をとても気に入ってると言うことに私は気づいていました。妻も石橋氏が面白い人なので会話を楽しみ、彼に対してはまんざらでもない様子でした。以前、カラオケに行ったときも酔った勢いで口が滑ったのか、私にこっそり耳打ちしてきたのです。「いやぁ○○さん・・・(私の事)、美紗子さんかわいいですねぇ〜うちのと入れ替えられたらなぁ〜」と冗談混じりに言ったのでした。正直、妻が褒められるのは悪い気はしませんが、石橋さんの言い方と言えば妻を性対象としての眼差しでした。「そぉーですねぇ・・・私は構わないですけどねぇ?」と、冗談めかし笑いながら受け答えした事もありますが、石橋さんは「ほんとですかっ!!お願いしますよぉ〜」と、目を輝かして哀願してきたりもしました。「うちの嫁さんともっと仲良くなりたいなら、うちにピアノを習いに来るといいんじゃない?」と誘導じみた事を言った事もあります。そして、しばらく日が進んだ頃、石橋さんがピアノを覚えたいと言うことで、私の自宅に習いに来ることになったのです。本気で習いに来るとは思わなかったのですが、まぁ生徒として習いに来るのは仕方ありませんし、私が経営しているわけでも無いので「石橋は止めろ」と妻に言うのもおかしいですし・・・大人も何人か習いに来ているので殊更取り上げて問題にする事でもないのです。ただ、妻が石橋が来ることにえらく喜んでいたのが、少々気になったくらいでしょうか。ある日の事、仕事で徹夜明けの私は2階の自室で寝ていました。ピアノの音、妻と石橋の笑い声が時折聞こえ目を覚ましたのです。完全な防音室を設けているわけでは無いのですが、自宅の教室にしている部分はある程度の防音施工はされているので、ピアノの音や室内の会話はくぐもった感じでしか聞こえません。ふと気が付くとピアノの音も、声も全く聞こえなくなって居た事に気づきました。私は、胸騒ぎを覚え何かいつも違う違和感を感じました。布団から這い出し、ソロソロと階段を降りて玄関ホールを

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

妻の美紗子は月一回、30歳中頃の男性で妻の友人の夫、石橋氏、石橋夫妻とは私達夫婦と交互に行き来があり仲良く、仕事で徹夜明けの私は2階の自室で寝、ピアノの音や室内の会話はくぐもった感じでしか聞こえません、胸騒ぎを覚え何かいつも違う違和感を感じました、すると二人の背中しか見えないの、石橋と美紗子が抱き合いキスを、舌を絡ませ、来月の○日土曜19時と書い、妻が他人とセックス、再度電話連絡を入れたの、19時50分頃、舐めあったり・・・唇を密着、ソファーに座っ、美紗子のお尻や胸を撫で回し、石橋は美紗子をソファに横に、ブラウスのボタンを外し、ブラジャーも外したよう、「美紗子さん・・・綺麗、胸に吸い付い、美紗子のスカートの中に手をいれ美紗子のパンティ下ろしたよう、美紗子はクリトリスを責められる、フェラチオ、ゆっくりと挿入、5分ほど経った、石橋は射精を我慢、美紗子の突き出た尻に精子をぶっ掛けたよう、石橋は肩で息を、石橋のペ○スをしゃぶり始めたよう、妻は私の精子も膣外射精の時は飲ん、さほど抵抗感は無かったのかも知れません、美紗子は何ともいえないエッチ、胸が卑猥に揺れ、コンドームを自身の大きく勃起、!もうだめっ!オマ○コいっちゃうぅっ!!いくのぉっ!、ゴム越しとは、23時40分過ぎに携帯を使い家に電話を入れたの、浮気を止めさせるか等、出典:■復活板■妻・彼女を他の男に抱かせ、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト