性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

【テレコミ14】22歳・Cカップ女子大生・あやり (出会い系での体験談)

TD002622
キーワード: 出会い系で女子大生と
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

いつものように衝動的に、Dのオープンにメッセージ。内容は年齢、住んでいる所(ま、世田谷としか入れませんが)、身長、特徴(私はやせてるので)、希望の女の子(そのときは確か、大学生までの女の子と入れたはず)などです。初レス14件ぐらい、すべてに一応絨毯レス。2レスはうち6件。他は桜とみて排除。それでなんだかんだと4回ほど返した女の子がいました。名前は純子、大学4年(22年)。しかし、桜くさかったので、期待はしておりませんでしたが、直電入れたところ、2日後の夜、かかってきました。(その日は家にいる、時間帯まで指定していました)電話で話し始めると……「ごめんなさい!」「?」「じつは私……サクラなの」「やっぱり?(苦笑)そうじゃないかと思ってた」しかし、直電きたということは一縷の望みはあると思い、「でも、こうして話してるからには、桜とか関係ないよ、気にしなくても」と慰める。なんやかやで、アポ取り付け成功!PB教えてもらう。好みの服装を聞かれてので、女子大生っぽいのを所望すると、「じゃ、一番気に入ってるピンクのスーツを着ていく」とのこと。本当のなまえは、あやりという。年齢は本当だったが、大学は夜学だった。(市ヶ谷にある東京六大学の一つ)、住んでいるのは日野市。土曜の午後3時、SEED館前。しかし、3人ほど待っていたので、すぐ前にある公衆電話からPB鳴らす。お、かばんをごそごそ取り出した女の子がいた!あやり、22歳。ルックスは中の中。大学生というよりは、OLといった感じ。昼はレンタカー会社で働いており、ドライブが趣味。髪はショートの黒。すこしポッチャリしているが、外見は中肉中背といったところ。ピンクのスーツの中に押し込まれたバストはなかなかのものと見た。(電話でCカップだとは聞いていたけど)身長160センチ88-60-88(推定)紅茶道楽の趣味がある彼女についていって、東急本店のサテンでお茶。(この時点で、目的地に接近していることに注意)さあ、どうしようか、ということになり、「行こうか?」「どこへ?」無言であやりの肩を抱き、H街へ。「え、本当に行くの?」なんて言うので、笑いながらも強い口調で、「行くの!」と言う。抵抗せずについてくる。。彼女は2か月前に処女を捨てた。それまでは「結婚するまで処女でいる」という犯罪思想(笑)の持ち主だったが、急に「どうして私だけがこんなに堅苦しいこと

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

身長、希望の女の子、(そのときは確か、大学生までの女の子と入れたはず)、初レス14件ぐらい、2レスはうち6件、名前は純子、大学4年、電話で話し始める、(市ヶ谷にある東京六大学の一つ)、土曜の午後3時、22歳、OLといった感じ、ピンクのスーツの中に押し込まれたバストはなかなかのものと見た、(電話でCカップ、無言であやりの肩を抱き、抵抗、彼女は2か月前に処女を捨てた、「結婚、(笑)、その2か月で10人とやった、「いやとは言えない性格、いやに激しい声を出すそのAV女優について私が、胸をブラウスの上から触る、キスを、舌と舌がからまりあい、みだらに吸いあう、ブラのボタンを外し、そして今度は乳首周辺をさわさわなでたり、感じすぎるぅ」、ベッドに押し倒し、ブラウスとスカートを脱がせた、あやりはブラとパンティだけで無防備、大きな乳房を揉み上げ、挿入、まだそんなに体験のないあやりにはそんな知恵はない、大洪水、パンティの上からオマンコの形が透け、あやりの淫乱の姿が映っ、二十歳を超え、7人とやっ、ぐりぐりとペニスを進め、ピストン、「ああああああっ、あなたのっ、ああっ、オチンチン、いいのぉーっ」、引き続きフェラチオ・タイムとなった、念入りに舐め、1994年、ホテルへ連れ込む、一緒にシャワーを浴びたあと、一回戦はバックから、あやりの膣壁のすべてにペニスがぐりぐりと、あやりのフェラは前に書いたとおり、僕はバイブを取り出した、しゃぶり続け、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト