性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

高速バス (痴漢した・された体験談)

TD002691
カテゴリー: 女性視点 女(高校生)

テクスト冒頭部分

この話は、私が高校生の頃に体験したものです。私が高校2年生の頃です。東京に引っ越してしまった私の親友の家へ、夏休みを利用して遊びに行った時長距離バスを利用したのです。東京で遊ぶお金を残しておきたかったので、ちょっと時間がかかって嫌だったんですけど、長距離バスを選んだのです。広島駅を夜の7時頃に出発するバスでした。出発場所に着くと、もうすでに何人かが待っていて、私はその列の最後尾に並びました。しばらくして、ただ待っているのが退屈になり、出発時間までまだ余裕があったので、近くのコンビニにジュースを買いに行きました。そのコンビニで、ジュースを選んでいると、ふいに後ろから誰かが話しかけてきたんです。「あれぇ・・さっき東京行きのバスの列に並んでなかった?」振りかえると、大学生っぽい男の人が立っていました。結構爽やか系で、ちょっと好みだったかも。「あ、はい」ちょっと怪訝な顔しちゃったかもしれませんが、その人は気にもしないって感じで、明るいノリで話しかけてきました。「東京に行くの?」「はい、友達の家に・・」「そっか、俺はあっちが実家でさ・・」どうでもいいような会話をして、どうせやることないし、暇つぶしにはいいかって思って、しばらく会話を続けました。乗車時間になって、いよいよバスに乗り込みます。わたしの席は一番奥の窓際の席でした。その他の席は、3列になっていて、1つ1つの席が独立していたのですが、私の席は最後部だったためか、横いっぱいに席が繋がっていました。わたしに話しかけてきた男の人は、バスの中央部に腰掛けたようでした。バスが走り始めて、11時を回ったあたりで消灯時間になりました。車内の明かりが一斉に消えて・・・暗くなってから間もなくして、わたしは眠くなり、いつのまにか眠りに就いていました。どのくらいしてからか覚えていませんが・・なんとなく横に人の気配がしたんです。でも眠くて目は開けませんでした。しばらくすると・・・何か太腿に当たる感触がしました。はじめは毛布がすれているのかなぁって思ったんですが、どうもそんな感触じゃないんです。朦朧とした意識の中で・・・それが人の手の平だって気づいたんです。大きな男の人の手?・・そんな感触でした。なのに、目を開けることができなくて・・・恐怖とか、恥ずかしさとか、もしかしたら期待とかが入り混じった感じでした。もう、かなり意識ははっきりしていたので

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

私が高校2年生の頃、広島駅を夜の7時頃に出発、大学生っぽい男の人が立っ、感じで、明るいノリで話しかけ、3列になっ、11時を回ったあたりで消灯時間になりました、・・・何か太腿に当たる感触が、私の脚を開こうと、ショーツの下でわたしの恥ずかしい所が濡れ、クリトリスに向かっ、穴の方からエッチなお汁をクリトリスに伸ばすの、じれったさと快感で、「イキ、「あぁっ!・・イクイクイクッ!・・グゥッ・・イクゥゥゥゥッ!!!」身体が大きく痙攣、、シートはわたしの愛液でかなり濡れ、わたしは暫く放心状態になりました、太腿の内側にキスを、さんざんいじられた・・・わたしのアソコ、彼の舌が、男の人がフェラチオ、イクには十分の刺激、ところが・・・もうあと0.5秒っていうくらいのところで、穴への挿入を深く、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト